« ●「三頭.笹尾根~戸倉.武蔵五日市トレラン」中篇 | Main | ●「祇園祭」終わりました »

2014.07.30

●「三頭.笹尾根~戸倉.武蔵五日市トレラン」後篇

えー、一昨日.昨日ログの続きにて。
7月22日は「ハセツネ1/2.逆走トレイルラン」PartⅡ。
コース前半部の三頭山.笹尾根~吊尾根.入山峠~武蔵五日市の縦走トレラン出掛けて参りました。

そんな訳での山走記三部作、最終回で御座います。

P7220077
【写真上】醍醐丸通過。(time5:57:07 27.38㎞)
これより市道山を目指し、吊尾根に侵入。
此処からのルートはハセツネ32㎞の後半部をトレース、終盤の峰見通りには足に堪えるアップダウンが待っています。

P7220078
【写真上】吊尾根の序~中盤。
一部勾配もありますが、比較的走れる平坦区間。
「関東ふれあいの道」に属するメジャールートだけあって、しっかりと踏み固められています。

P7220081
【写真上】吊尾根の中~後半。
林道と平行する山路辺りから片斜でトラバース気味の狭路、次第にアップダウンが繰り返されます。

P7220082
【写真上】吊尾根終盤、イッポチ山付近の上り。
最後のピークは一面木の根道の急坂。
此処を越えれば市道分岐なのですが…、厳しい。

P7220083
【写真上】市道山分岐。
左を進むと直ぐに市道山頂ですが大して見返りの無い山、体力的にもスルー。
右に分け峰見通りを直進します。

P7220084
【写真上】峰見通り、市道分岐からの下り。
テクニカルな下りトレイル、通り尾根手前には激下りが待っています。

P7220085
【写真上】通り尾根手前の伐採地。
左手奥には鉄塔が二本、多分あそこが入山峠です。
此処を過ぎると愈々「峰見通りのキモ」、小~中ピークの連続が待ってます。

P7220087
【写真上】ガレ場急坂有り…。

P7220090
【写真上】掘深の根道有り…。

P7220091
【写真上】スリッピーな急下り有り…。
峰見通りはどっちから進んでも難路ですが、標高が下がって行く分「市道山→トッキリ場」ルートの方がマシ。
それでも縦走トレランでの行程終盤に此処を使うと、可也足腰に堪えます。

P7220092
【写真上】トッキリ場を過ぎた辺りの分岐。
最後のピーク、段左衛門ノ峰を超えるとやっと一息。
あとは今熊神社迄、走り切れるトレイル区間です。

P7220093
【写真上】入山峠の鉄塔。
此処を進んで一旦林道へと下ります。

P7220094
【写真上】入山峠通過、残り6㎞。
正面の取り付きから今熊山.金剛の滝経由でフィニッシュ。
因みにハセツネ32㎞往路は手前のを右折、此処から約10㎞の舗装道ランです。

P7220095
【写真上】刈寄山分岐~今熊山迄の山路。
下り基調の2.5㎞平坦路、尾根のピークは全て巻いているのでアップダウンも殆んどありません。
足が残っていれば絶好のトレイルなのですが、この時点で余力は10%位。
思う様にペースアップが捗りません…。

P7220096
【写真上】今熊山通過。
山路をスイッチバックして直ぐに山頂、金剛の滝へは社殿裏の登山道を下ります。

P7220097
【写真上】500m級の低山登山路にしては、後半が意外と急坂。
うー、木段の段差が膝に響きます…。

P7220098
【写真上】金剛の滝通過。
この儘バス停方面の分岐を進み、新多摩変電所前で一旦ロードに出ます。
再びオフロードに入れば、ゴールはもう目と鼻の先。

P7220101
【写真上】17:10.広徳寺到着。
三頭山.都民の森をスタートして8時間弱、やっとフィニッシュです。
スタッツは以下の通りとなりました。
・time7:11:59 33.18㎞(㎞/13:01)

基本的には下り基調のルートだったのですが、メリハリの無いピークが連続するコースで、却ってメンタルピークを何処に持ってくるか厄介な行程でした。
「ヤマ場」がはっきりしている分、先週の「武蔵五日市駅~大岳.御前.三頭山ルート(ハセツネ後半部逆走)」の方が気持ち的に楽でした。
実際、走行速度も前回の方が早かった(㎞/12:17)ですしね。

あと、矢張り盛夏のトレランは発汗量が半端では無く、体力消耗も激しかったです。
もーちょい涼しくなってから捲土重来、リマッチしたいと思います。

P7220102
【写真上】〆は矢張り♨。
秋川街道から西東京バス乗車、十里木下車で「瀬尾の湯」に向かいます。
バス停から石舟橋を渡り、徒歩7分程度。

P7220103
【写真上】石舟橋より、秋川渓谷を一写。
と、こんな感じのハセツネ逆走トレイルラン.全6部作。
二週続けての奥多摩行脚でしたので、次走は矛先を変えて箱根方面へ。
「箱根外輪山」環状走を予定しております。
おしまい。

|

« ●「三頭.笹尾根~戸倉.武蔵五日市トレラン」中篇 | Main | ●「祇園祭」終わりました »