« ●「第6回 南魚沼グルメマラソン」中篇 | Main | ●「浦佐→東京」途中下車 »

2015.06.15

●「第6回 南魚沼グルメマラソン」後篇

えー、昨日参加の「南魚沼グルメマラソン」、続々篇ログ。
グルメブースにて食欲を満たした後は、ステージ前にてイベント見物です。

そんな訳での大会リポその③、「歌の巻」になりまする。

18
【写真上】食欲を満たした後は芝生大広間へ。
コシヒカリ大盛り三膳を平らげ、「満腹」「満喫」「満足」の三暗刻。
八海山ヴァイツェンをチビチビ飲りながら、イベントステージ前へと向かいます。

19

20
【写真上】芝生大広間風景.二写。
朝方の曇天模様とは打って変わっての青空、絶好のピクニックランチ日和。
「飲んだり」「食べたり」「寝たり」「ラヴラヴしたり」…。
レース後の疲れも相俟って、皆さん「緩~い感じ」で寛いでおられました。

21
【写真上】しかし…、

22
【写真上】辺りを見渡すと…、

23
【写真上】彼方此方に…、

24
【写真上】ミョーな出で立ちをした方々が…、

26
【写真上】わんさわんさと…、

25
【写真上】おられます…。
そう、南魚沼グルメマラソンの華(一部仇花)、「仮装ランナー」の方々。
別段探さなくても、会場内の至る所処でフツーに目にします。
その数もさることながら、非常に手の込んだ創意工夫と仮装衣装。
兎に角「南グル」のコスプレランナー 仮装ランナーはレベルが高いのです。

31
【写真上】仮装コンテスト特別賞、「パンクな方々」。
ステージ風景にジャストフィット、何かこれからフツーにライヴ始めそうですね。

30
【写真上】同じく特別賞、「南魚沼の花嫁」。
NSシャツの日焼け跡が、炎天の酷走レースを物語っています。

27
【写真上】仮装コンテスト第3位、「ゲラゲポー♪」。
ネタとしてはフツーですが、オリジナルと乖離した気持ち悪さとコスの完成度。
レルヒさんと並んでも、全く違和感ありません…。

28
【写真上】仮装コンテスト第2位、「梅干し」。
最早仮装と云うより「着ぐるみ」。
この姿でハーフ完走された根性には尊敬の念すら抱きます。

29
【写真上】仮装コンテスト第1位、「リアルふっかちゃん」。
南魚沼市と姉妹都市の深谷市ゆるきゃら、「ふっかちゃん」の人型バージョン。
これは発想の勝利ですね。

32
【写真上】表彰式を彩るゆるきゃら軍団。
左よりレルヒさん(新潟県代表.)、ふっかちゃん(深谷市代表)、こめつぐくん(南魚沼市代表)。
そんな訳で彼らがレースを走っていても、何ら違和感の無い「南グル」なのでした。

33
【写真上】残雪の八海山と越後駒ヶ岳。
スタート時には深靄に覆われていた越駒も、何時の間にか山容を現していました。

34
【写真上】イイ加減飲み過ぎたので、氷菓子で休憩。
かき氷なんぞ食したのなんて、何十年振りでしょう。
因みにシューズカラーに合わせてメロン味にした訳ではありません。

36
【写真上】13時からは「復興支援イベント~RUN FOR TOMORROW ~」
一般ランナーもフリーでステージに上り、大会ソング「RUN FOR TOMORROW」と「春よ 来い」を合唱します。
主催者と参加者の線引きを取っ払った大らかさも「南グル」ならでは。

37
【写真上】福田「シンガー&ランニングドクター」六花氏。(Vo&Gtr)
「走って」「弾いて」「唄って」「仕切って」と、タフな御仁で御座います。

38
【写真上】松任谷「カーグラフィックTV」正隆氏。(kb)
うーん、フツーのエロオヤジにしか見えません…。

39
【写真上】アンコールに「RUN FOR TOMORROW 」を唄って大円団。
この後もトークイベントやミニライヴ等、まだまだイベントは続きます。
しかし私めはそろそろ♨が恋しくなり、此処らで会場を後にする事に致しました。

41
【写真上】会場前にて、ラス一写。
撤収作業中のスタート看板、こー云うのを見ると「祭りの後」の寂しさを感じます。
そんな訳で「また来年ねっ」と。

以下、簡単に大会雑感。
開催6回目の新興大会にして、既に独自の個性を確立している異色(?)の大会。
「レースアフター」の満足度では最強の部類に入る大会と云って良いでしょう。
マラソン大会の枠に収まらない「グルメパーティ」のイベント力には只感服、地域特性&独自色が充分に生かされたグッドアイデアです。

各種表彰やミニライブ等、ステージを使ったイベントも程良い力の入れ具合。
良い按配での聴衆任せな「ユルい」雰囲気、でもツポの所処ではしっかり「乗せ」てくれますし、主催者.参加者の一体感も醸し出されています。

「走って」「食べて」「見て」「唄って」「聴いて」と、色んな角度から楽しめる最高のエンターテイメントマラソンイベントと云えるでしょう。
しかしマラソン大会なのにマラソン自体は下手すりゃ前座扱い(?)。
うーん、強烈過ぎる…。

と、こんな感じの「南魚沼グルメマラソン」三部作でした。
おしまい。

|

« ●「第6回 南魚沼グルメマラソン」中篇 | Main | ●「浦佐→東京」途中下車 »