« ●「南高尾山稜~奥高尾~相模湖トレラン」前篇 | Main | ●陽気止マリテ、初メテ退キ止マムトスレバ也 »

2014.08.27

●「南高尾山稜~奥高尾~相模湖トレラン」後篇

えー、月曜日は「南~奥高尾縦走トレラン」の続篇ログ。
高尾駅から南高尾山稜を経て大垂水峠を通過した後は、三ツ星メジャールートの奥高尾縦走路へ。
陣馬山から先は通過時間と疲労具合を鑑みてのプランニングと致しました。

そんな訳での山走記リポ「大垂水峠~陣馬山~+α」篇で御座います。

P8250043
【写真上】大垂水峠通過。
陸橋を横断、暫く檜林の上りを経て奥高尾縦走路へと向かいます。

P8250044
【写真上】大垂水峠、高尾側登山口の水場。
水量は少なめ、飲料に適しているのかは不明。
飲むにはチョット怖いので、顔とタオルを洗うのに止めときました。

P8250047
【写真上】途中分岐で「関東ふれあいの道」を外れ、一丁平方面へ。
だらだらとしたブッシュトレイルを上ります。

P8250048
【写真上】一丁平到着、展望台からの眺望。
正面丘陵は左に高塚山.右に石老山、左奥には薄らと三角山。

尚、此処から先は人口に膾炙した超メジャーコース。
従い写真/コメント共に割愛してリポートさせて頂きます。

P8250050
【写真上】一丁平から直ぐに小仏城山に到着。(2:16:14 12.95)
時間はこの時点で13:15、これなら醍醐丸/戸倉方面迄ギリギリ足を伸ばせそう。
山行プラン延長の目が出て来たので、ちゃっちゃと先を急ぎます。

P8250051
【写真上】城山からは下り一辺倒で小仏峠へ。
城山以降の主だったアップダウンは「城山↘小仏峠」「小仏峠↗景信山」程度。
斜度.距離ともに軽難易で然程の体力も要しません。

P8250052
【写真上】景信山通過。(2:39:37 15.08)
景信山頂で最初の固形食&疲労回復休憩。
しかし此処で手持ち水分が残り500mlを切ってしまいました。
この日の所持水は500ボトル×2(ミネラル)と500ボトル×1(ポカリ)と、ハイドレーション未使用の山行。
低山縦走と云え夏場にしてはストック少な過ぎ、舐めて掛かって失敗でした。
こりゃ陣馬の茶屋で補充するしかなさそうです…。

P8250053
【写真上】奥高尾縦走路、カチンコチンの山路一写。
人気ルートだけあって踏み跡はしっかり…、と云うかしっかりし過ぎ。
トレイルとは思えぬ路面の固められ方で、油断して走ってると着地の突き上げがビシバシ響きます。
しかもこの日は降雨後コンディションを配慮してラグの深いシューズチョイス(SALOMON/FELLRAISER)、推進力が得れずにスピードが上がり切りません。

P8250054
【写真上】明王峠通過。(3:13:14 18.77)
あとは陣馬山迄フラット基調の2㎞残し、もう着いたも同然です。

P8250055
【写真上】少し靄って参りました。
景信~陣馬間の5.7㎞区間はトレラン向きの緩勾配+平坦路。
巻き道も多いので、中級者レベルなら殆んど走りっ放しで大丈夫です。
但し前述の通り路面が固いので、下手な走り方をすると少し堪えるかも。

P8250057
【写真上】陣馬山到着。(3:33:27 20.80)
「富士見茶屋、閉まってる… (ガガーン)」

この日唯一にて最大の誤算。
此処は平日でも大抵開いており、この日も未だ夏休み期間だから大丈夫だろうと踏んでいたのですが…。
この時点で手持ち水分が60ml程度(写真参照)、山行延長もへったくれもありません。
もう陣馬高原下へ下りてフィニッシュするしか無いのですが、この日のシューズでは余り舗装道を走りたくありません。
思案の末、明王峠経由~与瀬神社ルートを使えば相模湖駅へは6㎞弱。
しかも殆んど平坦か下りトレイルで、汗を掻く(=喉が渇く)様な行程も無し。
そんな訳で休憩も程々に、下山に向けて走を進めるのでした。

P8250056_2
【写真上】例のアレ。
今更フツーに写してもアレなので、尻馬に撮ってみました。

P8250060
【写真上】陣馬山より、北西の眺望。
笹尾根の東端が僅かに覗ける程度。
天気同様に気持ちも曇り空、やる気もトーンダウンです。

P8250063_2
【写真上】そんな訳で再び明王峠へ。
此処から相模湖駅へは殆んど下りオンリーの4.0㎞。
まぁ勝手知ったるコースなので、二口程度の水でも何とかなりそうです。

P8250066
【写真上】明王峠~与瀬神社コース、中盤の山路一写。
栃谷林道を横切り、暫く下った所処にある大平小屋からがこのルートのハイライト。
約1.5㎞の快適なフラットトレイルが続きます。
此処は何時走っても気持ちのイイ区間、メンタルも少し上向いてきました。

P8250067
【写真上】ラス0.8㎞はややガレた中急斜面。
傾斜は然程では無いのですが、足場の悪さに加え狭幅.矮曲な九十九折。
此処を走れる方は上級ランナーと云って良い、テクニカルな区画です。

P8250069
【写真上】与瀬神社通過、最後の急石段。
足滑らせて落ちると、命無さそうです。

P8250070
【写真上】与瀬神社前、高架踊り場より相模湖を望む。
この先500mの相模湖駅でフィニッシュ、スタッツは以下の通りとなりました。
time/4:35:40 DST/28.03㎞ (av9:50/㎞)

水さえあれば陣馬山から「和田峠~醍醐丸~吊尾根~臼杵山~グミ尾根~瀬尾の湯(約3時間)」と云う行程だったのですが、自らの不首尾ですから仕方ありません。
ま、「余力残しで終えて良かった」と云う事で。

P8250071
【写真上】18:25、相模湖駅より帰投。
山走後はバスにてプレジャーフォレストへ。
さがみ湖温泉「うるり」にて汗を流し、帰途へと着きました。

と、こんな感じの「南高尾~奥高尾縦走」。
雲取山の代替山行なものですから正直物足りなさは残ったものの、自宅でグータラしているよりは充実した一日が過ごせました。
次回このエリアに来る機会があれば、八王子城跡/北高尾をくっつけての環状走でもしてみたいと思います。

18114_5【画像左】おまけ、相模湖駅で真っ先に買ったもの。
上記理由で喉カラカラ、兎に角先ずは水分です。
「グビグビ飲めて」
「炭酸飲料じゃなく」
「スポーツドリングより少し甘めで」
「かと云って余りクドくなく」
で、自販機でチョイスしたのがコレで御座います。

一時間程度とは云え殆んど「水絶ち」状態だったので美味甘露何のって、@云う間に「瞬殺」です。
今年飲んだ飲料(アルコール除く)の中では、ぶっちぎり一等賞な美味しさでした。

因みに決済方法は、スイカジュースだけあって「SUICA」にて。
ちゃんちゃん。

|

« ●「南高尾山稜~奥高尾~相模湖トレラン」前篇 | Main | ●陽気止マリテ、初メテ退キ止マムトスレバ也 »