« ●2014/15ニューモデルスキー.インプレ⑥ | Main | ●「SKI FORUM2014」 »

2014.05.30

●Friday night in「秩父宮」

えー、本日は日暮刻より南青山、秩父宮ラグビー場迄。
リポDチャレンジカップ「ジャパン-サモア」を観戦して参りました。

今日の都心気温は日中30℃、「ナイトゲームで良かった」てな気候でした。

P1080003
【写真上】18:20、秩父宮風景。
客足は何時も通りの8000人ペース。
「月末週末」のナイトゲームですから、もうちょい入っても良さそうなものですが…。

P1080001
【写真上】入場ゲート横のリポDブース。
テストマッチ恒例、リポビタンDの無料試飲ブース。
今日の都心は18時を過ぎても25℃、余りの蒸し暑さに一本頂いて参りました。

P1080012
【写真上】サモアのハカ、シヴァタウ。
今夜はあんまり迫力ありませんでした。
まぁメンバー構成がアレですから、慣れてないの鴨ね。

P1080009
【写真上】19時キックオフ。
今日の観客数は8460人、イタリア戦には15000位入って欲しいものです。
それからこの試合で「大野均.82キャップ」。
ザワを抜いて歴代最多キャップとなりました。

P1080005
【写真上】スクラムは圧倒。
ラインアウトも含め、セットピースは終始ジャパンが支配していました。
と云うか、サモアが駄目駄目だっただけですが…。

P1080007
【写真上】ブレイクダウンもほぼイーブン。
体躯も一線メンバーに較べ一回り小さめ、特に怖い選手は居ませんでしたしね…。

ジャパン33 (3T3G4PG)‐(2T2G) 14サモア

サモアは主力のヨーロッパ組が遠征不参加で2軍構成のメンバー。
一方のジャパンもスーパーラグビーで大駒三枚抜け、程良く(?)均衡が取れてます。
ゲーム自体はジャパンがリードして以降、着実に得点を重ね危なげ無く逃げ切り。
互いのチーム事情を考えれば、まぁ順当な結果と云った所処です。

サモアは如何にも「ぶっつけ本番」と云った感。
ノンキャップが半数を占めるメンバー編成な上、赤らかにセッション不足で、ユニオン代表としては余りにもお粗末でした。
ジャパンも前半は褒められた内容ではなかったのですが、慌てずにコツコツ加点。
アンフォースドエラーの多さは気になるものの、最低限のミッションとして「勝てた」事で良しとしましょう。
まぁこの試合が今季初戦みたいなものですし、チーム編成が如何であれ取敢えずはランク8位の格上ですから。
第一、数年前ならこの相手にも「接戦の末惜敗」ってのがお決まりだったですしね。

注目の⑬松島幸太朗は想像以上のパフォーマンス。
持っているスピード自体はバックスリー向きなのでしょうが、もう暫くアウトサイドセンターでのプレーも見てみたくなりました。
兎に角トップスピードに乗るのが早い上に、密集でのステップやコース取りも判断良く、プレーに迷いがありません。
ディフェンスでも明らかにフィジカル負けした様な場面は見られませんでした。
経験値が問われる「オフザボール」の動きが重要な外側のポジションより、ボールタッチやコンタクトの多い内目の方が生きるのかも。

尚本日の収穫は「エリアマネジメント」。
後半シンビン食らって嫌な流れの場面、ポゼッション(イケイケマルチフェイズアタック)に固執する事無く、上手く敵陣で時間を使えた試合運び。
結果オーライ的な場面もありましたが、蹴り合いでも上手くゲームを作れていました。

と、スタンドレベルで「ざっと」見た感想。
あとはJスポの録画をしっかり見直したいと思います。

|

« ●2014/15ニューモデルスキー.インプレ⑥ | Main | ●「SKI FORUM2014」 »