« ●ミヤコ「八月朔日」 | Main | ●「戸隠山~黒姫山~飯縄山」.北信3/5岳トレラン.② »

2015.08.02

●「戸隠山~黒姫山~飯縄山」.北信3/5岳トレラン.①

えー、本日は先週木曜.7/30の北信トレラン記。
今回の山行プランは中社から戸隠山~黒姫山~飯縄山の北信三岳をぐるっと廻るラウンド縦走です。

Takatsumayama_togakushiyama_50000_2

単日プランとしては厳しいタイムテーブルですか、予てから計画していた戸隠遠征。
絶対走破を胸に誓い「下調べ万端」「気合十分」の出立です。

そんな訳での山走リポ.その①「戸隠中社~百間長屋」篇になりまする。

Img_7505
【写真上】5:40、戸隠中社前よりスタート。
宿から徒歩3分、今回トレランのSTART/FINISH地点はココ。
ウォームアップを済ませ、5:50に山行開始です。

Img_7506
【写真上】奥社へのアプローチに使ったのは、戸隠古道「池めぐりのみち」。
戸隠観光センターと本坊久山館の間から旅館の並ぶ裏路地を抜け、足神さんの祠右手より随身門に向かいます。
因みにこのパートは「信越五岳トレランレース」の85~90㎞地点。

Img_7508
【写真上】数分で小鳥ヶ池、

Img_7509
【写真上】硯石を通り過ぎ、

Img_7511
【写真上】ウッドチップの利いたダブルトラックが続きます。
トレランに持って来いのフラットトレイルも、基本的には観光用の散策路。
戸隠古道をランコースに用いるなら、一般ゲストの邪魔にならない様に早朝の使用が望ましいと思われます。

Img_7512
【写真上】鏡池を通過。
薄らと晴れ間は覗けるものの、戸隠表山群は殆どガスの中。
うーん、山頂からの眺望は期待出来ないかな…。

Img_7514
【写真上】鏡池より望む戸隠連峰。
薄曇りの中、池面に山影を落とす戸隠連峰。
晴れだったらもっと美しい投影風景が望めた事でしょう。

Img_7517
【写真上】鏡池からも平坦な遊歩道が続きます。
正面に見える小祠は天命稲荷。
進むに従い湿地帯の泥濘路が目立ち始め、木ゲタやコンクリ矩敷の路面が多くなって参ります。

Img_7520
【写真上】奥社.随身門。
中社より約5㎞/40分強で到着、スピリチュアルな古道風情を満喫したウォームアップランが楽しめました。
此処からは戸隠「神域中の神域」、襟を正しての入山です。

Img_7522
【写真上】随身門を潜ると、約500m続く杉並木。
樹齢400~600年の巨木群、その威容は写真なんぞでは全く伝わりません。

Img_7523
【写真上】流石に走を止めての散策モードに。
その樹高と幹太さは只々圧巻、凛厳とした空気が漂っています。

Img_7524
【写真上】杉並木を過ぎると石段の登り坂。
左手の鳥居奥には旧院坊跡、観光では無いので残念ながらスルー。

Img_7529
【写真上】石段の突き当りが九頭龍社(左)と戸隠神社.奥社(右)。
山行無事を祈願して後、登山口へと足を進めます。

Img_7533
【写真上】奥社から少し戻り、社務所の左を巻いて登山道に入ります。
物見遊山気分も此処迄、愈々本格的な山行開始です。

Img_7535

Img_7536
【写真上】取っ掛かりから既に急坂。
見通しの無い樹林帯の中、30度超の急勾配上りがジグザグに続きます。
所々、手の補助を使わないとバランスの取れない激登もあり。

Img_7537
【写真上】小尾根に出ると、眼前には威容を誇る岩壁が。
聳え立つのは五十間長屋~百間長屋上部の岩陵群。

Img_7538
【写真上】戸隠連峰の岩稜線も見えて参りました。

Img_7540
【写真上】息付く間も無く再び急坂。
高度を上げるに従い、次第に岩路が目立って参ります。
湿地帯特有の苔生した岩塊はスリッピー、足場確保は慎重にならざるを得ません。

Img_7541
【写真上】左に八方睨、右に戸隠山。
大分近づいて来ましたが、これからが難所パートの連続です。

Img_7542

Img_7543
【写真上.下】小尾根を進むと露岩帯に突入。
4~5mの岩壁面を上る最初の鎖場。
一部風化進行の激しい礫岩足場もありますが難度としは序の口、然程鎖に頼らなくても登れるパートです。

Img_7545
【写真上】五十間長屋から百軒長屋へ。
序盤の鎖場を過ぎると一旦平坦路、岩壁を左に巻いた山路を進みます。

Img_7546
【写真上】百軒長屋。
オーバーハングした凝灰角礫岩の岩陵下を、左の尾根に向かいます。
まぁ此処迄は戸隠山登頂の序章みたいなもの。
これから先「天狗の露地」「見返り岩」「胸突き岩」と難所鎖場を越え、核心部の「蟻の塔渡り」「剣の刃渡り」へと至ります。

そんな訳での山走記、次章「百軒長屋~八方睨」篇に続く。

|

« ●ミヤコ「八月朔日」 | Main | ●「戸隠山~黒姫山~飯縄山」.北信3/5岳トレラン.② »