« ●2013/14.「一樽目」 | Main | ●愛機の手入れ »

2014.01.23

●2013/14.十五滑目「石打丸山」

えー、昨日は約二週間振りの上越新幹線乗車。
越後湯沢は日帰りホームゲレンデ、「石打丸山」へ滑りに行って参りました。
そんな訳で毎度ながらのゲレンデリポになりまする。

P1220001
【写真上】8:10、越後湯沢駅東口到着。
湯沢はもうすっかりハイシーズンの街風景。
多分昨夜だけで30㎝近くの積雪、白馬地方の雪不足を尻目に降雪量「全開」です。
あ、因みに四日後は手前のバスに乗って苗場に行く予定。

P1220005
【写真上】ハツカ石トリプルにて一写。
ゲレンデでは市街地以上の豪雪、午前中早い時間は山麓下部でもこんな視界。
スキー場全域で約20~30㎝の堆雪、確かにディープパウダーなのですが…。
兎に角「雪が重い!!!」。
特に緩斜面の下部ゲレンデではスキーが全く走りません。
しかも此処二週間、「妙高.白馬エリア」の良雪感覚に慣れていた所為で猶更そう感じました。

P1220006
【写真上】山頂クワッドより、山麓を望む…。
視界不良は上部でも相変わらず。
まぁガスが最も濃い時間帯でも、前方10mの視野は確保出来たので「最悪」と云う程ではありませんでしたがね。

P1220007
【写真上】中央第1高速クワッドより、デビルダウンコース一写。
10時を過ぎるとゲレンデ下部では多少見通しが良くなって参りました。
尤もその分、雪の湿り具合は酷くバーンの荒れは加速進行していました。

P1220009
【写真上】「もさもさ」「ぐさぐさ」、デビルダウンコース。
スキートップをフォールラインから外せません…。

P1220012
【写真上】「もさもさ」「ぐさぐさ」、ジャイアントコース。
クローズスタンス、ストレッチング系の滑りばっかり…。

P1220016
【写真上】「もさもさ」「ぐさぐさ」、山頂ゲレンデボトム。
兎に角、疲れる雪なんですよねぇ…。

取敢えず昨日は「板走らない」、もっと正確に云うと「板進まない」。
「落下速度<<<<<重馬場堆雪抵抗」ってな感じで、ある程度以上の斜度が無いと「各停小田急状態」並みのトロさです。
従い上掲「山頂ゲレンデ上部」「ジャイアント」「デビルダウン」の3コース位しか、スピードに乗った滑りが出来ませんでした。

その上時間が進むに従いバーンは春スキー並みの悪難雪化。
結局殆んどの時間を山頂ゲレンデのコース端とジャイアントに費やし、ヘヴィパウダーと戯れておりました。

シカシ今季三度目の石打、毎回こんなコンディション計り。
果たしてパックバーンで滑れる日はやって来るのでしょうか…。

|

« ●2013/14.「一樽目」 | Main | ●愛機の手入れ »