« ●「箱根外輪山」馬蹄縦走トレラン.その3 | Main | ●冬のプレミアムチケット »

2014.08.06

●「箱根外輪山」馬蹄縦走トレラン.その4

えー、本日も8月1日の「箱根外輪山.縦走トレラン」の続々々篇ログ。
箱根湯本より明星.明神ヶ岳~金時山を経て外輪山西稜へ入り湖尻峠迄を走破。
三国山から箱根関所と向かいました。

と云う訳での盛夏炎天「ハコネ山走記」、その④オーラスで御座います。

P8010090_2
【写真上】湖尻峠通過。(time6:09:31 26.28㎞)
箱根スカイラインを横断、正面の三国山登山路に入ります。
因みに箱根外輪山を反時計回りで周回する場合、此処が最後の湖畔(深良水門方面)エスケープ分岐となります。

P8010091

P8010094
【写真上】三国山の山路.二写。
序盤は緩やかな上り、途中から一部に根道や木段の急坂があります。
但し上り坂と平坦路が交互に取られており、易し目の山路構成になっています。

P8010095
【写真上】三国山通過。
広めの頂はブナ林に覆われ、展望は利きません。
この時点でガスに加え、小雨がポツポツと落ちて参りました。

P8010096
【写真上】下山開始、ブナ林の中を箱根峠方面へと進みます。
暫くは中勾配の下り、クッションが利いた良好なダート路。
一旦下りきると、軽いアップダウンが続きます。

P8010099
【写真上】箱スカ沿いのオフロードトラックを通過。
取敢えずこの辺で雨も上がり一安心。
此処を過ぎると少し上り返し、山伏峠はもう直ぐです。

P8010101
【写真上】山伏峠通過。(time7:12:08 31.07㎞)
引き続きガスガス、四囲の山々は疎か直下の芦ノ湖すら微塵も窺えません。
尚、展望所横にはレストハウスと自販機が有り、イレギュラーの場合は此処で水分補充と食事が出来ます。

P8010103
【写真上】山伏峠からは再び、破線ルート的なブッシュ。
走り易い平坦路なのですが、一面枝葉に覆われ路面が目視出来ません…。
足場を確認しつつ、六割程度の徐行走行。

P8010106
【写真上】繁路を抜けると、やっとフツーの樹林帯トレイル。
山伏峠から海ノ平への5㎞区間はやや下り基調、概ねフラットで良好な山路。
何方側から進んでも一気に走り切れるエリアです。

P8010109
【写真上】海ノ平の一本道。
やおら視界が開けると其処は海ノ平、一面薄の草海原。
薄穂が黄金色に揺らめく晩秋頃は、さぞかし爽快なトレイルでしょうね。

P8010110
【写真上】海ノ平の表示板。
県境と防火帯を兼ねたハイキングコース、ってな感じ。
刈込が終わってれば、猶更快適なルートなんですが…。

P8010112
【写真上】海ノ平を通過。
短い急坂を下り箱根スカイラインを横断、箱根峠方面へと向かいます。

P8010116
【写真上】檜林のウェット&ウッドチップ山路。
谷部のショート区間、急勾配ダート路を下って…。

P8010117
【写真上】短い急坂を上り返します。
このまま道なりに進むと、十二丁園地を経て国道一号線へ。

P8010118
【写真上】取り付き口に出ると国道一号線、正面には「道の駅.箱根」。
海の平出口(入口)から1.3㎞、@云う間に辿り着きます。

P8010119
【写真上】道の駅.箱根より、芦ノ湖を眺む。
此処迄近づいて、やっと湖面が望めました。

P8010120
【写真上】道の駅から国道一号線を進むと、左手に旧街道の入口。
挟石坂~向坂の旧街道、500m程の短い石畳区間です。

P8010122
【写真上】旧街道と云えば「石畳」。
硬い、滑る、丸い、と走るには難儀な足場。

P8010124
【写真上】箱根町港到着、この日は此処で走り止め。
フィニッシュ地点は何処でも良かったのですが、折角なので箱根駅伝.往路のゴール地点に合わせる事に致しました。

P8010126
【写真上】箱根町港の停留所よりバス乗車。
箱根湯本駅へ戻って温泉です、あー疲れた。

因みにこの日のスタッツはtime8:08:22 DST35.82㎞ (㎞/13:38)。
序盤に1㎞程ルートミスしてしまったので、実質距離は35㎞弱と云った所処でしょう。

当初の予定では鷹巣山.湯坂山を経て箱根湯本駅へと戻る環状走のプランでしたが、中間地点の乙女峠で13:40過ぎ(グロス5:22:35/ネット6時間強)。
進捗具合からしてもゴールは19時前後になってしまいます。
ヘッドライト不所持でしたのでループラウンドは諦め、馬蹄縦走/芦ノ湖でフィニッシュする事と致しました。

敗因は初踏破のコースで実地知識が無かったと云うのが一つ。
標高差だけを見て、多少舐めて掛かってしまいました。
思っていた以上に細かいアップダウンが多く、高低差以上に小ピークの上り返しが多いと云うのが感想です。
もう一つは当日の天候、朝の時点で30℃近い炎天で、日中マストも34℃位。
体力の消耗度合が激しく、平坦区間でのベースアップ進捗が捗りませんでした。

そんな訳で「箱根湯本to箱根湯本/外輪山一周」は、時期を空けて再度アタック。
秋以降の涼しい季節、今度は時計回りでリマッチしたいと思います。
富士山や相模湾の眺望もちゃんと愛でたいですしね。

P8010128
【写真上】19:20、花街提灯と格子戸。
箱根湯本にて、♨上がりの後に一写。
箱根の見番って「弥次喜多の湯」の隣にあったんですね。

P8010130
【写真上】帰途の折、箱根湯本駅一写。
何にも空いてない時間(7:30)に着いて、何にも空いてない時間(19:30)に戻る。
まぁ基本的に夜の早い街、湯本駅前は17時過ぎるとシャッター通りになります。

とこんな感じの「箱根外輪山トレイルラン」四部作。
恐らく次回来るのは10月頃、今度はちゃんと一周走りたいと思います。
おしまい。

|

« ●「箱根外輪山」馬蹄縦走トレラン.その3 | Main | ●冬のプレミアムチケット »