« ●祇園東「衣装合わせ」 | Main | ●「ハセツネ30K+金比羅尾根縦走」トレラン.中篇 »

2014.08.31

●「ハセツネ30K+金比羅尾根縦走」トレラン.前篇

えー、早いもので八月も「マジック1」。
長かった夏休みも本日にてお終い、暦上でも2014夏.終幕で御座います。

そんな晩夏雨間の日曜日、私めは例に由ってのトレラン山行。
今回は「ハセツネ30K」コースをタイムトライアルした後、「金比羅尾根~日ノ出山.つるつる温泉」を縦走して参りました。

今回このコースを選んだ理由と云うのは、おニューのトレランシューズ「試運転」。
丁度ロード走の適正を試したかった所処なので、ハセツネ30Kはお誂え向きのテストコースだったりするのです。
只、「半分以上が舗装道/林道」てのも走り甲斐と面白味に欠けるので、快適ダートトラックの金比羅尾根を加えたのでした。

そんな訳での山走記その①、「武蔵五日市駅~篠窪峠」篇で御座います。

P8310002
【写真上】7:10、武蔵五日市駅スタート。
ハセツネ絡みのコースを使う時は大体此処が基点になります。
流石に都心からの始発電車ですから、ハイカーの姿も疎らでした。

P8310003
【写真上】駅前より檜原街道を西進。
ハセツネ30Kの正規スタート地点は秋川リバーシオ(旧青少年旅行村)か広徳寺ですが、其処まで行くのも面倒。
武蔵五日市駅から向かうのも殆んど同じ距離なので、端折っちゃいます。

P8310005

P8310006
【写真上】檜原街道から沢戸橋.新久保河原橋を通過。
小中野の三差路(黒茶屋)を左に分け、秋川を越え刈寄山方面に向かいます。
ノープランだと迷い易いかも知れませんが、下調べしておけば問題無いレベル。
刈寄林道迄は「Googleストリートビュー」も網羅してくれていますしね。

P8310007
【写真上】刈寄林道。
渓流沿いに進むマイナスイオン満喫の林道、登山口へは一本道なのでルートミスの心配はありません。
だらだらと緩い上りが続くも、後半は少し傾斜が強くなります。

P8310008
【写真上】刈寄山登山口通過。(time27:01 4.63㎞ )
右手の採掘場入口から上るのが2014年大会からの新ルート。
但し平時は立ち入り不可なので、正面の登山道(2013年迄の正規ルート)から山頂を目指します。

と、此処迄の入りが「ハセツネ30K」レース最大のキモ。
ロードのスプリントに自信が無い方は刈寄山の上りで鬼渋滞に捕まる事必至です。
一般的にはスタートから登山口迄を㎞/4:30アンダーで通過すれば渋滞回避出来ると云われてますが、一般ランナーにとっては結構厳しいクリアライン。
平坦コースならハーフ90分前後の持ちタイムでクリア可能も、刈寄林道はずーっと上り基調なのでそのレベルでは正直難しいかと。
少しハードルを下げてスタート~新久保河原橋迄を「㎞/4分前後」、刈寄林道の上りを「㎞/4分後半~5分前半」に粘る位のペースが現実的だと思われます。
そうすれば刈寄登山口迄を㎞/4:40~50に纏められるでしょう。

P8310009
【写真上】登山路に入って直ぐに水場。
嗚呼、何て冷たくて美味しそう…。
しかしこの時点では必要ありませんのでスルーします。

P8310011
【写真上】涼しげな渓流に沿って上ります。
途中、二度程沢渡り有り。

P8310012
【写真上】刈寄山へ向かう上り山路。
渓流から山腹を経て、やっと尾根筋が見えて参りました。
因みにこのルートは地図上では破線ルートですが、意外としっかりした道筋。
ルートファインディングの必要は全くありません。

P8310013
【写真上】刈寄山直下の木の根急坂。
尾根に出て暫くすると出現、この上りが5分程続きます。

P8310015
【写真上】刈寄山頂。
登山口より20分強で登頂、レース本線では踏まないので遠目から撮影。
先は長いのでちゃっちゃと通り過ぎます。

P8310019
【写真上】入山峠通過。(time55:23 5.15㎞)
刈寄山頂から下って直ぐに到着、本番の際の第一CP。
左手の舗装道を進みます。

P8310020
【写真上】入山峠の林道入口。
このゲートを越えて盆堀林道へと入ります。

P8310021

P8310024
【写真上】盆堀林道は下り一辺倒のワインディングロード。
うねうねと曲がりくねった箇所が多いですが、急勾配と云う程では無し。
スピード調整も容易で、思っているペースでピッチを刻んでいけます。

P8310022
【写真上】盆堀林道より、東側の眺望。
途中、左手に視界の開けた箇所があります。

P8310026
【写真上】森久保分岐(弾左衛門ノ峰登山口)通過。(time1:16:28 9.51㎞)
小橋を渡ると醍醐林道とのT字路、入山峠から標高を下げる事320m(600m→280m)。
4.4㎞続いた下りも此処迄、今度は逆に長~いヒルクライムが待っています。

P8310028
【写真上】森久保分岐を右折、醍醐林道を西進。
此処からは一転、延々と続く上り坂。
序~中盤の村落区間は無理せずラン出来るレベル、左手を流れる醍醐川が見えなくなる辺りから勾配が強くなっていきます。
因みに森久保分岐/280m→篠窪峠/745mと、5㎞で465mの高度アップ。

P8310030
【写真上】山村集落を越えると、Rの大きいカーブが連続します。
森久保分岐から2.8㎞地点以降、次第に上り勾配が強くなって参ります。
走れない程の鬼坂ではありませんが、ペースは目に見えて鈍化。

因みに森久保分岐から篠窪峠.仮設登山口迄は約5㎞。
ハセツネ32Kの試走ランナーも、此処の取り付きを見落として苦労される方が多いみたいなので、迷わない様に見つけ方の細かい案内写真を貼っておきます。

P8310032
【写真上】①4.5㎞を越えた辺り。
林道左側のガードレールが途切れて無くなります。

P8310033
【写真上】②直ぐに目印3つ。
・伐採された丸太檜がゴロゴロ。
・交通警戒標識「すべりやすい」「警笛鳴らせ」のペア。
・奥にはトラ柵が一基。
黄色の交通標識は他所でも見られますが、これだけのセット配置は此処だけです。

P8310034
【写真上】③その直ぐ先に、交通警戒標識「路肩注意」。
奥には枝無しの裸丸太が屹立。

P8310035
【写真上】④上掲写真の斜め前(進路右手)に、篠窪峠.仮設登山口(跡)。
はい、無事発見出来ました。
此処は非正規の登山路、大会時期以外は荒れるが儘にほったらかし。
まぁ「ぱっと見た」だけじゃ、とてもトレイルヘッドとは解りませんよね。

因みにこれより先のハセ30正規ルートは、殆んど何の目印も無い「路無き路」を延々と藪漕ぎして行きます。
正直、余程の物好きじゃ無い限りはこのまま直進して和田峠から醍醐丸へ向かった方が賢明かと思われます、と云うかそうして下さい。

そんな訳でこの後続篇は、また明日にでも。
つづく。

|

« ●祇園東「衣装合わせ」 | Main | ●「ハセツネ30K+金比羅尾根縦走」トレラン.中篇 »