« ●「帝都積雪」改め「帝都豪雪」 | Main | ●2013/14.十九滑目「八方尾根」 »

2014.02.09

●2013/14.十八滑目「八方尾根」

えー、先日「第二次白馬遠征」の後日談。
初日2月4日のゲレンデは八方尾根、「滑走記&ゲレンデリポ」になりまする。
尚、この日のスキー場を漢字ひと文字で表すと…、

「芋」でした。

Dvc00002
【写真上】6:50、ウォームアップのジョグ中、八方口にて一写。
しかし今年の白馬は本当に雪少ない…。

P2040001
【写真上】7:30、細野諏訪神社。
取敢えず鳥居前で軽く会釈、ゴンドラ迄は境内の近道を使って向かいます。

P2040003
【写真上】7:35、ゴンドラ駅にて。
運行30分前の到着、3~4番手かと思いきや先着が9名もおられました。
流石重度のスキーマッド集積地「八方尾根」、雪キ●ガイが沢山来ています。

P2040005
【写真上】8:00、ゴンドラ乗車。
遠征初日「元気に行ってきまーす」。

P2040010
【写真上】先ずはお決まり「朝イチリーゼン」。
曇り空で始まったスタートでしたが…。

P2040012
【写真上】一本目のリーゼンクワッド乗車中に…。

P2040015
【写真上】晴れて参りました
うーん、何てラッキーモーニング。
因みにバーン状況は「ガッチリ」硬めのピステンに薄紙レベルの堆雪。
リーゼン全般に「小じゃが」「里芋」レベルの氷塊が転がっておりました。

P2040016
【写真上】8:50、しかし一時間も経たないうちに…。
晴空は姿を消し、曇り&薄靄模様に。
それでも兎平より下は視界も概ね良好、10時前迄は基本「リーゼン回し」でした。

P2040017
【写真上】10:10、続いてはセントラルコース。
多少ギャップの残るアイシー&バンピーなハードコンディション。
しかしそれより閉口したのが…。

P2040018
【写真上】文頭のひと文字、「じゃがいも畑」状態のバーンコンディション…。
コース一面には大小の氷塊がゴロゴロ、ガリっている急斜でコレは怖い。
ターン前半はズレズレ、トップをフォールラインから外さない様にしてのショートでしか攻めれませんでした。

P2040023
【写真上】11:10、名木山ゲレンデより白馬村を望む。
「名木カベ」もセントラルと同様、ガリガリ&ゴロゴロな状況。
加えて「氷コブ」が育成中で猶更厄介、一回滑って止めときました。

P2040024
【写真上】11:40、再度リーゼン。
この日「じゃがいも」が転がって無い場所は数コースのみ、しかも兎平より上部は濃ガスの掛った儘です。
リーゼンは比較的良好なバーン状況&クリアな視界を保っていましたので、必然的に混み具合が増してきました。

P2040025
【写真上】パノラマ(大町側)、コースミドル緩斜のじゃがいも畑。
ボトムの中斜面では、もっと大振りのじゃがいもが収穫中…。

P2040029
【写真上】12:20、パノラマコースにて。
従い滑走者は小谷側に集まり、混雑で却って滑り難い按配。
因みにこの日の「じゃがいも実り具合」は以下の通りです。
大豊作:セントラル/パノラマ(大町側)/黒菱クワッド沿い
豊作:リーゼンうすばの壁/白樺(大町側)/名木山全般
不作:リーゼン全般/パノラマ(小谷側)

尚、じゃがいも栽培をしていなかったのは「たてっこ」「スカイライン」のみでした。

と、ゲレンデ全般総じて「月初の雨」と「雪日照り」天候が祟ったバーン概況。
正直「下肢」「臀部」よりも「脊柱起立筋」「僧帽筋」と云った背筋全般に堪えるハードコンディションでした。
しかしボーダー/ファットスキーヤーにとっては、厳しいゲレンデだったでしょうね。

P2040031
【写真上】13:00、兎平にて。
この時間からゲレンデ上部の濃靄が消え、見晴が利く様になってきました。
そんな訳でアルペンクワッドから北尾根方面を目指す事に。

P2040035
【写真上】黒菱クワッド沿い、基礎練コース。
うーん、此処も「里芋畑」。
しかしいい加減慣れて来たので、何とも思わずフツーに滑走。

P2040036
【写真上】で、スカイライン。

P2040038_2
【写真上】ココが意外に…、

P2040040
【写真上】大当たり。
午前中の濃ガスで殆んど滑走荒れが無い上、じゃがいもも転がっていません。
14時から15時間は晴れ間すら広がり、硬バーンならではのソリッドな滑走シチュエーションが楽しめました。
しかし午後の遅い時間に「スカイライン回し」するのって、初めてですね。

P2040046
【写真上】15:40、ラス一時間は何時もの通りパノラマへ。
夕刻の気温低下と日蔭化で、アイスバーン化に拍車が掛ります。
「スザザザザ…」「ガガガガ…」と云った、ズレと横滑りの音しか聞こえてきません。

P2040044
【写真上】パノラマ一面、途方に暮れるボーダーさん多数。
朝方スタート時には難儀したこの日のバーン状況でしたが、小一時間もするとそれなりに順応。
結局「氷飛礫」「ガリガリ」「バンピー」な中を朝イチからラス迄滑っていたのでした。
おしまい。

|

« ●「帝都積雪」改め「帝都豪雪」 | Main | ●2013/14.十九滑目「八方尾根」 »