« ●オツカレスキー | Main | ●Adelboden(SUI) SL速報 »

2014.01.11

●2013/14.十滑目「斑尾」

えー、昨日も飽きず懲りずの雪山行脚。
今回のゲレンデは信州飯山、久方振りの「斑尾高原スキー場」でした。

所処で「久方振り」と云いましたが、コレが本当に長~い御無沙汰。
私め大学二回生の時以来ですから、実に「23年振り」だったり致しまして。

そんな訳で四半世紀振りの「SKIing in 斑尾」、ゲレンデリポになりまする。

P1100002
【写真上】8時過ぎ、オープン前のスキー場全景。
この日の飯山市.野沢村エリアでは、前夜から当日未明にかけて「大雪警報」。
それでいて早朝から陽射しの注ぐ晴れ模様だからタマリマセン。

P1100003
【写真上】中央にジャイアント、右奥にはクリスタルコース。
ウヒョォォォゥヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノコンディションヽ(゚ω゚ )ノサイコーォウ
嗚呼、何て美味しそうなトップ~ミドルの新雪、何て美味しそうなボトムのピステ。

P1100004
【写真上】左にチャンピオン、右にカービングコース。
こっちも負けず劣らず美味しそう…。
ゲレンデオープンマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

P1100007
【写真上】そんな訳でオープン即クワッド乗車。
眼下にはジャイアントのミドル、本当に垂涎モノのパウダーです。
リフトには5番乗りでしたが先着が何れもボーダーさん、ビンディング装着している間に「ファーストシュプール/チャンピオン」は頂きました。

P1100009
【写真上】同.スーパークワッドより見返り一写。
こちらはカービングコース、左は圧雪、右にはオフピステ。

P1100016
【写真上】ツリーランコース.リバーラインにて。
オープン後暫くはジャイアントクローズの為、チャンピオンをピストン往復。
間々に林間ゾーンで「パウダー試食」致しました。
腰下の上質パウダーは雪質も軽く浮遊感抜群、滑走後には胸迄「真っ白」です。

P1100020
【写真上】ジャイアントコーストップにて一写。
ゲレンデ上部には一面に咲き誇る白椛。
冬晴れの「青」、雲の「白」、樹氷の「蒼白」、美しいコントラストです。

P1100021
【写真上】ジャイアントミドルより望むゲレンデ。
9:10にジャイアントコースオープン、ミドルのオフピステゾーンには30㎝の新雪。
30分を待たず@云う間に食い散らかされてしまいました。
下部の圧雪バーンもエッジ噛み具合上々、ビシバシ板が走ります。

P1100024
【写真上】ジャイアントミドルより、トップと「対のケヤキ」。
ジャイアントトップは50㎝前後の「顔被り」極上パウダー。
ゴーグル迄雪が振り掛かり、滑走中何度も視界が「白一色」に。
前夜の大雪警報「本当に有難う」ってな感じです。

こうしてジャイアントの新雪を食い尽した後は、クリスタルエリアへ流れ込みました。

P1100025
【写真上】10時過ぎ、パウダー料理を食しに行く人々。
13シングルリフトには同じお考えの「パウダージャンキー」な方がずらり。
いゃあ「スノーマッド」な風景ですこと。

P1100027
【写真上】13リフトより眺むクリスタルコース。
一面「ふっかふか」「ふわふわ」堆雪、しかもノートラックだらけ。
もう見ているだけでヨダレが止まりません。

P1100030
【写真上】クリスタルトップより、「いっただきまーす」。
こちらも50㎝程の上質パウダー、雪飛沫を上げてのスノーサーフィンタイム。
片斜+すり鉢状の急難斜面なのですが、雪面が「羊毛の掛け布団」状態ですから恐怖感なぞ微塵もありません。

P1100032
【写真上】続いてはパウダーラインコース。
アクセスが厄介ですがクリスタルよりは軽難易、こっちも絶好の新雪コンディション。
四方八方から「ウヒョーゥ」とか「ヒャッホーゥ」とか云う奇声が聞こえてきます。
うんうん、その気持ちは無茶苦茶解りますぇ。

P1100033
【写真上】パウダーラインコースより、山麓一写。
「雪良し」「天気良し」「眺望良し」、無いのは「文句」だけってな一日です。

P1100036
【写真上】食い散らかされたワールドカップコース。
クリスタル&周辺ツリーランコースのパウダーを堪能し、再びメインゲレンデへ。
これでも正午過ぎの状態で、まだまだ楽しめるコンディションです。
因みに上部ではモーグルコースエアー台を作成中でした。

P1100059
【写真上】14時頃、再びクリスタルコースへ。
その後暫くはジャイアント&チャンピオンの圧雪バーンでミドルのカービングタイム。
再度クリスタルコースへ赴くと、流石に「食い荒らされた後」。
皆様「お腹一杯」になられたらしく、人気も殆んどありませんでした。

Z
【写真上】そんな訳で…、

Zz
【写真上】この日は…、

Zzz
【写真上】朝からラス迄…、

Zzzz
【写真上】終日のピーカン日和。

「春スキー並みの晴れ空(気温は結構冷えましたけどね)」に加え、「絶好のハイシーズン雪質」「前夜の大雪警報で極上パウダー」、その上「ゲスト激少、ガラガラのゲレンデ」。
ってな具合で笑いの止まらないスキー日和でした。

てな感じの斑尾滑走記。
今回は天気も手伝って、撮った写真が山程ありますので残りは「続篇」にて。
つづく。

|

« ●オツカレスキー | Main | ●Adelboden(SUI) SL速報 »