« ●2014/15ニューモデルスキー.インプレ総括 | Main | ●「南魚沼グルメマラソン」前日 »

2014.06.07

●「賑い」初げいこ

昨年20回の節目を迎えた五花街合同伝統芸能特別公演、所謂「都の賑い」。
その合同「初げいこ」が、昨日甲部歌舞練場で行われました。

ミヤコ花街の初夏風物詩となりつつある、この「水無月のをどり」。
私め東下後に始まった催事でして、未だ
観劇した事は御座いませぬ。
そんな訳で、観た事の無い演舞会はコメントし辛いものです…。


尚、京都会館が改修工事中の為、舞台は一昨年.昨年に引き続き四條南座。
尤も観劇の場所としては、こっちの方がお誂え向きですけどね。

201406061219070606miyakonigiwai五花街の舞、華やかに 
京都で合同公演へ稽古

京の五花街による合同公演「都の賑い」(28、29日)の本番を前に各花街の舞妓20人による合同稽古が6日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場であった。
同公演は京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)と京都花街組合連合会の主催で21回目。五花街から芸舞妓約80人が出演し、舞妓のうち13人が初舞台となる。
この日は、各花街の舞妓がそれぞれの流派の振り付けで舞う人気演目「舞妓の賑い」の稽古があった。華やかな着物姿の舞妓たちは師匠の指導を受けながら「祇園小唄」の動きの流れを舞台で確かめていた。
先斗町は清元「卯の花」、祇園甲部は地唄「祇王祇女」、宮川町は長唄「豊後道成寺」、祇園東は長唄「喜三の庭」、上七軒は長唄「藤娘」を披露する。
本番の公演は東山区の南座で。両日とも午前11時と午後2時半から全4回。6千~1万5千円。おおきに財団TEL075(561)3901。
(文.写真共 京都新聞6/6
より)

因みに来年の「賑い」ですが、新橋.金沢三花街.博多券番を迎えての10花街合同開催となるそうです。
新装竣工なった京都会館改め「ロームシアター京都」開催最初の年。
「杮落し」的意味合いでは華やかな催事で宜しいんじゃ無いでしょうか。

201406022050550602ookini_2全国10花街の芸者、京都で競演へ
 
16年におおきに財団京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)は2日に開いた理事会で2016年1月に催す創立20周年記念事業の概要を決めた。京の五花街に加え、全国の花街から東京新橋組合(東京都)、金沢ひがし・にし・主計町(金沢市)、博多券番(福岡市)を招き、記念公演をロームシアター京都(京都会館、京都市左京区)で2日間にわたって開く。
同財団は1996年5月に設立され、京の花街の伝承を支援してきた。10周年の際にも各地の花街を招いて「全国花街芸術祭」を開いたが、20周年はさらに華やかに催すことにした。
1日目は同財団が記念式典などを京都市内のホテルで開く。2、3日目は現在、整備中のロームシアター京都で、京都花街組合連合会と京都市との共催で記念公演を開き、各地の花街の芸者などが舞踊を披露する。詳細な日程や内容は今後詰める。
同財団は「各地の舞踊が見られる合同公演となる。京都以外に全国から観客を呼び込みたい」としている。
(文.写真共 京都新聞6/2
より)

|

« ●2014/15ニューモデルスキー.インプレ総括 | Main | ●「南魚沼グルメマラソン」前日 »