« ●2014/15.三滑目「シーズンイン.プロローグ」 | Main | ●「CMP-4110」届きました »

2014.12.11

●2014/15.三滑目&初滑り「かぐら」

えー、前日ログの続篇にて。
昨日は早朝より東京発越後湯沢迄。
2014/15シーズン屋外初滑り、かぐらスキー場に行って参りました。

今季は11月末の積雪具合が思わしく無く、例年より一週間遅めのかぐら行脚。
狭山スキー場に二度滑りに行ってはおりますか、まぁ精々足慣らし程度のもの。
実質これが今季の「1stラン」みたいなものでして。

そんな訳で、例に由っての滑走記になりまする。

Img_1229
【写真上】9:10、みつまたゲレンデ到着。
遂にやって来ましたね7ヶ月振りのゲレンデ \(^o^)/ウヒョーゥ。
先週末の寒波降雪が効いたのか、想像していた以上の堆雪具合。
もう「みつまた↔かぐら」を送迎バスで移動する心配は無さそうです。

Img_1235
【写真上】みつまた1高より、ロープウェー山頂駅を望む。
今季の「1stラン」は、みつまたファミリーコースで軽く試運転。
雪の感触を確かめながら、滑走感覚を思い出す様に楽しみました。

Img_1236
【写真上】9:30、かぐら1高にて一写。
みつまたを一本滑った後はゴンドラでかぐらエリアへ移動。
昨日は朝から青空の覗く冬晴れ気配、冷え込みも然程では無くリフトのフードも要らない位でした。

Img_1241
【写真上】で…、

Img_1243
【写真上】暫くは…、

Img_1237
【写真上】メインゲレンデ回しです。
前日にソコソコの降雪があったらしく、早い時間帯は絶好のバーンコンディション。
この時期のかぐらは人工雪由来のガリガリバーンが多いのですが、硬いベースの上にクッションの利いた天然雪がトッピングされた状態。
午前中はエッジの噛み具合も良く、高速ミドルターンが楽しめました。

Img_1245
【写真上】平日の割りには結構なゲスト数。
スタート~ランチタイム頃迄、1高のリフト待ちは概ね1、2分。
まぁこの時期近隣でオープンしているスキー場はかぐらだけ、従い12月三週目迄はスノーマッド「一極集中」現象が起こるのでして。

Img_1246
【写真上】田代エリアとの連絡路はクローズ。
予定では今日(12/11)、かぐらスキー場ゲレンデ全面オープン。
来るのが一日早過ぎたって所処です。
ま、向こう側はチャレンジコースとダイナミックコース位しか使わないので、さして痛手ではありません。

Img_1256
【写真上】かぐらメインゲレンデ、ミドル部より。
三国山脈~越後山脈のパノラマビュー。
昨日かぐらの天候は「時々時々のちのち」てな具合。
空が厚雲に覆われる時間帯もありましたが、基本的には太陽や青空が定期的に覗けるスキー日和。
そんな中でもゲレンデ東側の見晴らしは終日クリアな儘、国境線に聳える山々を見渡しながらのスキーイングが楽しめました。

Img_1257
【写真上】ゲレンデトップより、北東の眺望。
左より八海山.中ノ岳.越後駒ヶ岳の越後三山、中央右には巻機山。
八海山の手前には湯沢のランドマーク、飯士山も望めます。

Img_1259
【写真上】ゲレンデトップより、真東の眺望。
右よりオジカ沢ノ頭~谷川岳~一ノ倉山.茂倉山~武能山と連なる谷川連峰主脈、左最奥には笠ヶ岳.朝日岳の頂も窺えます。
目視では谷川岳のオキ/トマの双耳もはっきりと望めました。

Img_1262
【写真上】ゲレンデトップより、東南の眺望。
右より田代ゲレンデのランドマークとも云うべき平標山と仙ノ倉山、鞍部を経て万太郎山と大障子ノ頭。

Img_1263
【写真上】同.北面の眺望。
魚沼盆地と八海山の遥か向こうには、真白に冠雪した山並み。
福島.山形.新潟の国境に位置する飯豊連峰迄が見渡せました。

Img_1272
【写真上】ジャイアントコース.トップにて一写。
平標山を背景に田代湖。
ま、取敢えず御約束の構図と云う事で。

Img_1275
【写真上】ジャイアントコース。
パウダーは早い時間に食い散らかされており、「コブ未満」のギャップがもさもさした中途半端なコンディション。
雪付きの悪い急斜部分では、溝部に一部ブッシュも見られました。
写真は撮っていませんが、テクニカルコースも同様のコース状況でした。

Img_1266

Img_1267
【写真上.下】再びメインゲレンデへ。
ランチタイム頃になると滑走者も3割減。
この時間帯を逃す手は無く、猿の如くヒタスラ滑り続けます。
結局メシタイムを取ったのは13:30を回ってから、結局何時ものパターンになってしまいました。

Img_1291
【写真上】13:50、滑走再開。
14時前になると、メインゲレンデは一面日蔭に覆われます。
午前中は良好だったバーン状況もこの頃になると可也荒れてギャップだらけ。
しかも日蔭になり雪面起伏の確認し辛いフラットライト状態、更にバンピーさにも拍車が掛ったハードバーンと化していきます。

Img_1297
【写真上】でも結局リフト運転最終まで滑りっ放し。
シーズンスタートの1stラン、正直午後には背筋.臀部.下肢に疲労蓄積し捲り。
大腿筋は表裏共に「全面乳酸ストップ高」状態で、アイシーな急斜では板を押え込む事も難しくなって参りました。

Img_1310
【写真上】ラス30分はみつまたゲレンデ。
緩斜面でスピードを繋ぐトレーニング4本。
ゲストも少なかったのでクローチング組みながら、縦目のミドル~ロングでGSごっこやってました。

Img_1312
【写真上】16:50、みつまたベースにて。
この時間で辺りは真っ暗、暖かさからか軽く靄も発生しておりました。

と、こんな感じの天然ゲレンデ「今季初滑り」。
今月の滑走予定は「来週/かぐら」「再来週/白馬遠征」「年末/戸隠」の計8日。
これからシーズンオフ迄の五ヶ月間は、タイトな日々が続きそうです。

|

« ●2014/15.三滑目「シーズンイン.プロローグ」 | Main | ●「CMP-4110」届きました »