« ●AUTUMN IN 「GALA湯沢」 | Main | ●路傍で拾った小ネタ »

2014.10.01

●「温習会」始まりました

扨、本日より「月替わり」「衣替え」、秋本番到来の10月がやって参りました。
此処トーキョーでも残夏の気配はすっかりと消え失せ、朝晩の肌寒さや淡青に棚引く鱗雲からは「秋立ツル」季趣を感じます。

一方私めの地元ミヤコでは、「気候」からよりも街を彩る歳時記から「目」で季節感を感じる方が早いもの。
例えば祇園町、幾分前から神無月仕様の提燈が花街の夜を灯している事でしょう。

そんな訳で当月よりミヤコ各花街「秋の演舞会」も順次開幕。
先鞭をつけるのは甲部「温習会」で御座います。
尚、下記事は27日「大ざらえ」の様子にて。

20140927133319gion_2花街の“華”秋本番 
京都・祇園甲部温習会「大ざらえ」

京の花街・祇園甲部の公演「温習会」(10月1日開幕)の稽古を仕上げる「大ざらえ」が27日、会場となる京都市東山区の祇園甲部歌舞練場であり、本番に向けて芸舞妓たちが舞台で動きを確認した。
温習会は、京舞井上流家元井上八千代さんの指導を受ける芸舞妓の稽古の成果を示す舞台で、毎秋開いている。今年は芸妓47人、舞妓23人など計92人が出演。地唄「袖の露」や清元「女車引」、上方唄「相模あま」など計10演目から日替わりで6演目を披露する。
公開された長唄「菊づくし」の稽古では、色とりどりの衣装を身にまとった舞妓たちが、曲に合わせてのびやかに舞った。指導した八千代さんは「舞台を通じて若い人たちのスキルがだんだん上がる。目標を持ってやってほしい」と話していた。
10月1~6日。午後4時開演。自由席4千円、指定席8千円。祇園甲部歌舞会TEL075(561)1115。
(文.写真共 京都新聞9/27
より)

|

« ●AUTUMN IN 「GALA湯沢」 | Main | ●路傍で拾った小ネタ »