« ●Invitation from the KAMEOKA | Main | ●「小菅村~三頭山~丹波山村」馬蹄縦走トレラン.その② »

2015.06.25

●「小菅村~三頭山~丹波山村」馬蹄縦走トレラン.その①

えー、先日は「梅雨の合間」のトレラン記。
山梨小菅村より牛ノ寝通りを伝い鶴峠~三頭山~ムロクボ尾根、陣屋から大寺.鹿倉山~丹波山村へと至る馬蹄縦走へと行って参りました。

Daibosatsu_4

今年二度目のトレラン山行と云う事で、距離(35㎞).標高(最頂約1530m)と、共にやや抑え目の山走プラン。
そんな訳での「南西奥多摩縦走トレラン」その①、小菅村~鶴峠編で御座います。

Img_6772
【写真上】7:30、奥多摩駅到着。
この日は梅雨のド真ん中にしては珍しく、早朝より快晴に恵まれました。
但しやっぱり湿度は高く、山走日和と云うにはチト蒸します…。

Img_6776
【写真上】8:25、小菅村役場BS到着。
昨秋の「牛ノ寝通り~大菩薩嶺~丹波大菩薩道」トレラン以来の小菅村。
その際、改装工事中だった小菅村役場もすっかり綺麗に様変わりしていました。

Img_6777
【写真上】5分程でトレイルヘッド到着。
因みに小菅村役場BSからの道筋は「国道139号を100m西進」→「小菅駐在所手前を左折」→「T字路右折」→「養殖場を左に数十m」。
Googleストリートビューの範囲内なので、予め下調べしておくのも宜しいでしょう。

Img_6778

Img_6782
【写真上】取り付きから暫くは、フィトンチッド感溢れる檜林を進みます。
山腹自体は結構な勾配ですが、傾斜にゆとりを持った九十九折の山路構成。
急坂パートは殆ど無く、一定斜度の中勾配上りが続きます。

Img_6785
【写真上】モロクボ平通過。
約1.5㎞の檜林を上り切ると雑木林の平坦地、モロクボ平が広がっています。
地名標もあるらしいのですが探すのは面倒、そのまま突っ切ります。

Img_6786
【写真上】モロクボ平周辺のトレイル。
厚~く堆積したミズナラやブナの落葉が山肌一面を覆っています。
踏み込むと踝位まで軽く埋まる、マイナールートならではの手付かず枯葉トレイル。
梅雨季でたっぷりと水分を含んだ落葉は足抜きが重く、意外と力馬場でした。

Img_6787

Img_6788
【写真上.下】モロクボ平から棚倉へのトレイル、二写。
序盤の九十九折中坂から一転、緩やかな上りと平坦路の混在する快適トレイル。
モロクボ平からは高指山~大マテイ山の西山腹を巻いて進む山路取りで、半分以上が走れるトレイルです。
高度を稼ぐアプローチ区間でランパートが多いのは、何だか得した気分。

Img_6794
【写真上】棚倉通過。(time/1:02:24 dst/4.42㎞)
これより牛ノ寝通り、此処を左(東)に折れ松姫峠方面へ進みます。
因みに右に進路を取ると上級ランナーなら約時間で大菩薩峠、奥多摩から大菩薩嶺は意外と近いのです。
参考迄に「小菅~大菩薩嶺」トレラン記はコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/11/post-fb7b.html

Img_6795
【写真上】棚倉標識の直ぐ左に、大マテイ山への案内板。
此処から大マテイ山へは三叉路に分かれています。
左(巻き道から山腹横断/6~700m)、中(破線路/500m)、右(牛ノ寝通りよりスイッチバック/1㎞)と、どれを通っても大マテイ山に登頂可能。
多少入り組んだ迷路で、山路勘の無い方は右ルートを使った方が賢明でしょう。

Img_6796
【写真上】棚倉から0.5㎞程で大マテイ山到着。
樹林帯の中に佇む地味~な山頂、牛ノ寝通りの各ピークは皆こんな感じです。
で、此処から先がこの日の山行テーマ「初踏破ルート」に入ります。

Img_6797
【写真上】大マテイ山頂周辺。
牛ノ寝通り全域(鶴峠~石丸峠)の中で、唯一迷いそうなのが大マテイ山周辺。
山頂は路筋のはっきりしない踊り場で、下り山路も踏み跡不明瞭な箇所あり。
東側に結ばれている赤リボンを忠実に伝って行きます。

Img_6799
【写真上】大マテイ山からは快適な下りトレイル。
此処から奈良倉山へは徐々に高度を下げる、トレランお誂え向きの区間。
山路コンディションもクッションの利いた落葉ダート路が続きます。

Img_6801
【写真上】山沢入りのヌタ。
棚倉以東の牛ノ寝通りに幾つかある分岐の一つ。
枝分かれ的にトレイルが入り組んでいますが、案内標識も多いのでルートミスの心配は無いでしょう。

Img_6802
【写真上】鶴寝山方面への案内標識。
この日は「日向みち」を使って進みます。

Img_6804
【写真上】下り基調のフラットトレイルが坦々と続きます。
大マテイ山から松姫峠迄は、ほぼ100%ラン可能。
時間と距離を稼ぐ絶好のパートです。

Img_6805
【写真上】大マテイ山から約2.4㎞、鶴寝山通過。(time/1:39:28 dst/7.83㎞)
直下の上りも無くスムーズに到着、此方も樹林帯に囲まれた地味ピークです。

Img_6806
【写真上】鶴寝山からは、一部勾配の増す下りパート有り。
雨で緩んだ地表が脆弱化、足場が根こそぎ崩れてしまう箇所がありました。
まぁこれは時期的なもの、この季節だけかと思われます。

Img_6807
【写真上】鶴寝山から約1㎞、松姫峠通過。
国道139号を横断、取り付きは道路の正面にあります。

Img_6808
【写真上】松姫峠を過ぎると、直ぐに砂利林道へ合流。
この後、登山路と林道を交互に取り、奈良倉山へと向かいます。

Img_6812
【写真上】奈良倉山直下の上り。
大マテイ山以降、唯一の上り区間。
と云っても、御覧の様に緩~い勾配が0.6㎞程度続くだけです。

Img_6817
【写真上】松姫峠から約2㎞、奈良倉山通過。(time/2:07:38 dst/10.82㎞)
この日山行の前半パート、最後のピーク。
地味山の続く牛ノ寝通りですが、奈良倉山だけは南面の眺望が開けてます。

Img_6815
【写真上】奈良倉山から南面の眺望。
正面には富士山が望める筈ですが…、この時期だから無理ですね。
手前の左に下がる尾根筋は雁ヶ腹摺山より続く稜線、西沢ノ頭と東沢ノ頭。
右奥の山影は御巣鷹山、同.左奥には鹿留山。

Img_6820
【写真上】奈良倉山からは、一気に勾配具合の増す下りに。
それでも急坂や難路と云う程では無し。
他少テクニカルにはなりますが、充分に走れるレベルです。

Img_6821
【写真上】下り途中で登山路を終え、林道に入ります。
此処で流れのままに右に進路を取ったのですが、これが路間違い。
鶴峠より一つ南側の栗山方面へ下りていってしまいました。
正解は直進、走ってると細かい道標を見落とすんですよね…。

Img_6823
【写真上】仕方無く、県道18号(上野原丹波山線)を北上。
灼熱のアスファルト道を鶴峠へと戻ります。
嗚呼面倒臭い…。

Img_6824
【写真上】鶴峠到着。(time/2:38:18 dst/14.25㎞)
因みに正規ルートなら、バス停横の登山口に下りてる筈。
距離にして大凡1~1.5㎞のムダ足になってしまいました。

と、こんな感じの「from小菅村via三頭山to丹波山村」縦走トレラン.その①。
鶴峠からはこの日のメインピーク、三頭山へと向かうのでした。
つづく。

|

« ●Invitation from the KAMEOKA | Main | ●「小菅村~三頭山~丹波山村」馬蹄縦走トレラン.その② »