« ●歓喜の秩父宮 | Main | ●6.21「ジャパン26-23イタリア」 »

2014.06.22

●「ジャパン13-13イタリア」前半終了

えー、昨日は正午過ぎより南青山.秩父宮競技場へ。
ジャパン春のテストマッチ最終戦、「リポDチャレンジカップ」を観戦して参りました。
相手は昨春のウェールズ戦に続く、6Nsユニオンのイタリアです。

「現在ジャパンはテストマッチ9連勝中(A5N以降、直近3連勝中)」。
「対するイタリアはテストマッチ8連敗中(パシフィックツアー、直近2連敗中)」。
「ジャパン3戦振りのホーム、アウェイには滅法弱いイタリア」。
「しかしジャパンはイタリアと5戦して未だ未勝利」。
「しかしIRBランキングはジャパン12位、イタリア14位」。
「しかし如何考えてもイタリアの方が格上」。
「しかも今ツアーのイタリア、ほぼベストメンバー」。
「しかもこの日、思っていた程暑くならず微風すら吹き始める…」。


と、可也ビミョーなパワーバランス/臨戦過程での大一番。
果たして「期待6割:不安4割」と云った心持ちで御座います。

P6210002
【写真上】12:50、秩父宮到着。
やや早めのスタジアム入り、座席を確保した後は一時退出し「カンタベリー」「コンビニ」をぷらぷらしておりました。
人出は思っていたより少な目、先月サモア戦の「三割増し」てな感じです。

P6210009
【写真上】13:20、再度スタジアム入り。
試合開始40分前、客足も次第に増えて参りました。
手前はリポDカップ恒例、「ファイト一発」の無料サービスブース。

P6210010
【写真上】イタリアのアップ風景。
矢張りFWに目が行ってしまいます。
しかしフロントスリー「ゴツい」、ロック.バックロウ「デカい」…。

P6210014
【写真上】ラインアウの調整に向かうFW陣。
手前よりボルトラミ⑤(203㎝)とゲルデンハイス④/C(196㎝)の両ロック。
右の注目株フルノ⑥も200㎝、うーんワールドクラスのサイズですね…。
奥にはルースヘッド①のデ・マルキにエイト⑧のバルビエリ。
本来ならあと此処に「カストロジョヴァンニ」と「セルジオ・パリセ(C)」が入る訳です。

P6210012
【写真上】ラインアウトの打合せ中。
中央には、この日が100キャップ目となるベルガマスコ。
しかしイタリーの頭髪は「ジタン状態」か「ロン毛」のどっちか、うーん極端です。

P6210020
【写真上】アップを終え、引き上げるBK陣。
オルケーラ⑩、テバルディ⑨のハーフ団、左奥にはFBのマクリーン⑮。
エドアルド.ゴリ(SH)こそツアー漏れしましたが、何れも今年の6Nsで主力として活躍していたメンバーです。
しかしSHよりも小さいSOってのも珍しいですね。

P6210027
【写真上】14:00、キックオフ。
この日の観客数は13816人、うーん「15000」行かなかったですね…。
メイン.バック共に両端以外は満席状態でしたが、コーナーとゴール裏は殆んどが空席でした。

P6210028
【写真上】開始2分、ファーストスクラム。
この日の要諦にて最注目ポイントと云えば、コレに尽きるでしょう。

P6210040
【写真上】兎に角…、

P6210045
【写真上】スクラム…。

P6210038
【写真上】スクラムな訳です。
ゲームを通じてスクラムは「五分五分(後半はやや優勢)」。
まさかイタリア相手に真っ向勝負のスクラムが組めるとは…、感動過ぎて胸熱です。
時折イタリアの仕掛ける揺さぶりにも、8人のパックは動じる事がありません。
嗚呼、生きている間にこんな光景が見られるとは思いませんでした。

次は是非ともアルゼンチンとの対決が見たいです。

P6210032
【写真上】一方セットプレーもう一つの要、ラインアウトは不安定。
特に前半はマイボールを確保してもクリーンキャッチが少なく、スタッツ(2/3)以上に苦戦していました。
まぁそれでも身長差を考えれば許容範囲の内容。
それに来年のW杯本番「南ア戦」に向けての良いレクチャーになったと思えば良し。

P6210033
【写真上】も一つラインアウト。
この日の私見MOM、セットにブレイクダウンに大奮闘のアイブス。
矢張り196㎝のジャンパーFLが居ると、LOの幅も広がります。
トップリーグではロック専任のイメージが強いアイブスですが、来日前のオタゴではLO/FL兼任でやってましたしね。

P6210029

P6210030

P6210031
【写真上】ジャパンの主力得点源、五郎丸のPG3コマ。
この日の成功率は6/7、難しいコンバージョンやロングのPGも決め勝利に貢献。
相手キックの処理や蹴り合いでもほぼノーミスでした。
但し格上相手の競ったゲーム、前半最後の正面PGは決めときたかったです。

と、こんな感じで前半終了「JPN13-13ITA」。
後半観戦記とマッチリポート総括は亦明日にでも。
続く。

|

« ●歓喜の秩父宮 | Main | ●6.21「ジャパン26-23イタリア」 »