« ●「巡行順」決まりました | Main | ●一昨年の7月4日 »

2014.07.03

●「神面改め」

え、今月に入り「祇園さん」ネタ、三連チャン。

今日は船鉾で吉符入り、御神体の「神面改め」が行われました。
そんな訳で「神事始め」も滞り無く進行中、明後日迄には全ての前祭山鉾町で「吉符入り」致します。

各会所からは、そろそろ「コンチキ」稽古の音色も流れ出す頃でしょう。

2014070312003173sinnmenn伝統の「重み」確かめ 
祇園祭・船鉾「神面改め」
祇園祭の船鉾に伝わる神面の無事を確かめる儀式「神面改め」が3日、京都市下京区新町通綾小路下ルの船鉾町会所で行われた。
船鉾には巡行で役員が持つ室町時代中期の本面と、ご神体の神功皇后像につける江戸後期の写し面がある。神面改めは、神事始めの吉符入りに合わせて毎年行われる。
午前10時、町会所の祭壇前で神職が祝詞をささげた後、祇園祭船鉾保存会代表理事の古川雅雄さん(77)が本面を、町内会長の高鳥広保さん(53)が写し面をそれぞれ木箱から慎重に取り出し、息がかからないよう懐紙をくわえたまま、役員の方へ向けて異常がないか確認した。
初めて面を手にした高鳥さんは「伝統の重みで手が震えました」と話していた。
(文.写真共 京都新聞7/3
より)

|

« ●「巡行順」決まりました | Main | ●一昨年の7月4日 »