« ●日曜日のパートナー | Main | ●「軽井沢ハーフ」速報 »

2015.05.16

●「五月、祭りのころいとをかし」

かくばかり あふ日のまれに なる人を いかがつらしと 思はざるべき
(古今.巻第十 物名 433/読人知らず)
人目ゆゑ のちにあふ日の はるけくは 我がつらきにや 思ひなされむ
(古今.巻第十 物名 434/読人知らず)

と云う訳で本日は、久~し振りに地元の話柄。
昨日のミヤコ鴨東は、「腰輿に揺られて賀茂の祭」。
斎王代発表から御禊儀、歩射神事、賀茂競馬、御蔭祭…。
約一ヶ月の前儀を経ての本祭催行、所謂「葵祭」と云うヤツで御座います。

「京都三大祭」なぞと云った謳い文句の為にその真義が曖昧になりがちですが、本来の立ち位置は「賀茂社.鴨社」の例祭にて由緒正しき勅祭。
「枕草子」「源氏」や「今昔」を始めとした古典にも、その既述は数多窺えます。
因みに冒頭の二首は古今より、諸葛(葵と桂)を詠み込んだ女男問答歌。

そんな訳で今年の「賀茂祭」。
「葵空」の好天に恵まれ、神事恙無く執り行われた様子です。

20150515121248aoi薫る若葉、平安絵巻華麗 京都で葵祭
京都三大祭りのトップを飾る葵祭が15日、若葉薫る京都市内で行われた。王朝装束の総勢511人、牛馬計40頭、長さ約800メートルの行列が、フタバアオイを揺らして都大路を進み、平安絵巻を再現した。
葵祭は下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)の例祭。正式には「賀茂祭」といい、「源氏物語」や「枕草子」にも登場する。
曇り空の下、行列は午前10時半に京都御所(上京区)の建礼門前を出発した。本列では、束帯姿の近衛使代が銀面をかぶらせた馬に乗り、牛車が水干姿の愛らしい牛童に引かれて進んだ。女人列は、命婦や采女と呼ばれる女官たちがあでやかな装束で歩き、華を添えた。十二単姿の60代目の斎王代白井優佐さん(26)=左京区出身=が乗る腰輿が近づくと、沿道から歓声が上がった。
行列は、下鴨神社を経て、午後3時半ごろに上賀茂神社に到着。腰輿を降りた斎王代が童女(わらわめ)を従えて優雅に参道を歩き、本殿前に進んだ。同神社で行われた「社頭の儀」では、天皇陛下の勅使が神に贈り物を供えた。
(文.写真共 京都新聞5/15
より)

|

« ●日曜日のパートナー | Main | ●「軽井沢ハーフ」速報 »