« ●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その④ | Main | ●「越後湯沢秋桜」前日 »

2014.09.26

●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その⑤

えー、先日日曜日の「裏丹」トレイルラン山行記、続々々々篇にて最終回。
丹沢三峰から丹.塔.蛭のメジャー三山を経て、更に丹沢主脈を北進。
姫次を過ぎ黍殻山.焼山へと向かいました。

そんな訳でのトレランリポ、その⑤「黍殻山~西野々(+α)」篇になりまする。

P9210160_700x525
【写真上】黍殻山への登頂路と巻き道の分岐。
大平分岐から数十mの位置、取敢えず踏めるピークは全部登っときます。

P9210162_700x525
【写真上】黍殻山通過。
短い距離ながら急斜のザレ場を上り切ると黍殻山頂。
生態系保護の柵に守られた いたずら防止の柵に囲われているのは無人雨量計。
しかしこれ以外、ベンチの類は元より山名標すらありません。

尚、焼山方面からのアプローチの方が、「ガレた細尾根」「踏み跡不明瞭」と一部難路とになっています。

P9210164_525x700

P9210166_525x700
【写真上.下】黍殻山を下山、縦走路に合流。
引き続き至極のトレランコース。
大平分岐の水場と黍殻山ピークを無視してしまえば、姫次からは高速トレイル「走りっ放し」です。

P9210168_700x525
【写真上】そんなこんなで直ぐに焼山到着。(time5:45:38 27.34㎞)
主脈縦走路を走っているうち、「軽い起伏があるな」と思ったらそこが焼山。
低山とは云え一応1000m超なのですが、文字通り「ピーク感ゼロ」でした。

P9210169_525x700
【写真上】焼山山頂に立つ送電鉄塔。
…では無く「見晴らし台」。
「何とかと煙」宜しく、一応上ってみる事に。

P9210172_700x525
【写真上】見晴らし台より、南東の眺望。
中央左右に伸びるのは丹沢三峰より宮ケ瀬湖へと伸びる稜線。
手前の一段低い尾根筋は、右より大沢ノ頭.水無ノ頭.高指峰、そして「松茸山」。
嗚呼、何て美味しそうな山でしょう。

P9210171_700x525
【写真上】同.構図を左にずらして真東の眺望。
宮ケ瀬湖向こうに並ぶ三つコブの丘陵地。
右には高取.仏果山、真ん中は南山、左は仙洞寺山を中心とした低山山地帯。
一応、丹沢山塊と呼ばれる地域は此処迄です。

P9210173_700x525
【写真上】少し寄り気味に宮ケ瀬湖.一写。
山向こうには相模原.厚木の市街地も望めます。
空気の冴えた冬場なら、関東平野がもっとくっきり見られる事でしょう。

P9210174_525x700
【写真上】見晴らし台上部より階下を見遣る。
螺旋階段下りるの、チョット怖かったです。

焼山に着いたのが15時前。
体力的には余力残し、この儘下山しても良かったのですが残りは下りの3.5㎞。
ゆっくり見積もってもフィニッシュの西野々バス停迄50分掛りません。
しかし其処でネックになるのが帰路のバス時間、時刻表は16:38の一本のみで余り早く着き過ぎても暇を持て余してしまいます。

そんな訳で残っていた固形食を摂り、紫煙一服して時間調整。
30分後、弛緩した気持ちを引き締め「丹沢主脈フィナーレパート」突入です。

P9210178_525x700
【写真上】焼山からの下りトレイル。
それ迄の微~緩勾配下りから一転、一気に高度を下げるザレ急坂となります。
前ログ「姫次~大平分岐」で調子に乗った走りをしていたので、此処で一気に膝にきてしまいました。

P9210179_525x700
【写真上】しかも路表がコレ。
傾斜が緩くなると、今度は硬い石路面が目立ち始めます。
嗚呼、檜林の柔らかなダートトラックが懐かしい…。

P9210180_525x700
【写真上】更に終盤にはコレ。
アスファルトやコンクリートよりも膝に堪える「石畳」。
うーん、何の嫌がらせでしょうか…。

P9210181_700x525
【写真上】石畳の道を終えると程無くして最後の分岐。
どっちに行っても距離は同じなので、オフロードの長い方(西野々)を選びます。

P9210182_700x525
【写真上】鹿除けフェンスを越えて登山道は終了。
砂利道林道の終点(往路の場合は始点)、此処からは舗装道です。
娑婆、否々下界に戻って参りました。

P9210183_700x525
【写真上】あとは西野々の集落を通り過ぎ、国道413号線へ。

P9210184_700x525
【写真上】国道に出ると直ぐ左手に西野々BS、フィニッシュ。
時計を見ると16:02、概ね予定通りの到着時刻です。
因みにスタッツは以下の通りとなりました。
走破タイム6:23:23 走破距離30.82㎞(㎞/12:26) 累計標高2851m

尚この西野々バス停(神奈川中央交通:西野々系統)、帰途時間に対応したバス時刻は平日の場合16:38「一本のみ」。
しかもコレが最終なので、乗り遅れるとエラい事になるのでして。
従い「踏破タイムソコソコ読めて」「体力に自信があって」「山行経験がそれなり以上」のハイかー/ランナー以外は、こっち側をゴールにしない方が賢明です。

P9210186_525x700
【写真上】17:15、津久井湖上流の道志橋にて。
一時間後、何故か国道412号線を走っている私め。

西野々からは終点の三ヶ木バスターミナルで相模湖方面へのバスを乗り継ぎ、プレジャーフォレスト「さがみ湖温泉 うるり」で♨タイムの予定でした。
しかし次発バスの時刻は一時間後…、かったるくて待ってられません。

どっかで時間潰そうかとウロウロしていると、目に留まったのが交差点の交通標識。
三ヶ木から相模湖迄は約7㎞と表示されています。
「それならプレジャーフォレスト迄は長くても4㎞かな」。

そんな顛末で、急遽ロードラン決行。
㎞/5:00ペースのクールダウン走に勤しんでいるのでした。

P9210187_525x700
【写真上】石老山登山口。
此処迄来ればプレジャーフォレストは目と鼻の先。
しかしこのコース、実はロードトレで三日前に走ったばかりなんですよね…。

P9210188_700x525
【写真上】17:37、プレジャーフォレスト到着。
本日の「走活」はコレで本当に終了。
因みに三ヶ木~プレジャーフォレスト間は3.8㎞/20:29、まぁバス使うより30分以上早く着いたので良しとしましょう。

と、こんな感じの「丹沢三峰~丹沢主脈縦走トレラン(+α)」五部作。
丹沢には年内にもう一回走りに行く予定なので、同エリアに就いてのトレラン総評はその際にでも。
おしまい。

|

« ●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その④ | Main | ●「越後湯沢秋桜」前日 »