« ●「お茶碗引換券」届きました | Main | ●2015.山走再開 »

2015.06.03

●「お稚児さん」決まりました

お稚児さんは、そりゃ偉いものなのです。

何たって「正五位下少将」。
平安律令の時世ならば、我々「地下の民」なぞとは別世界の「やんごとなき」御方
近世お武家さんの格付けに直しても十万石のお大名様なのです

と云う訳で今年の祇園祭、「お稚児さん」と「禿さん」が発表となりました。
角云う私め、此処三年「祇園さん」には御無沙汰。
恐らく今年も帰れそうにありません…。

「ミヤコの夏」、開幕迄あと一ヶ月足らず。

20150603184644naito長刀鉾稚児に内藤君、禿は山代君と原君 祇園祭
祇園祭の前祭の山鉾巡行(7月17日)で先頭を進む長刀鉾に乗る今年の稚児と禿(かむろ)が決まり、3日に長刀鉾保存会が発表した。
稚児は、左京区の松ケ崎小4年内藤颯大君(9)=染め呉服製造卸会社社長内藤弘之さん(55)の長男。弘之さんも1971年に稚児を務めた。
稚児を補佐する禿は、北区の同志社小2年山代惇史君(8)=印刷会社社長山代晃義さん(41)の次男=と、長岡京市のノートルダム学院小1年原一徳君(6)=飲食会社専務原匡史さん(46)の長男=が務める。
稚児の颯大君は、「巡行を頑張りたい。注連縄切りを見てかっこいいと思っていた」と話した。元稚児の弘之さんは「周囲に支えてもらい、体調を管理してほしい」とアドバイスしたという。2013年に兄悠史君が禿を務めた山代君は「お兄ちゃんがかっこよかった。やってみたかった」と話し、原君は「初めてのことですが、頑張りたいと思います」と意気込んだ。
稚児と禿は、お千度の儀(7月1日)や社参の儀(同13日)を経て、17日の巡行に臨む。
(文.写真共 京都新聞6/3
より)

|

« ●「お茶碗引換券」届きました | Main | ●2015.山走再開 »