« ●2014/15「Season-in」 | Main | ●じょるじょぉぅ でゅぶっふぅ~ »

2014.11.20

●2014/15.プレ初滑り「狭山」

えー、昨日は朝方より電車乗り継ぎ所沢の西端へ。
サイタマの奥へ何しに行ったかと申しますと…。

「遂にこの日がやって参りました ⛷」。

毎年11月恒例、本格的なスキーシーズンを前にしての試運転。
「狭山スキー場.初滑り」で御座います。

思い起こせばGW前の「滑り納め」から始まった、長〜いオフシーズン。
この七ヶ月間「マラソンで鍛錬し」「トレイルランに勤しみ」「筋トレを怠らず」、日々オフトレに精進してきたのは全てスキーの為なのでして。

そんな訳で胸躍らせての「2014/2015.WINTER」、プレスタート。
7ヶ月振りの滑走記エントリーになりまする。

Img_0813
【写真上】10:25、西武球場前駅に到着。
年に1~2回、この時期にだけやって来る場所です。

Img_0845
【写真上】駅前より、西武ドーム一写。
球場周辺の広葉樹は散り初め、紅葉見聞にはチト遅かったみたいです。

Img_0816
【写真上】「狭山スキー場」到着。
駅から徒歩3分、首都圏在住の「スキーマッド」には御馴染みの場所ですね。

Img_0817
【写真上】入場ゲート前のエントランスより。
おお、滑ってる滑ってる。
嗚呼、もう「ウズウズ」「ワクワク」が止まりません。

御覧の様に狭山スキー場はゲレンデの最下部が地下一階、そこから地上に向かって約35mの高低差を付けたコース取りになっています。
従い旧SSAWSの様な高層建築で無くとも、ソコソコの斜度が取れるのでした。

Img_0818
【写真上】受付と着替えを済ませ、勇躍「ゲレンデイン」。
室内ゲレンデに響くスキーの滑走音、七ヶ月振りに聞く心地良い雪音色です。

Img_0827
【写真上】左側のリフト乗車。
左手は植樹林、右手は防暖カーテン、足元は人工芝マット。
最初の一本目は、何時も違和感全開の索道風景です。

Img_0831
【写真上】ゲレンデトップにて、ファーストラン前の一枚。
この時を以て、私めの「2014/15.スノーシーズン」が始まりました。

こうなると一日でも早くネイチャーゲレンデで滑りたいのですが、今季もシーズン出だしの積雪量は少ないらしく…。
一応は「かぐら」の予定ですが、雪次第では「竜王」「志賀/横手or熊の湯」も検討しています。

Img_0836
【写真上】右側リフトより、西武第二球場。
ファームの選手達が秋季キャンプ真只中。
リフトにからプロ野球の練習風景が見られるのは狭山位のものでしょう。

Img_0839
【写真上】左側リフト
乗車待ちは0~1分、平日の正午前後は大体こんなものです。
但し14時頃7からは来場者も少しづつ増え、時折2分程待つ事もありました。

Img_0840
【写真上】ゲレンデの混雑具合もこんなもの。
滑り出しが最大斜度(15゜)部分、そこから100m位は10°前後の斜面構成。
下半分は「ほぼフラット」に近い、緩斜面の一枚バーンです。
但しゲレンデ幅が狭いので、減速せずに滑り下りれるのは3本に1本くらい。

以上、最初の二本だけ撮影タイム。
あとは4時間ぶっ通しで「リフト∞ゲレンデ」の無限ループです。
ザラメの人工雪、緩い斜度、短い滑走距離…、そんな事は関係無し。
「やっぱり理屈抜きでスキーは楽しいね♥」

以下、毎年のコピペですが、今後狭山に行かれる方への参考迄。
簡単なゲレンデリポート、傾向と対策(平日版)になります。
①狙うなら10時からの最初の2時間か、17時以降ラス4時間。
この時間帯が最も空いてる時間帯、平日でも14~15時間は客入りピークです。
コース幅を使ったり多少の高速滑走を楽しみたいなら、上記の時間がベスト。
②雪質は人工雪にしては程々。
四月中旬の春スキーに慣れていれば、然程滑り難さはありません。
この日位の温度(正午で約12℃)なら降雨時の雪と同じで、却って板は走ります。
③四時間券で充分。
平日ならリフト待ちは0~3分程、乗車時間は2:30なので「∞ループ」していれば1時間に10~15本位は滑れます。
コース特性を考えれば、短期集中でダレる前に切り上げた方が良。
④滑走目的は、あくまで足慣らし。
斜度.コース幅や雪質から、細かいテクニカル要素を詰めるには不向き。
「重心位置」「左右のバランス」「滑走姿勢」など、勘を取り戻す程度でしょう。

と、こんな感じの今季初滑り。
ソコソコ雪上感覚も取り戻せた、充実の四時間でした。
あとは12月初旬迄に「マラソン大会×2」と「トレイルラン山行×2」を兼ねつつ、スキーシーズンへシフトチェンジ。
と云う訳で暫くは「アシックス(マラソン)/モントレイル(トレラン)/ラング(スキー)」と、三足の草鞋を履く日々です。

|

« ●2014/15「Season-in」 | Main | ●じょるじょぉぅ でゅぶっふぅ~ »