« ●「スーパーマリオ」引退 | Main | ●模様替え »

2015.03.14

●2014/15.三十一滑目「石打丸山」

えー、一昨日のスノートリップは、半月振りの越後湯沢行脚。
私めのデイリーユーズホームゲレンデ、「石打丸山」へと行って参りました。
折からの南岸低気圧の影響を受け、信越各スキー場はシーズンピークに逆戻りしたような空模様。
湯沢エリアでも「曇天」「豪雪」な天候となっておりました。

そんな訳での3/12、ゲレンデリポになりまする。

Img_4614
【写真上】8:20、ベースは何時も通りハツカ石。
早朝の気温は山麓で-2℃程度、結構ドカドカと降っておりました。
平日にしては珍しく、ハツカ石トリプルが定刻通り動き始めています。

Img_4620
【写真上】スーパーゲレンデで足慣らし3本。
やや硬めの下地には5~7㎝の新雪も、湿り気たっぷりの「湯沢雪」。
中斜レベルでは全くスピードに乗れませんが、まぁ贅沢云っても仕方ありません。
早朝時点では濃靄に覆われていたものの、次第にガスも引いて参りました。

Img_4621
【写真上】9:10、山頂ゲレンデへ。
この日も1stシュプール戴き、山麓に較べ積雪量は多めで標高の上がった分雪質も幾分良くなりました。
しかしガスは引いてきたものの、ゲレンデはブルーグレーのフラットライト。
目視では殆んど雪面状況の拾えないコンディションでした。

Img_4624
【写真上】9:50、ジャイアントコース。
リフト3ローテで食い散らかされた山頂ゲレンデに見切りを付け、こっちに移動。
ジャイアントはシュプールが数本あるも、新雪ラインが多く残っていました。

Img_4631

Img_4632

Img_4635
【写真上.中.下】そんな訳で暫く中央第3トリプル回し。
しかし写真だけ見るとまるでハイシーズンのゲレンデ風景、とても三月中旬の石打丸山とは思えません。

Img_4644
【写真上】10:40、観光口に移動。
山麓部迄下りてくると「もっさもさ」な悪軟雪化に拍車が掛ります。
板沈みは酷く、抜けも悪い新雪荒れバーン。
写真でも解る様に石打のゲレンデボトムは殆ど市街地と同じ高さ、標高250m程度なので致し方ありません。

Img_4654
【写真上】チロルゲレンデも「もっさもさ」「ぐっさぐさ」。
ノートラックラインの残るポピヒラーを数本滑って、再び山頂へと向かいます。

Img_4663
【写真上】12:10、山頂ゲレンデ…。
日中の気温上昇に伴い、山頂一面には濃ガス発生。
ホワイトアウトに近い状態で、視野は殆ど利きません。
結局この日の山頂ゲレンデは、夕刻迄こんなコンディションとなってしまいました。

Img_4666
【写真上】12:30、仕方無く大丸山ゲレンデへ。
この日の石打は湿重雪荒れで、ゲレンデ全面「もっさもさ」「ぐっさぐさ」。
そんな中、滑走者の多い大丸山と銀座ゲレンデは雪面が踏み固められ、比較的フラットなコンディションとなっていました。

御覧の様に写真映えしない天候なので、撮影は暫く中止。

Img_4667
【写真上】時間は飛んで15:10。
北方から次第に天候は良化、眼下には魚沼盆地が覗ける様になって参りました。

Img_4669
【写真上】しかしゲレンデトップは相変わらず…。
陽射しが見えるのは大丸山/パラダイスコース迄、山頂ゲレンデは御覧の通りです。

Img_4673
【写真上】15:50、チロルゲレンデにて。
ラス一時間を切って、淡青空が広がって参りました。
「遅いわい!!!」
あーあ、来る日を一日間違った。
こりゃ明日は絶好のスキー日和&ピステコンディションだな…。

Img_4676
【写真上】16:40、撤収。
そして恐らくこれが「2014/15シーズン.石打丸山」のラス一写。

例年に較べ積雪量は多いものの、如何せん「低標高」「湿潤雪」地帯の湯沢エリア。
三月に入ると、ゲレンデはトップ~ボトム問わず終日のザク雪となってしまいます。
しかも天気予報では、来週からは10℃を越える陽気+雨が続くとの事。
従い南岸低気圧が通過中の今週が狙い目&潮時、今回を以て「石打ファイナル」とする事に致しました。

今季の石打行脚は計6回、どっちかと云うと天候に恵まれないシーズンでしたね。

Img_4674
【写真上】おまけ.その①、感謝と惜別の念を込めて一写。
越後湯沢駅↔石打丸山ハツカ石を巡回するシャトルバス「ゆきだるま号」。
今季も大変お世話になりました。

Img_4680
【写真上】おまけ.その②、越後湯沢駅コンコースにて。
3月14日より金沢迄延伸、全線開業となる北陸新幹線。
この強力新インフラ完成により「首都圏~北陸方面」への移動手段は大きく様変わりし、これ迄プラットフォーム的役割を果たしていた越後湯沢駅には甚大な影響を及ぼす事となります。
越後湯沢-金沢を結ぶ主力路線だった「特急.はくたか号」も、この翌日(3/13)を以て運行廃止。
その別れを惜しむ様に、「はくたか号.記念グッズ」が販売されておりました。

と、こんな感じの「石打ラス滑」滑走記。
「サヨナラ石打丸山」、亦来シーズンね。

|

« ●「スーパーマリオ」引退 | Main | ●模様替え »