« ●ブラジルW杯「雑感」 | Main | ●「奥武蔵ノープラン」トレラン.前篇 »

2014.06.28

●∞×3(左.右.左)

えー、将気付けば六月も残す所処「マジック3」。
月日の過ぐるのは@云う間、2014年も間も無く折り返しで御座います。

そんな訳で明後日は、水無月晦日を彩る歳時記「夏越祓」。
鹿屋野比売神の御光臨神事を控え、ミヤコ各社でもその風物「茅ノ輪」が備え付けられておりまする。
因みに私め在京時の「潜り所処」は、車折神社と斎宮神社。
最後に訪れたのは、もう4年前になりますかねぇ。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2010/06/post-7315.html

尚、本日の表題ですが…、まぁ皆さんお解りの事かと。

201406251055070625chinowa茅の輪くぐり、無病息災を祈る 
京都・北野天満宮

酷暑の季節を前に無病息災を祈る「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の北野天満宮であった。楼門に直径5メートルの茅の輪が掲げられ、早朝から大勢の参拝者でにぎわった。
北野天満宮では、暑い夏を無事に乗り切ることを願う6月30日の「夏越しの大祓」を前に、縁日に合わせて大茅の輪を掲げている。
午前5時に開門すると、市民が続々と詰めかけ、茅の輪に人だかりができた。近年、抜き取ったカヤで小さな輪を作り、厄よけのお守りにすることが、新たな風習になっているという。
伏見区から自転車で訪れた飲食店経営の神谷毅嗣さん(55)は「今年の夏も健康に気をつけて過ごしたい」と笑顔で話していた。
(文.写真共 京都新聞6/25
より)

|

« ●ブラジルW杯「雑感」 | Main | ●「奥武蔵ノープラン」トレラン.前篇 »