« ●天気晴朗ナレドモ風強シ | Main | ●2013/14.四十六滑目「丸沼」 »

2014.04.11

●2013/14.四十五滑目「かぐら」

えー、一昨日は水曜日も例に由っての「雪山行脚」。
春スキーのメインゲレンデ、かぐらへ詣でて参りました。
実は前日から春風邪を拗らせてしまったのですが、「漢方薬」「栄養ドリンク」「イチゴ」「牛乳」「ポカリ」を大量摂取して無理繰り回復。
体調不十分、気合充分の遠征決行となりました。

そんな訳で以下、恒例のゲレンデリポになりまする。

P4090057
【写真上】8:10、越後湯沢西口.井仙前。
この日の「かぐら詣」、シャトル第一便は30名弱。
「登」「滑」兼用、BC装備の方も何人かおられました。

P4090060
【写真上】8:50、みつまた.ゴンドララインにて。
空一面晴天の「FINE SKI DAY」。
此処からのかぐらゲレンデと神楽ヶ峰の眺め、好きですね。

因みにリフト乗車中一発目から流れるBGMは「恋するフォーチュンクッキー」。
もうこの時点で「ノリノリ♪」ハイテンションです。

P4090061
【写真上】で、かぐらゲレンデ到着、

P4090062
【写真上】この日のメインゲレンデは、

P4090067
【写真上】当たりっ イャッホゥ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!
スノーマシンと硫安で整備されたバーンは「セメント感」独特の硬バーン。
しかも良い意味での緩みがあり、エッジがガッチリと食い付きました。
締まった雪面で目一杯たわみを使ってのカービングなんて久し振り、まるで三月下旬に時計を逆戻しした様なコンディションです。
そりゃ楽しくって、午前中は8割方メインゲレンデで回してました。

コースメンテのスタッフ皆様方、「本当に有難う御座います」ってな感じです。

P4090070
【写真上】ジャイアントコース.トップより一写。
田代湖の凍結具合は先週と大して変わらず、平標山と仙ノ倉山は大分残雪が少なくなってきました。

P4090074
【写真上】5ロマ北側、林間エキスパートコース(自己責任エリア)。
個人的には「越後三山コース」と呼んでいます。

P4090078
【写真上】5ロマ南側、林間エキスパートコース(自己責任エリア)。
個人的には「平標山コース」と呼んでいます。

5ロマからの林間エキスパート.オフピステは左右一本づつ流して撤収。
融雪と汚雪化が進み、殆んど板の走らないブレーキバーンになっていました。

P4090084
【写真上】1高より、テクニカルコース一写。
結局正午からはコブ三昧、テクニカルをメインに凸凹遊びしておりました。
かぐらのコブはコース斜度が緩ので、ビシバシ縦に攻められるんですよね。

但し一本滑って「汗ダラダラ」、陽射しも強く発汗量が半端ぢゃありません。

P4090085
【写真上】テクニカルコース.ミドル部。
現在のかぐらコブ状況は以下の通り。
・メインゲレンデ南端コブライン
バンクラインを通り越して波凹型化、滑走者が多いので溝は深エグれ。
二重コブやダブルライン、クイック箇所が多く、リズム感はイマイチ~イマニ。
・ジャイアントコース
一本だけコブライン有り、総じて浅目のバンクコブ。
滑走者が少ないので、午後になってもエグれ具合は適度な儘。
・テクニカルコース
トップの緩斜面、ミドルの中斜面は攻め易いラインでリズム感も良し、ラインも2~3本取れていました。
ボトムは入りの急斜部分が横滑りのエグれ、下部は並びの悪いオラオラ凸状態。

春は雪が軟らかいので、ちゃんとコブ「作らないと」ライン割れるんですよね…。

P4090095
【写真上】かぐらゴンドラ降り場にて一写。
春かぐら名物「鯉のぼり」、みつまたロープウェイ駅でも元気に泳いでおりました。
だけどコレ見ると、「シーズンの終わり」を改めて痛感するのでして…サミチイ。

と、こんな感じのかぐら紀行。
この日は「ハードパックバーン」に「コブ絶好調」と、とても充実した一日でした。
そー云えば「風邪気味」だったのって、最初の二本で忘れちゃってましたね。
おしまい。

|

« ●天気晴朗ナレドモ風強シ | Main | ●2013/14.四十六滑目「丸沼」 »