« ●「奥多摩三山縦走トレラン」中篇 | Main | ●「三頭.笹尾根~戸倉.武蔵五日市トレラン」前篇 »

2014.07.27

●「奥多摩三山縦走トレラン」後篇

えー、一昨日.昨日ログの続きにて。
去る7月15日は奥多摩三山トレイルラン。
武蔵五日市から日ノ出.御岳山を経て大岳.御前.三頭山を縦走する「ハセツネ1/2.逆走トレイルラン」に出掛けて参りました。

そんな訳での山走記、最終篇で御座います。

P7150081
【写真上】月夜見山~風張峠への登山口。
月夜見山第2駐車場前から奥多摩周遊道路を右に200m程進むと、取り付き口です。

P7150082
【写真上】丸太階段を上ると、直ぐに月夜見山。
何~んも無いのでちゃっちゃと通過します。

P7150083
【写真上】風張峠へと向かう山路。
小さなアップダウン繰り返す歪曲ルート、木の根.ガレの混在した片斜面でテクニカルなトレイルです。

P7150084
【写真上】途中に二度、奥多摩周遊道路に出ます。
何か奥武蔵的なシチュエーション、土日にはライダー天国となります。

P7150087
【写真上】風張峠通過。
小河内峠~風張峠~鞘口峠間の距離は大体1.8㎞前後の等間隔。
特に難所と云う上りも無く、足さえ残っていればソコソコ走れるコースです。

P7150088
【写真上】鞘口峠通過。
引き続き小さな起伏とトリッキーなトレイルを経て、三頭山麓に到着。
左に分けると檜原都民の森入口、真っ直ぐ進むと三頭山です。

P7150090

P7150089
【写真上】三頭山への上り山路。
1.6㎞で400m弱高度を上げる急坂、特に入りからの半分は急勾配が続きます。
ロードコンディションも木段有り.木の根道有り.露岩有りと結構な難路。
但しを見晴らし小屋過ぎると、ソコソコ走れる箇所も出てきます。

P7150091
【写真上】三頭山.東峰通過。
正規のルートから少し外れますが、折角なので寄ってきます。

P7150092
【写真上】東峰から数十m隣り、三頭山.中央峰通過。
此処を下れば愈々御堂峠を経て最高峰の西峰。

P7150093
【写真上】三頭山.西峰到着。(time6:12:31 30.96㎞)。
奥多摩三山の三頂目、この日の最高峰です。
少し腰を落ち着けて休みたかったのですが時間が15時半、下山時間と日の暮れ時刻を考えるとそうもいきません。
20分程の固形食休憩の後、先を進む事に致しました。

P7150094
【写真上】三頭山より西南方面の眺望。
空気が冴えていれば富士山が望めるのですが、大気の湿潤な夏場ではこんなもの。
想像通り、真っ白な靄模様でした。

因みに下山ルート候補は以下の三つ。
①都民の森迄下りて行程終了、バス使って武蔵五日市駅へ。
②笹尾根を下り西原峠経由で数馬下山、バス使って武蔵五日市駅へ。
③ヌカザス尾根で奥多摩湖下山、パス使って奥多摩駅へ。

①だとあと2㎞の下りで終了、もうちょい走りたいのでパス。
②は来週の「ハセツネ1/2.逆走トレイル」とルート被るのでパス。
そんな訳で鬼急坂.激下りの③をチョイスする事と致しました。

P7150097
【写真上】三頭山より下山開始。
山頂より鶴峠分岐迄は斜度も緩く、走れるダウンヒルトレイルですが…。

P7150098
【写真上】入小沢ノ峰~オツネノ泣坂は、文字通り「急降下」トレイル。
尾根を一直線に転げ落ちるかの様ダウンヒル、流石「奥多摩三急坂」候補の一つ。
危険個所は然程無いのですが兎に角急坂、時間を食う鬼下りトレイル。
此処迄30㎞程踏んで来てるので、猶更膝に堪えます。

P7150099
【写真上】ヌカザス尾根とムロクボ尾根の分岐。
三頭山~奥多摩湖間の丁度中間点辺り、真っ直ぐヌカザス尾根を進みます。

P7150100
【写真上】糠指山通過。
分岐から上り返して直ぐのピーク、何んも無いのでさっさと通過します。

P7150101
【写真上】引き続き下りトレイル。
糠指山からは再び急勾配の激下り、ガーミンの高度計が面白い様にカウントダウン表示していきます。
まぁ「5㎞で900m下る」んですから、しゃーないですね。

P7150103
【写真上】イヨ山手前の根道上り。
ヌカザス尾根に二つあるピークのもう一つ、此処が最後の上り勾配です。

P7150104
【写真上】イヨ山通過。
やっと標高が1000m切りました。
奥多摩湖岸迄あと1.5㎞程度です。

P7150105
【写真上】高度が下がるにつれ、ブッシュが多くなって参ります。
イヨ山以降はフツーの下り山路、但しボチボチ膝の具合が怪しくヨチヨチ走り程度にしか進めません…。

P7150108
【写真上】木々の梢間より覗けるのは奥多摩湖。
嗚呼、やっと下界が見えて参りました。

P7150109
【写真上】奥多摩周遊道路、三頭山登山口。
この日の「山走り」はこれにて終了。
暫く車道をランナーズライトへ進み、ドラム缶橋への取り付き口に向かいます。

P7150110
【写真上】ドラム缶橋(麦山の浮橋)。
っても、もうドラム缶は使って無いのですけどね。
この橋を渡り切ると、小河内神社バス停は目の前です。

P7150111
【写真上】ドラム缶橋より眺む御前山。
あの頂を通過したのは四時間前、今日距離よりも高低差を踏んだ一日でした。

で、西東京バスで奥多摩駅に向かう筈でしたが、停留所に着いたのが17:20。
次のバスは18:43迄ありません…。
仕方無いので何時もの手段、困った時のヒッチハイク。
運良く1台目の車に乗せて貰い、無事奥多摩駅に着く事が出来ました。
仕事中の建設会社のお兄さん、ドーモ有難う御座いました。

P7150112
【写真上】奥多摩温泉.もえぎの湯より眺む大岳山。
一日の疲れを癒すぺく、湯治を終えると時刻は19時過ぎ。
真っ暗闇になる前に奥多摩駅へと向かいました。

P7150114
【写真上】19:20、ライトアップされた奥多摩駅。
武蔵五日市駅スタートから11時間、思ってたより時間食ってしまいました。

尚、この日のスタッツは以下の通り。
・武蔵五日市~日ノ出.御岳山~大岳.御前.月夜見.三頭山~三頭山登山口
(ハセツネ逆走コース+ヌカザス尾根)
走破距離36.21㎞(㎞/12.2) 走行タイム7:26:48(+休憩時間.計65分)

で、ハセツネ後半1/2部を逆走したからには、当然前半1/2部も踏まなくては。
そんな訳で「三頭山~笹尾根~戸倉.今熊~広徳寺」トレイルは、翌週走破に向かったのでした。
おしまい(の続く)。

|

« ●「奥多摩三山縦走トレラン」中篇 | Main | ●「三頭.笹尾根~戸倉.武蔵五日市トレラン」前篇 »