« ●「また会う日を楽しみに」 | Main | ●爽秋「山日和」 »

2014.09.20

●ヨルにヒルを憂う

えー、只今22時をちょい過ぎたサタデーナイト。
愛用のアルテメットデレクションに、山行荷物を詰め込んでいる私めで御座います。

因みに明日のトレイルコースは二年振りとなる丹沢山塊。
宮ケ瀬から丹沢三峰~主脈裏丹縦走、30㎞ちょいのプランを組んでいます。

しかし此処数日「曇り/小雨」の繰り返す空模様、心配なのはヤマビルちゃん被害。
何せ丹沢は国内ハイク/トレックエリアでも名うての山蛭繁殖地帯、もうちょい乾季になってから訪れるのがベストなのですが、結局そんな事を云ってて去年は一度も往かず終いでした。
第一首都圏の降水量は梅雨期より秋期の方が多いのですから、好天続きを待っていても埒があきません。

そんな訳で多少の「流血」は覚悟の上で、明日のトレラン決行と致しました。

140920_220856
私めの細やかな「対ヒル」対策。
消毒用エタノールを50mlスプレーボトルに移し替え、二時間毎に吹き掛けています。
あとは「鞍部では絶対に立ち止まらない」「ブッシュは極力避ける」「荷物は地べたに置かない」「なるべく梢枝の下は通らない」「皮膚露出部は定期的に注意する」。
そして一番効果的なのは、「ヒタスラ走り続ける」。
それでも噛まれたら、キズパワーパッドの上からテーピングして当座の出血だけは止めちゃいます。

扨果、無事に噛られる事無く帰ってこれるでしょうか。

|

« ●「また会う日を楽しみに」 | Main | ●爽秋「山日和」 »