« ●2014帝都「秋.進行状況」 | Main | ●a run in the park »

2014.11.02

●「祇園をどり」はじまりました

えー、ミヤコ唯一の「秋をどり」にて秋季演舞会の末尾を飾るのは祇園東。
昨日より「祇園をどり」の開幕で御座います。

ミヤコ五花街の中では比較的「江戸歌舞伎流」の影響が色濃い流派。
「日舞なんぞは縁遠くて」なんて方にも楽しめる演目構成となっていますので、「をどり鑑賞」デビューの人にもお勧めです。

それに今月は一年を通して「をどり」舞うには打ってつけの時節。
何たって11月の異称は「神楽月」って云う位ですからね。

20141101211724gion襖絵と芸舞妓が美の競演 
京都・祇園をどり開幕

京の花街で深まる秋を彩る祇園東歌舞会の舞踊公演「祇園をどり」が1日、京都市東山区の祇園会館で始まった。社寺などの著名な襖絵をテーマに芸舞妓が華やかな舞台を繰り広げた。
57回目を迎えた今年の演題は「濃彩京襖絵」で全6景。それぞれの襖絵をモチーフにした背景画が舞台を飾った。大覚寺の「牡丹図」ではボタンの花を手に獅子の精が流麗に舞った。毘沙門堂の「梅花禽鳥図」、永観堂(禅林寺)の「波濤図」も演目となり、天球院の「朝顔図」では青と白のアサガオによる美の競演を表現した。二条城の「桜花図」では花見の席で舞妓が踊り、総踊りの「祇園東小唄」では真っ赤な紅葉が彩る舞台で優美にフィナーレを飾った。
10日まで。
午後1時半と4時の2回公演。観覧料4千円(茶席付き4500円)。祇園東歌舞会TEL075(561)0224。
(文.写真共 京都新聞11/1
より)

|

« ●2014帝都「秋.進行状況」 | Main | ●a run in the park »