« ●「ほこ×たて」 | Main | ●都庁前にて「炎天走」 »

2014.07.11

●「神輿洗い」

「まあぁせー」 「まあぁせー」
「まあぁせー」 
「まあぁせー」

と云う訳で昨夜は四条大橋で「神輿洗い」。
この神事は神幸祭/還幸祭に出る神輿の一基「中御座」を鴨川の水で洗い清める、祇園祭の前儀の一つ。
興丁衆も御神水の飛沫を受け、身体を禊ぎ清めて本祭に臨みます。

今年は台風8号の影響が心配され、警報発令の場合には八坂神社境内で行われる事も検討されましたが、無事滞り無く神事行われました。

そんな訳で、宵々々山まで「マジック3」。

20140710215635mikoshi002梅雨の夜空、負けぬ威勢 
祇園祭・神輿洗い

祇園祭の神輿を鴨川の水で清める「神輿洗い」が10日夜、京都市の四条大橋であり、担ぎ手たちの威勢の良いかけ声が梅雨の夜空に響いた。
祇園祭の神幸祭(17日)と還幸祭(24日)で氏子地域を練る神輿3基のうち、「中御座」の神輿を清める神事。この日は八坂神社(東山区)から大松明をともして大橋までを往復する「道しらべの儀」の後、午後7時半に神輿が神社の南楼門から鴨川に向けて出発した。
神輿は四条大橋に到着すると、神職がくみ上げておいた川水に榊をひたし、勢い良く神輿に振りかけた。飛び散る水しぶきは健康祈願や厄よけの御利益があるとされ、橋の上は子どもを肩車した氏子や見物客らの熱気に包まれた。
(文.写真共 京都新聞7/11
より)

|

« ●「ほこ×たて」 | Main | ●都庁前にて「炎天走」 »