« ●2013/14.二十七滑目「水上宝台樹」 | Main | ●三月四日未明、北安曇にて »

2014.03.03

●「pink♥」なseason

今日は三月三日「上巳」、桃の節句にて雛祭りの日。
おっと、この場合「pink」では無く「peach blossom」で御座いましたね。

と申しましても「桃の節句」は女の子のお祭り。
私めを始め、世の中の男子連中には余り関係の無いイベントだったり致します。
まぁ「五節句の一」にかこつけて酒宴でも開くのが関の山、そんな有様は古より童謡にも歌われていたりして。
すーこし 白酒召されたか♪ あーかい お顔の右大臣♪
(『うれしいひなまつり』 三番より抜粋)

下記記事は下鴨さんの「女子力アップ」「厄災祓い」神事、「流しびな」の様子。

201403031241070303nagashibna_2

災厄清め、健やかに 
下鴨神社で流しびな
「ひな祭り」の3日、子どもの健やかな成長を願う行事「京の流しびな」が京都市左京区の下鴨神社であった。春の訪れを感じさせる陽気の中、平安装束を着た夫婦らが子どもの身代わりに見立てた和紙人形を境内の御手洗川にそっと放った。
ひな祭りは災厄を水辺で洗い清めた中国の風習が起源とされ、京人形商工業協同組合が毎年行っている。
晴れ間に雨がぱらついたが、多くの観光客が行事を見つめた。束帯をまとった伏見区の会社員上田直樹さん(29)と十二単姿の妻友悠さん(30)が小舟を川面に浮かべて見送った。
(文.写真共 京都新聞3
/3より)

|

« ●2013/14.二十七滑目「水上宝台樹」 | Main | ●三月四日未明、北安曇にて »