« ●2013/14.三十六滑目「戸隠」 | Main | ●長野の休日 »

2014.03.22

●2013/14.三十七滑目「戸隠」

えー、木曜日より二泊三日の戸隠遠征。
20日(木)は、ガスと雨の中、黙々と滑り込み。
21日(金.祝)は吹雪の中、ニューモデルスキー試乗会。

そんな訳で以下、昨日二日目の滑走記&ゲレンデリポになりまする。

P3210025
【写真上】8:20、戸隠スキー場.越水ゲレンデ到着。
前夜からの降雪で、ゲレンデには約10㎝のパウダー堆積。
この雪足だと、この日いっぱいは降り続きそうです。

P3210026
【写真上】8:30スタート、怪無山トップにて。
うひょーっ、一面ふわふわの新雪絨毯です。
前日の雨で下地は「ガチガチ」ですが、ノートラックのラインでは心地良い浮遊感。
「魔法の粉雪」のキャッチコピー、伊達じゃありません。

P3210030
【写真上】シルバーコース。
1st「しらかば」、2nd「アドベンチャー」の後はシルバーコース。
此処のコース脇パウダーがパウダーコンディション最高、この季節で「Float on the snow」な感覚が楽しめるとは思いもしませんでした。

P3210029
【写真上】チャンピオンコース。
此処は雪付きが悪く、アイシーな下地が「ガリガリ」と音を立てます。
流石にロングで攻めるのは躊躇われ、ショートから入って後半ミドル。
荒れの無いチャンピオンは絶好のトレーニングバーンです。

P3210027
【写真上】8:55、第3クワッドにて一写。
この時間帯では時折薄日も射し込んでいたのですが…。
残念ながらお日様が覗けたのは「これっきり」でした。

P3210032
【写真上】9時よりタナベスポーツさんの試乗会スタート。
朝イチから4本回した後は試乗会、以後11:20迄はスキーテストに専念してしました。
午前中は6台試乗とまぁまぁのペース。

P3210038
【写真上】11:30、ゲストハウス岩戸前にて。
試乗会午前の部を終え、10分間のコーヒーブレーク&一服タイム。
この時間辺りから強風が酷くなって参りました。

P3210041
【写真上】12時過ぎ、第5高速ペアにて。
「9:00~11:30」「13:00~15:30」は試乗会で第3クワッドべったりなので、中休みの時間は瑪瑙山方面へ向かいました。
しかし此方側は更に吹雪が非道く、5ペアは「動いて」「止まって」の繰り返しです。
うーん、サブイサブイ…。

P3210042
【写真上】しゃくなげコーストップより。
第3クワッドからの各コースが氷雪バーンと化す中で、滑走者の少ない瑪瑙山サイドは良好なコンディションを維持。
多少のモサ感はありましたが、雪が軽いので快適なミドル~ロングが楽しめました。
尤もリフト乗車中は、「快適」と無縁の寒中我慢大会でしたけどね。

P3210046
【写真上】12:45、再び試乗会ブースへ。
吹き荒れまくる吹雪の中、試乗準備も大変そうです。
滑り続けているスキーヤーでも可也寒く感じるのに、殆んど動けないスタッフの方々は猶更の事でしょう。
イヤハヤ、どーもお疲れ様です。

P3210050
【写真上】13:00、午後の部スタート。
以後15:30迄は再びスキーテストに専念、午後も6台ペースの試乗です。
因みに一番人気は矢張り「アト」、続いて「フォルクル」「オガ」「サロ」が横一線、次いで「ロシ」「ブリ」ってなブランド順でした。

P3210053
【写真上】14:10、第3クワッドも「荒行タイム」突入。
午後に入り、風.雪共に益々強くなって参ります。
気温は-5℃程度も、横殴り&吹き上げの吹雪で体感は-10℃以下。
最近は「春スキー」の天候に慣れていたので、猶更寒さが厳しく感じました。

P3210055
【写真上】15:50、そして殆んど誰も居なくなった…。
チャレンジコースの下で屯しているのは、恐らく検定のスペシャルレッスン。
日曜日にはテク/クラのプライズテストがありますから、吹雪や寒さがどーのこーの云ってられません。

尚、この日のゲレンデ状況は…。
スタートの2時間こそ新雪のお陰でクッション&グリップの効いた良コンディションでしたが、時間の経過に従いベースの氷結バーンが露出。
特に「しらかば」「高妻」「アドベンチャー」「チャンピオン」は吹き溜まりとアイスバーンが斑面化して、スキーの振り幅とエッジング加減が難しく感じられました。

と、こんな所処にて。
次日は戸隠「今シーズン滑り納め」、どーか天候に恵まれます様に…。

|

« ●2013/14.三十六滑目「戸隠」 | Main | ●長野の休日 »