« ●山走靴インプレッション「ASICS/GEL-FUJI ATTACK3」 | Main | ●「蚊の一刺し」 »

2014.09.05

●山走靴インプレッション「MONTRAIL/BAJADA」

えー、本日もトレイルランの「靴ネタ」、三部作の三。
私めが愛用しているトレランシューズは現在三足。
コースやディスタンス、ウェザーコンディションに応じて履き分けておりまする。

昨年迄は主戦シューズ一本で全てを賄っていたのですが、用途別に使い分けた方が機能面で効率的ですし、経済的にも却ってお得。
しかも適度に気分転換も図れるものですから、良い事尽くめだったり致します。

そんな訳で現在使用中のトレランシューズ、インプレッションその③になりまする。
Bajada_y_5

・MONTRAIL/バハダ weight:309g drop:10mm/20mm (26.5㎝)

「弱点無し、迷った時はコレをチョイス」

いゃあ、本当に良く出来たラグジュアリーなトレラン靴。
一言で説明するなら「全方位にバランスの良いオーソドックスなシューズ、しかもハイレベルで上手くまとまっている」、てな感じでしょうか。
私め不動の主戦シューズ、既に2本履き潰して現在3足目となっています。

尚、バハダのインプレは過去に記述済ですので省略致しますが(http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2013/09/new-gear-18a2.html)、簡単に長所を挙げるとしたら以下の四点でしょうか。
・距離が伸びる程に有難味を感じる、過不足の無い緩衝性能。
・抜群の走行安定性とクッション、しかも重量や推進力を犠牲にしていない。
・ロードからマッドトレイル迄、一通り何でもイケる引き出しの多さ。
・入門者からプロ迄、ユーザーレベルを選ばない懐の深さ。

まぁ余程走りの嗜好が変わるか上位互換のハイスペック靴が出てこない限り、当分はこのバハダが私めのベンチマークシューズ。
スプリントのトレイルレースにこそやや適正が落ちますが、基本的に「距離」「路面状況」不問のスペシャルゼネラリスト的トレラン靴。
一見頼りなさげな「ミッキーマウス」パターンのラグ、これが意外と効くんですよね。

個人的にはロングを踏みたいけどイマイチ自信の無いランナー、及び本格的にトレランを志す山走女子にお勧め。
文字通り「レベルアップシューズ」「シンデレラシューズ」となってくれるでしょう。

因みに上掲写真上が昨季の斑尾イエロー、下が今季の斑尾イエロー「シャドー」。
如何見ても1stモデルの方が映えるカラーリングなんですけど…。
そろそろ次回の購入頃には、旧モデル無くなってるかなぁ。

|

« ●山走靴インプレッション「ASICS/GEL-FUJI ATTACK3」 | Main | ●「蚊の一刺し」 »