« ●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その① | Main | ●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その③ »

2014.09.24

●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その②

えー、先日日曜日の「裏丹」トレイルラン山行記、続篇にて。
宮ケ瀬.三叉路登山口をスタートし丹沢三峰を踏破、丹沢山に到着後は寄り道がてらに塔ノ岳へと向かいました。

そんな訳でのトレランリポ、その②「瀬戸沢ノ頭~丹沢山⇔塔ノ岳」篇になりまする。

P9210048_480x640
【写真上】瀬戸沢ノ頭から丹沢山迄は1.2㎞程度。
「だらぁ~っ」とした緩やかな上り勾配、ブナ林を進みます。
丹沢山はどっちから登ってもあんまり「ピーク感」がありません。

P9210049_480x640
【写真上】丹沢メジャー路名物、木道。
コレが出て来たって事は、山頂も間近です。

因みに此処ら辺りでこの日初めてハイカーに遭遇、日曜日だと云うのに「宮ケ瀬湖から丹沢三峰」間は貸切でした。
まぁこのコースはどっちかと云うと下山ルートで使う事の方が多いみたいですしね。

P9210050_640x480
【写真上】山頂間近、南東の眺望。
右手に大山と大北山尾根を眺めつつ、歩を進めると…。

P9210051_640x480
【写真上】丹沢山(1567.1m)到着。(time2:34:14 10.36㎞)
取敢えず行程の1/3終了。
この儘蛭ヶ岳方面へ向かっても良いのですが「丹沢主脈縦走」と云うからには、起点はやっぱり塔ノ岳。
そんな訳で一旦行程を逆走、塔ノ岳へと走を進めました。

P9210052_640x480
【写真上】丹沢山頂より北西、不動ノ峰と蛭ヶ岳の眺望。
あっちには後から向かいます。

P9210054_640x480
【写真上】同.西方の遠望。
手前には左に檜岳と玄倉野山富士、右には同角山稜。
遠く富士南裾には愛鷹山塊、越前岳と位牌岳の特徴的な山容が覗えます。

P9210056_480x640
【写真上】丹沢山より塔ノ岳へと向かう木道。
丹沢山~日高間は山路の半分以上が木道か木階段。

P9210060_480x640
【写真上】木道/木段を過ぎるとササ路。
流石メジャールート、下刈もキレーに済ませてあります。

P9210063_640x480

P9210062_640x480
【写真上.下】龍ヶ馬場通過、南面の見晴らし。
日高.塔ノ岳が指呼に近づいて参りました。

P9210064_480x640
【写真上】龍ヶ馬場を下り切った鞍部より、眼前に望む日高。
丹沢山~塔ノ岳中間の小ピーク、まぁ「小丘」ってな感じです。

P9210065_480x640
【写真上】同.鞍部より西方の眺望。
眼下には箒杉沢、西丹沢の山並み向こうには薄らと霊峰富士。

P9210070_480x640
【写真上】塔ノ岳直下。
丸太階段をひと上りすれば塔ノ岳頂、丹沢山からは2.6㎞で直ぐの到着です。

P9210071_640x480
【写真上】塔ノ岳(1491m)到着。(time3:02:54 12.88㎞)。
表丹沢のジャンクション且つターゲットピーク、そしてエリア随一の人気山。
丹沢山塊の「玄関口」と云った所処でしょうか。

それにしてもイイ天気、見事な涼秋快晴に恵まれました。
想像以上のグッドロケーションの為、少し予定を早めて此処で固形食休憩を取る事に致しました。

P9210083_640x480
【写真上】西丹沢の山塊稜線の彼方に富士山。
この日は中腹に横雲が棚引き、「頭富士」と云った山姿でした。

P9210073_640x480
【写真上】山頂より北東の眺望。
丹沢山地最東端の高取山.仏果山.革籠石山越しに望む関東平野。

P9210074_640x480
【写真上】同.東南の眺望。
手前の木ノ又大日.新大日より三ノ塔へと続く表尾根。
中央に鎮座するはランドマーク大山。

P9210075_640x480
【写真上】同.南西の眺望。
大倉尾根.花立越しに望む相模湾。
丹沢山地南端の高松山ら丘陵地を挟んで、秦野市と小田原市街が望めます。

P9210084_640x480
【写真上】同.北西の眺望。
右より不動ノ峰、その奥に頂が顔を出す蛭ヶ岳。
中央に一段下がってミカゲ沢ノ頭と臼ヶ岳と続く稜線、、山間最奥に大室山を挟んで左に檜洞丸が望めます。

塔ノ岳最大の魅力は、何と云っても360度の「スーパーパノラマ」。
独立峰でも無い1500m級の山としては、珍しい程に全方位への展望が利きます。
登頂難度も然程では無くアプローチルートも多彩、ハイカーに人気なのも頷けます。

P9210081_640x480_2
【写真上】その上、ハッピーファインなこの天気。
しかも日曜日にも関わらず、この日の塔ノ岳はガラガラ。
11時時点で山頂滞在のハイカーは7~80人程度でした。
週間天気予報ではずーっとマーク、前々日でもマーク。
それが前日土曜日になって急遽に変わったものですから、皆さん予定を組んでおられなかったのでしょう。
あとトレイルランナーは時期的にみんな奥多摩(ハセツネ試走)でしょうしね。

P9210087_480x640
【写真上】日高山頂より、見返り塔ノ岳。
約30分の休憩から再び山行再開、丹沢主脈縦走のスタート。
んな訳で取敢えず丹沢山に戻ります。

P9210088_480x640
【写真上】龍ヶ馬場下の鞍部より、見返り日高。
丹沢山↔塔ノ岳の行程は何方からも大して変わりませんが、丹沢山からの方が下りの多い分少しだけ楽です。

P9210069_480x640
【写真上】も一つおまけでフジフォト。

P92100891_640x480
【写真上】再び丹沢山を通過。(time3:31:13 15.46㎞)
此処で山行予定距離の半分、まぁ大体予定通りの進捗ペース。
みやま山荘前の分岐を北進、蛭ヶ岳へと向かいます。

と、今日はこんな所処にて。
蛭ヶ岳~焼山~西野々の山行記は亦明日にでも、つづく。

|

« ●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その① | Main | ●「丹沢三峰~丹沢主脈縦走」裏丹トレラン.その③ »