« ●2014/15.四十二滑目「ファイナル/かぐら」 | Main | ●「前言撤回」「勇躍北上」 »

2015.04.29

●「雪神巡礼」「若菜摘」「桜狩」

えー、私めの「2014/15.スノーシーズン」も一昨日にてラス滑(仮)となりました。
若しかしたら前言撤回、も一回滑りに行くかも知れませんが…。

所処でこの日はかぐら撤収/湯沢駅到着後、シーズン最終日の恒例ルーティン。
「雪国の観桜」と「山菜狩り」、そして「スキーの神様への御拶挨」。
今冬無事に滑れた事に対する、感謝の儀式に向かいました。

そんな訳で滑り納めし後の「終冬式」。
赴いた先は「布場スキー場」ゲレンデ山麓で御座います。

Img_6100
【写真上】いなもとさん前の紅八重枝垂。
湯沢温泉街の桜はソメイヨシノ.ヤマザクラ等、何れも散り初め~葉桜。
例年は丁度今頃が「満開」なのですが、今年は桜前線チョイ早めです。
シダレザクラはソメイヨシノに較べ開花遅めの分、未だ見頃を保っていました。

Img_6102
【写真上】今年もやって参りました、湯沢高原スキー場.布場ゲレンデ前。
湯沢駅から県道462号を北進約15分、道なりに進むと到着致します。

Img_6103
【写真上】布場スキー場、北端方面。
写真の中央奥が目的地、雪解けで足場の悪いゲレンデを斜行横断致します。

Img_6104
【写真上】朽ちた荒ら屋 小さな社が見えて参りました。

Img_6106
写真上】そんな訳で目的地、「湯沢スキー神社」さんに到着。
毎年同じ様なコメントなので文面省略、同社に就いては下記参照にして下さい。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/04/post-2000.html


お参りする内容も毎年一緒。
「今季も無事に過ごせ有難う御座いました(無事滑走御礼)」
「来年も沢山雪が降ります様に(大雪祈願.暖冬退散祈願)」
「来年も更に上達します様に(技能向上祈願)」

因みに賽銭箱はありませんので、詣納は社殿の中に放り込んでおりまする。

Img_6108
【写真上】社札と扁額と本坪。
こういったスキー神社は「やまがた赤倉温泉スキー場」「大鰐温泉スキー場」等にも御座いますが、日本一の宮.スキー神社は「妙高高原スキー神社」だそうです。
因みに「スキー安全御守」で有名な野沢温泉の湯澤神社さんは一般の村社で、スキー神社ではありません。

しかし折角の数少ない「スキー神社」なのに、掘立小屋同然に放置され対外アピールも殆んど無いのは凄く勿体無い気がします。
それこそ数多ゲレンデの所在する湯沢.南魚沼エリア、各スキー場と提携して「スキー安全御守ステッカー」でも販売すれば、社殿の改修費用位は直ぐに捻出出来ると思うのですが…。
如何ですかね、湯沢町観光協会さん。

Img_6112
【写真上】社殿より、南東一写。
散り初のソメイヨシノに斑雪のスキー場、遠景には残雪の三国山脈。
「雪国の春」風情を詰め込んだ様な景趣です。
望める山姿は左より、大源太山.七ツ小屋山.武能山.万太郎山。


Img_6109
【写真上】参詣を終えると、何故か祠裏の斜面をよじ登る私め。
その訳はと申しますと…。

Img_6110
【写真上】参詣目的その二、「こごみちゃん」。
スキー神社の裏手から県道土手にかけての山坂は「こごみ」の密生地。
日当たりの良い場所では伸びきってしまって「クサソテツ」と化してしまっていますが、日蔭斜面ではまだまだ食べ頃の幼葉が芽吹いています。

Img_6111
【写真上】今年も大量大漁。
これも毎年恒例のルーティン「若菜摘み」。
持ち帰って「天ぷら」「塩茹でして刺身」「同.マヨ醤油」なぞにして食べちゃいます。

こうして手にはビニール袋一杯の「春の滋味」。
シーズン終冬式を終え、小祠を後にするのでした。

Img_6122
【写真上】布場ゲレンデ前、湯沢高原の排水管土手のソメイヨシノ群。
此処の染井ちゃんは比較的花持ちの良い方でした。
ソメイヨシノは「咲き始める」のも早いですが「散り始める」のも早いです。

Img_6125
【写真上】布場幅下線の橋梁にて、ヤマザクラ一写。
ヤマザクラも花弁より新葉の方が多く目立ちます。

Img_6128
【写真上】「ロッヂ政エ門」前のオオヤマザクラ。
夕暮れの三国山脈を背景にしたこの構図、毎年撮っているお気に入りの風景。
残念ながらオオヤマザクラはもう殆んど葉桜となっていました。

Img_6129
【写真上】】「駒子の湯」にて、オオヤマザクラ。
此方のオオヤマサクラも、すっかりと葉桜。
因みにベニヤマザクラ(オオヤマザクラ)は湯沢町の「町花」。
湯沢駅周辺には植樹されたソメイヨシノが目に付きますが、少し温泉街を離れるとオオヤマザクラが多く見られます。

昨年は花見頃に恵まれた湯沢観桜逍遥、満開の様子はコチラです。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/04/post-7abb.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/04/post-d850.html

Img_6132
【写真上】湯治の後に、駒子の湯一写。
「雪神巡礼」「若菜摘」「桜狩」を終えて、滑走の疲れを癒すべく♨タイム。
湯殿を出る頃にはすっかり真っ暗となっていました。

この後は湯沢高原ロープウェー横の蕎麦屋で山菜を肴に打ち上げ麦酒。
湯沢駅からはたにがわで一眠り、東京駅に着いたのは22時前でした。
おしまい。

|

« ●2014/15.四十二滑目「ファイナル/かぐら」 | Main | ●「前言撤回」「勇躍北上」 »