« ●新月高原改め「安比高原」 | Main | ●「箱根外輪山」馬蹄縦走トレラン.その2 »

2014.08.04

●「箱根外輪山」馬蹄縦走トレラン.その1

えー、本日は八月一日のトレイルランリポート。
向かった先は箱根外輪山、意外や私め「初ハコネ」で御座います。。
まぁ「本格山行」「トレラン」以外にも、ハイキング/観光/温泉/二次元聖地巡礼なぞ兼ね備えたレジャースポット。
果たして「激混みなトレイルコース」と云うイメージが強いので、何と無く敬遠していた次第だったり致しまして。

ま、そんな訳で何と無く思い付きの走破決行。
「箱根外輪山トレイルラン」縦走記、その①になりまする。

P8010001
【写真上】早朝5:30、新宿より小田急急行にて箱根湯本へ。
以前沿線(経堂)に住んでいた頃の馴染みの電車、四年振り位の乗車です。
始発は歌舞伎町就業者(所謂飲食業.おミズ)の帰宅客で、想像以上の混雑具合。
これもある意味「ラッシュアワー」なんでしょうね。

P8010003
【写真上】7:30、箱根湯本駅到着。
四年前にフツーの観光で来て以来、久し振りのハコネです。

P8010004
【写真上】アヤナミさんのポスター。
箱根は相変わらず萌えているらしく…。

P8010006
【写真上】アップを済ませ、7:40にスタート。
縦走ルートは反時計回り、アップダウンがキツイ方のコースです。

P8010007
【写真上】湯本駅からガードを右に分け、阿弥陀寺へと向かいます。

P8010008_2
【写真上】湯本駅から1㎞弱、コンクリート道を上ります。
輪っかの滑り止めからお察しの通り、ソコソコ斜度のある坂道。

P8010009
【写真上】阿弥陀寺入口。
フォレストアドベンチャー箱根を右折、道なりに参道(女坂)を直進。
左横には正規の石階段参道(男坂)が平行しています。

P8010010
【写真上】参道入口から500m程、本堂通過。
本堂の裏手が塔ノ峰への登山路入口、此処からオフロードに入ります。

P8010011
【写真上】取り付きの山路。
暫くは露岩の散乱した竹林を進みます。

P8010014
【写真上】566mの低山にしては、足場の悪い岩場路。
序盤は悪路が続きますが、中腹以降は穏やかな檜林山路に変わります。

P8010015
【写真上】塔ノ峰通過。
駅から山頂迄2.2㎞は上りっ放し、走れる区間は殆んどありません。

P8010018
【写真上】塔ノ峰から芝生道を下ると、直ぐに車道。

P8010023
【写真上】車道を横断し、正面の山路取り付きに入りますが…。

P8010020
【写真上】途中から破線ルート的な藪路に。
如何やら明星ヶ岳方面のコースでは無いみたく、途中で気付き引き返しました。
往復1.2㎞.20分のロス、初走破のルートではたまに有る失敗です。

P8010024
【写真上】こっちが正しい登山口。
塔ノ峰を下りた所処から、舗装道を約900m進んだ場所にありました。
まぁメジャールートですから、案内標識の一つ位はある筈ですよね…。

P8010026

P8010027
【写真上.下】明星ヶ岳への上り山路、二写。
取り付きから早々に結構な急坂、直線的に高度が上がっていきます。
1000m未満の低山としては体力を要する登りでした。

P8010028
【写真上】嫌がらせ的なオブジェ。
登山口から明星ヶ岳迄は約2.6㎞、山路構成は序盤に急坂→中盤で落ち着いて→後半に再度上り、と云った感。

P8010029
【写真上】登山道より、箱根神山.駒ヶ岳を望む。
晴れ空ですが、山頂には畝笠雲が掛っています。
こりゃ富士山の展望も利かなさそう、まぁ夏だから仕方無いですね…。

P8010032
【写真上】中盤以降は少し走れる区間が現れます。
山頂直下の急坂が無いので、上に行く程楽な行程に感じました。

P8010033
【写真上】明星ヶ岳通過。(time2:00:19 7.51㎞)
山頂と云うよりは稜線途中の小ピークと云った感じ、表示板の隣には小さな鳥居と祠が祀られています。
前半でのルート間違いがあったので、予定よりも遅めの通過になりました。

と、行程序盤は殆んど上りのみ、トレランと云うより単なるトレッキング。
此処から明神ヶ岳~火打石岳間が今コースのハイライト区間になりまする。
そんな訳で「箱根外輪山縦走トレラン.その2」へ続く。

|

« ●新月高原改め「安比高原」 | Main | ●「箱根外輪山」馬蹄縦走トレラン.その2 »