« ●あとまつり「山鉾巡行」 | Main | ●「奥多摩三山縦走トレラン」中篇 »

2014.07.25

●「奥多摩三山縦走トレラン」前篇

えー、先週火曜日の事に成増が…。
やや蒸暑な曇天模様の7月15日、早朝より奥多摩方面へトレラン行脚。
武蔵五日市から日ノ出山.御嶽神社を経て奥多摩三山を縦走する「ハセツネ1/2.逆走トレイルラン」に出掛けて参りました。

そんな訳での山走記、前篇で御座います。

P7150002
【写真上】7:15、武蔵五日市駅到着。
平日だけあって、ハイカーの姿も疎らなもの。
アップを済ませ、8:25にスタートです。

P7150005
【写真上】五日市市街を過ぎ、金毘羅山への登山道へ。
学区地域を越え、薬師堂を右折すると日ノ出山方面への取り付き口。
舗装道とダート路が混在、丘陵公園らしく整備された山路が続きます。

P7150006
【写真上】中腹より、あきる野市街を望む。
琴平神社迄の途中には、見晴しの利くが展望台が二ヶ所あります。

P7150008
【写真上】琴平神社通過。
社殿の裏が日ノ出山方面への登山道、此処からがトレランの楽しいコース。
金比羅尾根から御嶽神社へ続く山路は、往路復路共に初心者にもお勧め。

P7150010_2

P7150011_2

P7150012
【写真上.中.下】日ノ出山方面へ進む金毘羅尾根、三写。
琴平神社~日ノ出山手前分岐の約5㎞は上り基調で多少の勾配はあるものの、殆んどが走れるコースです。

P7150014
【写真上】行路途中、立川.武蔵村山と関東平野を眺む。
金比羅尾根は基本的に眺望の利かない尾根ですが、途中数か所で東方面の展望の開ける場所があります。

P7150015
【写真上】麻生山への分岐。
右は麻生山への破線ルート、左は巻き道。
麻生山は労力の割に見返りの無いピークなのでパス、巻いてしまいます。

P7150016
【写真上】麻生山との合流地点。
引き続き快適なトレランコースが続きます。

P7150017
【写真上】日ノ出山手前の四辻分岐。
金毘羅尾根には伐採地が三ヶ所あり、三つ目が見えると日ノ出山間近。
山頂直下の0.5㎞だけは木段続きの急坂となります。

P7150018
【写真上】10:05、日ノ出山到着。(Time1:37:31 9.87㎞)
写真撮って通過しようとすると、先着ハイカーの老夫婦から冷凍パイナップルをご馳走になりました。
蒸し暑い中での冷たい果物は極上美味、どーも有難う御座います。

P7150019
【写真上】日ノ出山より西方一写。
手前に御岳山、奥のピタゴラスな山容が大岳山。

P7150020
【写真上】同.南方一写。
手前には馬頭刈尾根、奥には丹沢連峰の山影群が窺えます。

P7150023
【写真上】日ノ出山から御嶽神社へ向かう山路。
所々に緩勾配.露岩がありますが、概ね快適な平坦ダート路。
金毘羅山から御岳山門前街迄も、トレイルランナーにとって至極のコース。

P7150024
【写真上】御嶽神社.門前街通過。
この儘随身門を超え、綾広の滝の分岐へと進みます。

P7150025
【写真上】御嶽神社からへと続くトレイル。
緩勾配下り、足場も整った絶好のダートトレイルです。

P7150027
【写真上】綾広の滝近くの水場。
此処でエンプティ寸前の500mlドリンクボトル補充。
夏場のトレランでは、飲用可の水場はとても貴重だったり致します。

P7150028
【写真上】養沢川を超え、綾広の滝分岐からの上り山路。
それ迄の下りから一転、中勾配の一定したダート路が暫く上りが続きます。

P7150029
【写真上】芥場峠。
此処から鍋割山との合流地点迄は平坦基調の緩勾配。
再びスローペースでラン開始、右に分けて大岳山へ向かいます。

P7150032
【写真上】大岳山へのプロローグ。
鍋割山の分岐合流を過ぎると、徐々に露岩の目立つ悪路となっていきます。

P7150036
【写真上】大岳山神社通過。
此処迄来れば大岳山は目前。

P7150038

P7150039
【写真上】大岳山頂へと続く露岩場。
神社鳥居からの300mはずっとこんな感じ。
土日の混雑時には「ハイカー数珠繋ぎ」状態で、牛歩となってしまいます。

P7150043
【写真上】11:20、大岳山到着。(Time2:46:33 15.63㎞)
此処でこの日初めての休憩タイム、疲労をリセットしつつ軽めの栄養補給。
未だ行程は20㎞以上残っているので、20分後には出立致しました。

と云う訳でこれより進むは鋸尾根~御前山.月夜見山方面。
続きは亦明日にでも。

|

« ●あとまつり「山鉾巡行」 | Main | ●「奥多摩三山縦走トレラン」中篇 »