« ●「小江戸川越ハーフ」速報 | Main | ●「小江戸川越ハーフマラソン 2014」中篇 »

2014.11.30

●「小江戸川越ハーフマラソン 2014」前篇

えー、本日は早朝より入間川の向こう「川越」へ。
今秋走活四戦目、「小江戸川越ハーフマラソン2014」に参加して参りました。

この大会は私めのお気に入りレースの一つ、5年連続5回目のエントリー。
同時にPB更を狙ってのターゲットレース、いざ勇躍の参戦で御座いまして。
そんな訳での大会リポ.その①になりまする。

1
【写真上】7:15、本川越駅到着。
「駅」だか「デパート」だか「ショッピングモール」だか、よー解らん建物。
西武線の大型駅は基本的にこのパターンが多いです。
輪行してきた愛機(チャリ)を組み立て、大会会場に向けて出立。

2
【写真上】川越西郵便局前にて、大会告知の横断幕。
大会開催の為、市周域幹線道路は午前中通行規制。
観光地「掻き入れ時」の日曜日にも関わらず、連雀町~札の辻~氷川神社のメインストリートをコースに組み入れる英断には只々感服.感謝です。

3
【写真上】水上公園付近より、富士山を眺む。
…筈だったのですが、前日の降雨も祟って今年は靄っぽい展望。
奥秩父の山影が薄らと見えるだけで、富嶽の姿は望めませんでした。

因みに↓は去年の写真、空気が冴えてるとこんな感じなんですけどね。
Pb240002

4
【写真上】水上公園通りにて。
スタート/フィニッシュ直前の地点、正面には大会会場の水上公園。

それにしても今年も良い天気
小江戸川越は晴天確率が滅茶高い、と云うか「100%(5/5)」晴れなのです。
只、今回は少し気温が高め(9時時点で12℃)、この時期としてはやや発汗量の多いレースとなってしまいました。

5
【写真上】公園正面入口、スタート地点。
スタート迄あと1時間ちょい、早く受付済ませてアップしよっと。

6
【写真上】同.ゴール地点。
今年はどれ位のタイムで此処を通り抜けれるのでしょうか。

7

8

9
【写真上】会場風景、三写。
結構なキャパを持つ水上公園ですが、至る所処人.人.人…。
流石参加者1万人を超える「準.マンモス大会」、大勢のランナーで賑わっています。

2010年の初開催こそ「トイレ数の不足」「誘導案内の不備」等、カナリ難ありの会場運営でしたが、翌年からは殆どの不具合が解消。
その辺りの反省点を生かす柔軟性は観光地だけあって流石です。
「川越まつり」「喜多院初大師」に代表される様に、ビックイベントの群衆を捌くのは慣れたもの。
元々ホスピタリティは確りしており、年々「グッド」な大会にになっています。

と云うか、レースアフターも含めたイベントの完成度は、最早数有るマラソン大会の中でも上位に位置すると評しても過言じゃありません。
昨年位からは「老舗レース」的な風格さえ漂い始めておりました。

12
【写真上】受付ブースは非常にスムーズ。
窓口数が多いので待ち時間も殆んど無しのストレスレス。
他大会に較べ中高生のボランティアが多いのもこの大会の特徴、地域ぐるみの歓迎感や一体感が伝わって参ります。

10

11
【写真上】飲食店と物販ブース。
「芋」やら「団子」やら「餃子の満州」やら、川越名物が多数出店。

13
【写真上】マラソン大会名物、WC「長蛇の列」。
公園内の至る場所に仮設トイレが設置されていましたが、矢張りある程度の待ち時間は避けられません。
まぁこれは運営面云々では無く、大会規模的に仕方無いものでしょう

Img_1101
【写真上】10㎞の部、スタート前風景。
ハーフの部に先んじて8:30より行われます。
10㎞の部のみでも4000名近いエントリー、これだけで中規模マラソン大会の参加者数レベルです。

と、こんな感じの「小江戸川越ハーフマラソン 2014」プロローグ。
レースリポ&大会雑感等は明日にでも。
つづく。

|

« ●「小江戸川越ハーフ」速報 | Main | ●「小江戸川越ハーフマラソン 2014」中篇 »