« ●2013/14.十一滑目「五竜&Hakuba47」 | Main | ●2013/14.十三滑目「八方尾根」 »

2014.01.16

●2013/14.十二滑目「八方尾根」

えー、只今20:50 from HAKUBA。
「滑走終了」→「温泉」→「オツカレビール」→「ホットワクシング」のルーティンを終え、やっと晩酌&夕食に入る所処です。

そんな訳での白馬遠征二日目、本日のゲレンデは聖地.「八方尾根」。
但しモバイルエントリーの為、リポート内容は簡易版にて。
遠征終了帰宅後、加筆補正.写真アップ致しまする。
(※ 1/16アップ、1/19加筆補正.写真添付です。)

P1160135
【写真上】今日も朝イチ「行ってきまーす」。
一昨日の予報では、今日の白馬は「曇りのち雪/降雪確率60%」でした。
それが朝から空一面の青空、昨日初日に続いてのハイシーズンピーカン
しかも前日同様「雪質絶好」「来場者極少」、うひゃうひゃひゃ(笑イ止マリマセン)ってな感じのトータルコンディションです。
で、以下こんなアクティビティーになりました。

P1160136
【写真上】朝イチゴンドラより眺むセントラルコース。
キレーにピステンが掛ったストライプ模様、嗚呼何て美味しそう…。

P1160137
【写真上】まぁ何はともあれ、先ず頂くは…、

P1160138
【写真上】朝イチリーゼン
もう説明無用、写真通りのコンディションです。
「ピーカンで」「気温は冷涼」「ピステンは綺麗」「雪はしっかり締まって」「その上程良いクッション」「で、人少ない」。

と云う訳で以後一時間半「思考停止」、猿の如く滑り続けておりました。

P1160140
【写真上】リーゼンクワッドより左手、47を見遣る。
あっちもコンディション最高っぽいですね。

P1160143
【写真上】パノラマ下のコブ斜面より、セントラル入口を一写。
んで10時前、二枚目の写真になる訳です。
非圧雪時には「極悪コース」と化すセントラルですが、この日は綺麗な一枚バーン。
片斜の落とし穴と後半のスピード調整さえ気を付ければ、白樺ゲレンデ迄一気に滑り降りられます。

P1160148
【写真上】10:50、グラードクワッドにて南方一写。
と、文句無しの晴天下スキー日和。
唯一残念だったのは北アルプスのパノラマ風景が見られなかった事。
東側の高妻山.戸隠連峰.飯綱山から南方に至る美ヶ原.八ヶ岳方面の眺望は利いたのですが、北東の火打山.焼山.妙高山の頸城三山は薄雲の掛った状態。
五竜岳.白馬三山は終日濃靄に遮られ、山姿を見る事は叶いませんでした。

P1160146
【写真上】風花舞う中、「登る人々」。
山スキー&ボーダーさん、それに加えて冬山登山家の方々でしょうか。
向かうのは第三?第二ケルン?、若しかして唐松岳?。

P1160154
【写真上】リーゼングラード下、長野五輪女子ダウンヒルのスタートハウス。
「1998.Nagano」から16年、間も無く四度目の冬季五輪を迎えようとしています。
あの頃私めは20代後半、そりゃトシも取るもんですね…。

P1160156
【写真上】黒菱ブル道より、岩岳.栂池.白馬乗鞍スキー場を眺む。
前述の通り、妙高方面の眺望は薄靄に遮られ望めませんでした。

P1160159
【写真上】11:20、スカイライン第二ペアより。
グラード下山後は、暫くスカイライン回し。
コンディションは云う事無し、此処はリフトがもうちょい速ければなぁ…。

P1160161
【写真上】同.スカイライン第二ペアより黒菱一写。
今日は未だ遠征2/4日目。
疲労蓄積を考えて、コブ遊びは明日以降迄ガマンガマン。

P1160165
【写真上】…の筈でしたが。
30分後、気付くとコブと戯れる私めがおりました…。
この日の黒菱はコブの大きさ、形状やリズムも程良い按配。
しかも良雪でクッションも利きもあり、絶好の凸凹シチュエーションでした。
却って兎平の方が溝のエグレが歪深、滑り難かった位です。

P1160166
【写真上】正午過ぎ、黒菱ゲレンデにて。
うーん、本当に良い天気。
気温の低さと雪質の良さを除けば、春スキーみたいな感じでした。

P1160170_2
【写真上】14:20、リーゼンクワッドより兎平方面一写。
この時間からゲレンデ上部にはガスが出てきて参りましたが、ゴンドラ駅より下では問題ない天候。
グッドコンディションを維持している「パノラマ」をメインに、「セントラル」「リーゼン」「たてっこ」ランダム廻ししておりました。

P1160169
【写真上】15:00、うすばのカベよりリーゼンスラローム一写。
この時間帯のリーゼンでこのバーン状況ですから、如何に「人が少なく」「良雪」だったかが解ります。
16時のパノラマ/リーゼン各リフト営業終了の後は名木山へ移動、16時半迄滑り倒して板仕舞いとなりました。

いゃあ、本当に「満足」「満喫」「満腹」。
楽しく疲れた一日でした。

|

« ●2013/14.十一滑目「五竜&Hakuba47」 | Main | ●2013/14.十三滑目「八方尾根」 »