« ●2013/14.二十九滑目「五竜&47」 | Main | ●2013/14.三十一滑目「五竜&47」 »

2014.03.10

●2013/14.三十滑目「五竜&47」

えー、先日白馬遠征の後日談。
三日目(3/6)のゲレンデも「五竜&Hakuba47」。
昨日寝坊の轍を踏む事無くしっかり7時起床、朝イチでゴンドラへと向かいました。

所処で私め、昨年の同月同日.同スキー場で大クラッシュ。
左顔面破砕でオペ台上がりとなった鬼門Dayで御座います。
再び事故って「第三次白馬遠征」が「大惨事白馬遠征」なんぞとなれば、それこそシャレにもなりません。
と云う訳で、最初は抑え気味の滑走を心掛けてのゲレンデインとなりました、が…。

P3060109
【写真上】8:00、テレキャビン乗り場横にて。
まぁウォームアップジョグの時点で「ヤな予感」はしてたのですが…。
「ゴンドラ動いておりません…」。
この日の白馬は山麓ベースでも10m以上の強風が横殴り、「期待と諦め」半々でゲレンデインしたのですが矢張り運行休止中。

取敢えずいいもりで滑りながら、この後の対応策を考える事と致しました。

P3060110
【写真上】いいもり、ストレートウイスキー。
この日より八方では「リーゼンスラローム大会」、その所為で技術選の出場選手が五竜に流れてトレーニングしています。

P3060111_2
【写真上】いいもり、コスモリバー。
前夜の冷え込み&少降雪が幸いしてか、バーンコンディションは回復傾向。
ストレートウイスキーはややバンピーで細かい起伏があったものの、まずまず良。
コスモリバーはピステンの上に新雪が程良いトッピング、概ね良。
但し下地は雨続きでカチンコチン、午後にはガリッてる事間違い無いでしょう。

P3060114
【写真上】9:30、見上げるだけのグランプリコース(滑走不可)。
9:20にゴンドラ稼働開始、勇躍乗り込もうとした矢先に係員のおにーさんから一言。
「下山コースしか使えませんけど宜しいですか?」。
山頂トップでは風速約15m、アルプス第3ペアを始め全てのリフトが運休。
47への連絡路もクローズされており、「下りてくるだけ」の搬送手段になってます。
取敢えず一本上ったのですがグランプリも下1/3しか使えず、手間暇の割に見返りがありません。

そこで色々情報を掻き集めてみると、如何やら47のゴンドラは動いてるらしく。
思い切って「いいもり→47ユークリッド」間をシャトルバスで移動、ベースを変える事致しました。

P3060124
【写真上】10:20、47ルート1にて。

「これが大正解」。
五竜からの流れ込みが無いので、47はゲレンデ全体が「ガランガラン」。
R1は「オープン直後並」のグッドコンディション、所々に縦縞模様さえ残っています。
硬めの下地は綺麗に圧雪、その上には布一枚の軽新雪がトッピング。
しかも滑走者の姿も殆んど無くコース独占状態、バーン幅を目一杯に使っての高速ロングが楽しめました。

P3060125
【写真上】R7にて「あ、人が居た」。
南東の空には晴れ間が見えているのに、嗚呼強風が恨めしい…。

P3060119
【写真上】ラインCより、見返りルート1。
眼下には強風によるスノーコーラルリーフ/雪波模様、コース上のパウダーも次第に吹き飛ばされ下地の硬バーンが露出。
それでも滑走荒れが皆無なので、好コンディションを維持していました。

尤も47側も終始強風に祟られ、ラインC&ゴンドラは「超」減速運転。
一番時間掛った時間帯で「ラインC=12分」「ゴンドラ=25分」…、特にL-C乗車時の冷え込みはキツいものがありました。
それでも動いているだけで感謝の限り、約3時間「R1回し」してお腹一杯。
14時前に再び五竜へと戻りました。

P3060127
【写真上】何故かアトミック.レッドスターSL。
とおみゲレンデに着いたのが13:50、それから二時間はエスカルの「SKI STUDIUM」で競技板借りて「いいもり回し」していました。
丁度いいもりは予想通りのガリガリ状態、やっぱりハード&バンピーなバーンはSL機でガシガシ攻めるのが楽しいですね。

因みにその間、愛機はと申しますと「500mile」さんへエッジチューン出し。
明日も明後日もアイシーなバーンコンディションが予想されるので、サイドビベルを89→88に変えてもらってました。

P3060130
【写真上】16:00、「夕ラス」グランプリ。
15時を過ぎると風も弱まり、アルプス第3ペア稼働の知らせが流れました。
「遅すぎるわい」。
チューン成ったMy板で山頂へ赴いたのですが、軟らかい下地に約10㎝のパウダー。
この雪では却ってインエッジが引っ掛かり過ぎ、暫くは慣らし走行していました。

ま、それでもラス一人になる迄新雪と戯れておりました。

P3060135
【写真上】16:40「夕ラスいいもり」。
この日のゲレンデは上部も下部も皆さん早期撤収、16:35にいいもりに戻ってくると「人っ子一人」居やしません(パトロール除く)。
まぁこの日は「あの風」でしたからね…。
コスモフォーの搬器椅子も早々に畳まれ始め、此処でも「ゲレンデ貸切状態」となっておりました。

P3060133
【写真上】16:50、そんな訳「ラスイチ」コスモリバー。
夕刻のいいもりゲレンデは全体がアイスバーン状態でしたが、「歯が立たない」と云う程のガチガチさではありません。
何よりコースの荒れが少ないので、叩かれたり弾かれたりする心配が無いのが幸い。
チューンを済ませたお陰もあり、しっかりエッジコントロールが出来ました。

今夜も多少の降雪が期待、こりゃ明日は可也良さげなコンディションかも。

|

« ●2013/14.二十九滑目「五竜&47」 | Main | ●2013/14.三十一滑目「五竜&47」 »