« ●2013/14.十二滑目「八方尾根」 | Main | ●長野駅西口にて »

2014.01.17

●2013/14.十三滑目「八方尾根」

えー、白馬遠征三日目。
今日のゲレンデも昨日に引き続き八方尾根。
国内有数のタフなスキー場を「三連チャンで」「朝から夕迄」「休み無く」「殆どフルアタック」…、流石に疲労もピークに来ております。

そんな身体に鞭打っての滑走記、以下ゲレリポになりまする。
(※ 1/17アップ、1/19加筆補正.写真添付です。)

P1170173_2
【写真上】8:20、何故か名木山トリプル乗車。
この日はゴンドラが安全点検で運行ストップ、営業開始には時間が掛りそう。
そんな訳で白樺第1ペア→名木山トリプルと乗り継いで、リーゼンへと向かう事に。
うーん、スタート早々縁起の悪い…。

P1170174
【写真上】で、朝イチリーゼン…。

P1170176
【写真上】朝イチリーゼン…。
本日の白馬は山麓でも終日の「雪」模様。
まぁ早朝から温かかったですし(一応マイナス気温でしたが)、ある程度の「視界不良」は覚悟していたのですが…。
山頂へ上るに従いガスの掛り具合が非道く、パノラマ/リーゼンミドル以上は終日こんな感じでした。

P1170177
【写真上】うさぎ平109…。

P1170178
【写真上】兎平ゲレンデ…。
ゴンドラ駅より下は視界不良レベル(レベル5位)で済みましたが、兎.黒菱.リーゼングラードに至ってはほぼ「ホワイトアウト」。
結局この日、アルペンクワッドに乗ったのは一回こっきりでした。

P1170179
【写真上】9:30、リーゼンスラローム下部(ハ2)。
うすばの一段上辺り迄降りるとガスも無くなり、フツーの曇り空天候。
因みにゲレンデコンディションは圧雪上に約5㎝の湿雪堆積、従い時間が経つに従い「モサモサ」「グサグサ」化して荒れが進んで参ります。
そんな訳でこの日のリーゼンは「早い時間勝負」。
目視の覚束ない中、10時迄はリーゼンオンリーで滑っていました。

P1170187
【写真上】んで、10時以降は…、

P1170181
【写真上】ゴンドラループで…、

P1170189
【写真上】只ひたすらに…、

P1170188
【写真上】セントラル回しです。
パノラマも殆んど全域が「真っ白」&「横殴り雪」で役立たず、結局セントラルペア降り場からが勝負レンジでした。
セントラルは前々日にピステが掛った計り。
多少の滑走荒はありましたが概ねフラットバーンを維持しており、ミドル迄なら対応出来る難易度でした。
しかしこう云う天候だと、セントラルペアが使えない(平日運休)のは本当に痛い…。

P1170190
【写真上】13:30、白樺ゲレンデより白馬村を望む。
約3時間のゴンドラ⇔セントラル「∞」の後は、滑走ペースもややダウン。
主戦場を白樺ゲレンデに移し、時折リーゼンやセントラルを挟んでいました。
まぁ多少疲れもあったので、丁度良いインターバルかと。

P1170194
【写真上】15:40、名木カベ。
15時以降のラス2時間は名木山メインにリーゼン.セントラル摘み食い。
大カベ~第二ペアゲレンデのバーンはしっかり硬めで板の噛みも良好。
ギャップも微少の範囲内で快適なカービングコンディションでした。

と、濃靄でやや不完全燃焼気味も、何だかんだで16:40迄滑っていたのでした。

|

« ●2013/14.十二滑目「八方尾根」 | Main | ●長野駅西口にて »