« ●「亀岡元旦ロードレース」.速報 | Main | ●「亀岡元旦ロードレース」後記 »

2014.01.01

●「第32回亀岡元旦ロードレース」

えー、アケマシテオメデトウゴザイマス。

昨日より帰京している私め、「新年早々」何故か亀岡へ。
元日に行われる「亀岡元旦ロードレース」に参加する為で御座います。
因みに正式名称は「第32回亀岡元旦ロードレース ~かめおか湯の花10kmロードレース~.ファイナル」…、長っ!!。

まぁ大会と申しましても10㎞のショートディスタンス。
「年初め」「走り初め」には手頃なウォーミングアップです。
それに新春だけに『「老」の坂』を越えて『「亀」岡』に向かうのは吉兆かと。
このフレーズ、確か去年も一昨年も使っていましたね…。

2
【写真上】大会開始前の会場風景。
会場は亀岡運動公園競技場。
参加人数は約1800人強の小ぢんまりとしたローカル大会です。
小規模大会が故、送迎や各種受付、ウォームアップからトイレの待ち時間に至るまで混雑知らず。

034_2
【写真上】競技場内、観覧席一写。
ランナーの荷物置き場として、メインスタンドが開放されています。
ノリとしては少し大掛かりな地域運動会の雰囲気、緩い感じが亦正月っぽく。

036_2
【写真上】8:45、開会式風景。
何時もはウォームアップでスルーするのですが、この大会も今年で最後。
折角なので式辞を御拝聴する事に致しました。

因みに今朝の天候は、御覧の様に「曇り→晴れ」。
朝の冷え込みも思っていたよりは厳しく無く、陽光が照りだすと程好「マラソン日和」となっていきました。

042 041
【写真上】「1.5km」&「ウォーキング」の部、二景。
10kmの部に先んじて行われたファンラン。
レース種目は最長で10㎞、他「1.3」「1.5」「3」「5」㎞の短距離がメインなのでお子様や中学生以下の姿が多く見られました。
殆どが地元及び京都市.丹波方面の参加者でしょうね。

038
【写真上】アップの際に、1㎞((復路9㎞)地点のコース風景。
走路は競技場より国道372号線を西進、5㎞で折り返すストレートコース。
写真の様な長閑な田園幹線をひた走ります。
ロードコンディションも良く、折り返し直前以外は厳しいアップダウンもありません。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

そんな訳で10㎞の部、レースは10時にスタート致しました。
この大会は三度目の参加でコース内容も解ってるのですが、私め該当距離のスプリントレースは如何も苦手。
取敢えず最初から「突っ込んで」行ったのですが、その割りには芳しく無いラップ(入り3㎞/11:24)、折り返し手前の上りで貯金はパー(5㎞/20:01)。
復路の下りで早めのペースアップを余儀無くされます。
5~9㎞迄は㎞/3:50前後に戻したのですが、ラス1㎞で踏ん張りきれず「犬飼川架橋」「競技場入口」微坂で失速。
トラック内ではラストスパートの余力も残っていません。
悔しいかな、スピードレース能力の差を再度見せ付けられる形となりました。

と云う訳で、スタッツは下記の通り。
・タイム ネット39:45 (グロス39:55)
・種目別順位(男子40代) 18位/179(名)
・総合順位(10kmの部総合) 97位/738(名)

昨年に較べ、タイムも順位も落としてしまいました。
同大会はこれで最後となるので、少なくともコースベストは更新したかったのですが…、無念。
嗚呼、昨晩の「飲み屋ハシゴ」もう少し控えときゃヨカッタ…。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

と、こんな感じの元日ラン「亀岡ロードレース」、ファイナルリポ。
兎に角この大会一番のウリは「元日に走れる」事。
加えて自宅(嵯峨)から「ドアto会場」片道約30分の好アクセス、距離も手頃なので然程の事前調整が必要無いのも魅力でした。
そんな訳で私めの「新春恒例行事」となりつつあったのですが…、今回でお終いなんですよねぇ。
来年からはハーフマラソン大会として秋期に移行開催されるとの決定です。

確かに年末年始の多忙期、設営やら人手の確保やら道路使用手配やらの手間は大変だと思いますが、この大会最大のアピールポイントは文字通り「元旦に行われるロードレース」だった筈。
古参ランナーから私めの様な近年参加者迄、このレースを「新春走り初め」として楽しみにしていた参加者も多いと思います。
そんな訳で亀岡市体育協会さん、少し考え直してもらえませんかね…。

尚、「亀岡ハーフマラソン」に就いての詳細ログはコチラ↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2013/12/post-b935.html

1
【写真上】今日で見納めとなる大会の幟。
「最後の大会」だと思うと、やっぱり寂しいもんですね。
諄い様ですが、請う.復活。

取敢えずはこんな所処にて。
後篇に続き枡。

|

« ●「亀岡元旦ロードレース」.速報 | Main | ●「亀岡元旦ロードレース」後記 »