« ●第一次白馬遠征.最終日 | Main | ●2014/15.六滑目「八方尾根」 »

2014.12.26

●2014/15.五滑目「八方尾根」

えー、昨夜四日間の「第一次白馬遠征」から帰って参りました私め。
と云う訳で、遅れ馳せながらの滑走リポ.エントリー。

遠征初日は12月22日、「八方尾根」篇で御座います。

0
【写真上】遠征初日のルーティン、細野諏訪神社にて。
取敢えず白馬の霜降宮さんで、四日間の安全滑走祈願。
尤も冬場は御覧の様に深雪の中、一の鳥居から社殿へと続く参道は1m近い積雪に埋もれています。
そんな訳で二の鳥居前から、軽く一礼のみ。

1
【写真上】7:30、ゴンドラ乗り場到着。
営業開始30分前ですが、既に15名程の先着「雪パカ」がおられます。
私めも板をデポして「駅チカ」で朝メシ&ブーツ装着、ウォームアップしながら待機。

2
【写真上】7:50、ゴンドラ営業開始10分前。
アダム運行は一応8時なのですが、大体7:50には営業スタートするのが「八方時間」。
多分昨夜からの大雪でパトロールさんの安全確認が手間取っているのでしょう。
…つー事は、期待以上の「朝イチパウダー」が待っていそうです。

3
【写真上】8:00、ゴンドラ乗車。
「定刻より10分遅れ」の「定刻通り」に運行スタート。
20014/15初の聖地.八方尾根、「行ってき~ます (^^♪」。

4
【写真上】ブレックファーストは勿論、朝イチリーゼン。
前夜からの降雪で、リーゼンの圧雪バーン上には15~20㎝の堆雪。
コース全面が「ふっかふか」浮遊感抜群のパウダー状態でした。
ノートラックの無人ロングコースを「うっひょー」っとノンストップ滑走。
早起きして行列作ったものだけが味わえる、至上の極楽タイムです。

4_2
【写真上】リーゼンクワッドより一写。
撮影には生憎の天気ですが、パウダージャンキーには極楽のコンディション。
しかし3本目ともなると多少モサって参りましたので、矛先を変えてセントラルの新雪喰いに向かう事と致しました。

6
【写真上】朝イチセントラル。
こんな日は、当然こっちも大当たり。
パノラマ上部の大町側から既に「膝上パウダー」、笑いが止まりません。
セントラルペア降り場からはノンストップ、白樺トップ迄一気のスノーサーフィン。
バーンの荒れた日には飛び込むのに躊躇する片斜急斜のセントラルも、約40㎝のパウダーで怖さを全く感じませんでした。

7
【写真上】9:00、再びリーゼンへ。
白馬にしては一寸重めの湿雪と云う事もあり、リーゼンは既に「モサ雪」状態。
10時過ぎ迄は「リーゼン×2→セントラル」のローテーションでリーゼンクワッド/ゴンドラ回ししておりました。

8
【写真上】10:20からは兎と狸でパウダー三昧。
兎平は約40㎝の深雪パウダー、滑走荒れも少なくまだまだ新雪が楽しめる状況。
写真はアルペンクワッド下の非圧雪ゾーン、植樹沿いには幾らかノートラックも残っておりました。

8_3
【写真上】兎平ゲレンデ。
しかし雪が深過ぎて、板を外すとエラい目に遭ってしまいます…。
至る所処で「板探し」に悪戦苦闘する姿を散見、更に下部では団体さん総掛かりで「発掘作業」真っ只中でした。

9
【写真上】発掘現場、その2。
板を見付けてもその後がまた大変。
突き刺さった板を引っ張り出すのも一苦労なら、ビンディング装着するのも一苦労。
こういうディープスノーでは、原則減速厳禁です。

11
【写真上】ソデグロ(狸平/兎平新コース)は更にスーパーパウダー。
場所によっては膝上迄ずっぽり埋まり、デモ板では可也難儀致しました。
正直、こんな雪ではボーダーさん/ファットスキーさんが羨ましく思えます。
因みにこのヘンな写真、大雪の所為でレンズカバーが開き切りらない為でして。

12
【写真上】兎に角この日は…、

13
【写真上】朝から夕迄…、

14
【写真上】ずーっとこんな感じの…、

15
【写真上】爆弾寒波、大雪状態…。
しかし寒さは意外と感じず、リフト乗車等に不都合はありませんでした。
まぁゲレンデの大敵「ガス」と「強風」さえ無ければ、スノーマッドは大概の事象に耐えられるのです。

16
【写真上】とは云いつつ、この天候では重宝するゴンドラ。
結局この日の使用リフトは「ゴンドラアダム」「リーゼンクワッド」「アルペンクワッド」の3本のみ、ロングレンジの高速索道で回しておりました。
兎に角、「兎平」と「セントラル」が面白過ぎ。
何と「黒菱~スカイライン」「たてっこ~オリンピックⅡ」方面に足を延ばさず終いの一日でした。

18

19
【写真上.下】午後のメインは再びセントラル回し。
滑走跡に「ドカドカ」と大雪が降り積もり、しかも滑走者は激減。
多少のギャップはあるものの、終日のパウダーバーン状態でした。
夕刻を前にして「胸被り」「顔被り」雪が味わえるなんて、嗚呼何て贅沢…。

Img_1511
【写真上】15:30、そして誰も居なくなったリーゼン。
14時を過ぎると雪の降り足は益々激しく、そして15時以降は徐々に薄暗さも増してまいりました。
そりゃ皆さん撤収しますよね…。

Img_1513
【写真上】ラストは白樺にて〆。
この時期はパノラマが早目にクローズ(15:45)するので、ラスは此処。
16時半のリフト営業終了で滑り納め、初日を終えたのでした。

とこんな感じの白馬遠征初日。
翌日のゲレンデも引き続き八方尾根となります。
つづく。

|

« ●第一次白馬遠征.最終日 | Main | ●2014/15.六滑目「八方尾根」 »