« ●2014/秋冬「走活エントリー確定」 | Main | ●「ハセツネ30K+金比羅尾根縦走」トレラン.前篇 »

2014.08.31

●祇園東「衣装合わせ」

扨、早いもので八月も残り二十数時間、間も無く夏も終わろうとしております。
今年は「残暑の余熱」も控え目にて、暦通りの初秋を迎えられそうにて

そんな季節替わりの折節、ミヤコからは早や「晩秋」の便り。
今秋「祇園をどり」、衣装合わせの知らせで御座います。
二ヶ月先の話とは云え、気付けば霜月も直ぐにやってくるものでしょう。

と云う訳で、2014年「葉月つごもり」のエントリーは「秋華」の話柄でした、とさ。

20140829213349gion003襖絵巡る秋の舞へ 
祇園をどり衣装合わせ

京の花街の一つ、祇園東の舞踊公演「祇園をどり」(11月1~10日)の衣装合わせが29日、公演会場となる京都市東山区の祇園会館であった。京都の襖絵を題材にした舞台で、プログラム用の写真撮影に臨んだ芸舞妓たちが、あでやかな衣装を披露した。
57回目を迎える今年の演目は「濃彩京襖絵」で全6景。舞妓が京都の寺や城が所有する有名な襖絵を見て回る設定で、古典を織り交ぜて舞台を繰り広げる。
第1景「牡丹図」では、大覚寺の襖絵を題材に、ボタンの花を手にした獅子の精による舞を披露する。毘沙門堂の「梅花禽鳥図」、永観堂(禅林寺)の長谷川等伯による「波濤図」、天球院の「朝顔図」、二条城の「桜花図」を取り上げた舞台が展開され、第6景の「祇園東小唄」で華々しくフィナーレを迎える。
初舞台となる宮崎県出身の舞妓、叶紘さん(15)は「小学生の頃からのあこがれの場所に立つことができてドキドキしていますが、稽古に一層励みます」と話した。
午後1時半と4時の2回公演。観覧料4千円(茶席付4500円)。祇園東歌舞会TEL075(561)0224。

|

« ●2014/秋冬「走活エントリー確定」 | Main | ●「ハセツネ30K+金比羅尾根縦走」トレラン.前篇 »