« ●「長沢背稜~雲取山~石尾根」二尾根縦走トレラン.その① | Main | ●「長沢背稜~雲取山~石尾根」二尾根縦走トレラン.その③ »

2015.07.16

●「長沢背稜~雲取山~石尾根」二尾根縦走トレラン.その②

えー、今週日曜日の「長沢背稜~石尾根」トレラン記、続篇。
東日原よりヨコスズ尾根を伝い三ツドッケを通過、長沢背稜を西走し酉谷山.長沢山へと向かいました。

そんな訳での山走記その②「三ツドッケ~長沢山篇」になりまする。

Img_7137
【写真上】三ツドッケを後にし、長沢背稜に入ります。
この県境縦走路、名称的に細分すると「芋ノ木ドッケ~酉谷山」間を長沢背稜、「酉谷山~蕎麦粒山」間を天目背稜と呼ぶらしいのですが、面倒なので全部「長沢背稜」で括っちゃいます。

Img_7143
【写真上】この日の山行、前半戦メインディッシュに突入。
フラットパートが長いと云う点で、奥多摩では石尾根の次位に来る長沢背稜。
その中でも「三ツドッケ~酉谷山」間の約6㎞は平坦区間が特に多く、秀逸なトレランコースです。
150714_172950
【図上】今回山行の標高図.その一。

Img_7141
【写真上】石尾根、鷹ノ巣山~七ツ石山の眺望。
三ツドッケから数分のハナド岩にて、一枚撮って先を進みます。

Img_7142
【写真上】少し危うい桟橋。
部分的に腐食が進んでおりゲタ間もスカスカ、そろそろ補修が必要かな。

Img_7144

Img_7145
【写真上.下】兎に角快適なトレイルが続きます。
長沢背稜の西半分(蕎麦粒山~水松山)は、殆どが尾根下を南に巻く山路構成。
西進ルートはやや上り基調ですがそれでも6~7割は走れるパート、アップダウンの少ないフラットトレイルが続きます。
尚、三ツドッケから酉谷山間には途中に大栗山/七跳山/坊主山のマイナーピークがありますが、ピークハントが目的で無い限りスルーするのが正解です。

長沢背稜.別ログは下記参考にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/08/post-337f.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/08/post-337f-1.html

Img_7147
【写真上】縦走路から酉谷山を望む。
七跳尾根の分岐を過ぎると、樹間より酉谷山が望めます。

Img_7149
【写真上】酉谷峠通過。
酉谷山の東肩に位置、峠と云うよりは尾根路の三叉分岐。
直進すると巻き道通しで行福ノタオ、此処は進路を右に取って酉谷山へ。

Img_7150
【写真上】山頂直下を0.5㎞程ひと上り。
多少ガレた中斜面を経由し、大凡10分程度で登頂です。

Img_7151
【写真上】酉谷山通過。(time2:20:50 dst/12.26㎞)
奥多摩の最奥部にて東京都最北に位置する山。
ベンチ等の設備は何も無く、山頂自体も三ツドッケより一寸広い程度です。
そしてココ「蝿が無茶苦茶多く」て、飲食には甚だ不向きな場所。
この辺りでランチとるなら酉谷峠をスイッチバックして酉谷避難小屋が良いでしょう。

Img_7152
【写真上】眺望は南~南西が少し見通せる程度。
石尾根を挟んで、中央奥には薄らと大岳山。

Img_7153
【写真上】南西方面の眺望。
手前はタワ尾根、奥には石尾根。鷹ノ巣山と日蔭名栗山。

Img_7154
【写真上】酉谷山を後にし、先を進みます。
巻き道との合流地点(行福ノタオ)迄は、直下の中~急坂をひと下り。
露岩.倒木が多少目立ちます。

Img_7156
【写真上】行福ノタオからの1.7㎞は、やや高度を上げていく山路。
タワ尾根ノ頭を南東に巻いていますが、若干の上り勾配。
走りっ放しには少し厳し目、ラン/ウォークを織り交ぜて進みます。

Img_7158
【写真上】滝谷ノ峰.ヘリポート通過。
行福ノタオからの上り基調は此処で終わり、再びフラットなトレイルとなります。

Img_7159

Img_7160
【写真上.下】ヘリポート以降は快適なランパート、走が進みます。
長沢背稜中盤部の「酉谷山~長沢山」パートは、「三ツドッケ~酉谷山」に較べて多少の起伏を伴います。
それでも基本的には平坦基調の山路構成、行程の6割以上がランで賄えるトレラン向きのコースである事に変わりはありません。

150714_172950_2
【図上】今回山行の標高図.その二。

Img_7161
【写真上】長沢背稜/天祖山の分岐。
ヘリポートから走り続けて10分程度で到着、右に進路を取り長沢山に向かいます。
此処から芋ノ木ドッケの区間は、私め今回が初走破のルート。

Img_7163

Img_7165
【写真上.下】水松山を右にやり過ごし、長沢背稜を西進。
一旦尾根の北側を巻くので周りの風景が一変、苔類が目に付く様になりました。
この辺り迄来ると「奥多摩.最深部」的な雰囲気が色濃くなって参ります。

Img_7174
【写真上】長沢山.山頂への取っ掛かり。
長沢背稜の「快適ランパート」は此処迄。
これより先は尾根上に入るアップダウン区間、急勾配を繰り返して芋ノ木ドッケへ至ります。

Img_7175

Img_7177
【写真上.下】朽木.倒木のオンパレード。
如何にも「長沢背稜.後半部」と云った風景、但しコレは未だ序の口。

Img_7178
【写真上】長沢山通過。(time/3:15:36 dst/17.57㎞)
天祖山分岐から約1.3㎞、ランメインなら15分掛らずに到着します。
長沢背稜の名称元ネタ山にしては、尾根上の小ピーク的な地味山頂です。

行程プランでは此処迄で3時間40分の予定だったので、一寸早めの小休止。
レースベストを下ろし、15分程のPower barタイムと致しました。

と、こんな感じの「奥多摩北部.主陵二尾根縦走」その②。
長沢山からは芋ノ木ドッケを経て雲取山~石尾根へと向かいます。
つづく。

|

« ●「長沢背稜~雲取山~石尾根」二尾根縦走トレラン.その① | Main | ●「長沢背稜~雲取山~石尾根」二尾根縦走トレラン.その③ »