« ●あだしの「賽の河原」 | Main | ●「ヨコスズ尾根~棒ノ嶺~高水山~青梅丘陵」縦走トレラン.② »

2015.08.24

●「ヨコスズ尾根~棒ノ嶺~高水山~青梅丘陵」縦走トレラン.①

えー、昨日も例に由ってのトレラン行脚。
今回の山行は低山メインの近郊プラン、奥多摩.ヨコスズ尾根より県境尾根を伝って棒ノ嶺に向かい「関東ふれあいのみち」と「青梅丘陵ハイキングコース」を使って青梅駅に至るコースを走って参りました。
マップスペックだと距離/標高差共に「楽チンルート」なのですが、中後半は小さいアップダウンが途切れる事無く、意外とタフな行程となりまして。

そんな訳での山走記その1.「東日原~日向沢ノ峰」篇になりまする。

Img_7873

Img_7875
【写真上.下】7:15奥多摩駅、7:50東日原BS着。
始発バスには40名程の乗車、ソコソコの混み合い振り。
しかし此処一週間雨続きと云う事もあって、土曜日としては少な目のゲストでした。

Img_7878
【写真上】東日原登山口より、南方一写。
タル沢尾根越しに望む石尾根、正面の頂は狩倉山でしょうか。

Img_7880

Img_7881

Img_7882
【写真上】ヨコスズ尾根.三写。
このルートは先月「長沢背稜~石尾根縦走」で使ったばかりなので、リポ省略。
標高を稼ぐアプローチルートとしては、個人的に好みの山路構成です。

ヨコスズ尾根の詳細リポはコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2015/07/post-3ab8.html

Img_7884
【写真上】一杯水避難小屋。(time/1:13:43 dst/5.35㎞)
此処から三ツドッケはひと上りですが、先月踏んだばかりなので引き続きパス。
長沢背稜を右に取り、蕎麦粒山に向かいます。

因みにこの東京/埼玉の県境尾根、正式な名称区分は「芋ノ木ドッケ~酉谷山/長沢背稜」、「酉谷山~蕎麦粒山/天目背稜」と呼ぶらしく。
私めは「芋ノ木ドッケ~日向沢ノ峰」間を全て「長沢背稜」で括っちゃってます。

Img_7885
【写真】一杯水にて増槽を満タンに。
スタート時の水分ストックはハイドレーションの希釈ポカリ1.5ℓのみ。
この水場を当てにしていたので、手持ちのウォーターボトル×2は空っぽでした。
まぁ短い距離とは云え、上りパートではライトパックに越した事は無いですからね。

Img_7887

Img_7886

Img_7889
【写真上】前半戦のメインディッシュ、長沢背稜の西進トレイル。
一杯水避難小屋~仙元峠間は「微下りのフラットトレイル」「良クッションのダート路」「直線基調」の三拍子揃ったトレラン仕様コース。
極上のスピードトレイルが約2.8㎞続きます。

Img_7892
【写真上】仙元峠から数十m先にある分岐。
踏み跡や道標板のしっかりしているこのパート、特に迷う様な箇所はありません。
三ツドッケから蕎麦粒山.日向沢ノ峰を踏む際に唯一間違うとしたら此処の分岐。
巻き道メインの流れに乗って右に進むと踊平方面へ出てしまいますので、尾根筋に沿って進みましょう。

Img_7893
【写真上】分岐からの直下上り。
中勾配のヤセ尾根を一足登、400m程で蕎麦粒山です。

Img_7894
【写真上】蕎麦粒山通過。(time/1:34:56 dst/8.15㎞)
三方を樹林帯に覆われ、火打岩の露頭した狭い頂。
長沢背稜の各頂は三ツドッケを除いて、基本的に眺望は利きません。

Img_7898
【写真上】唯一視界の開けている、東南側の見晴らし。
正面~左側にかけての稜線がこれより進む縦走路。
中央やや右の頂が日向沢ノ峰、右奥には川苔山の堂々とした山容が望めます。

Img_7897
【写真上】東南側、やや右手の眺望。
川苔山の南肩から樹間に覗くのは本仁田山、最奥には特徴なシルエットの大岳山が望めます。

Img_7900
【写真上】桂谷ノ峰直下の直登パート。
蕎麦粒山からはザレた急坂下りから鞍部を経て、桂谷ノ峰へ急坂上り。
蕎麦粒山~日向沢ノ峰のアップダウンはこの一発だけです。

Img_7901
【写真上】桂谷ノ峰より見返る蕎麦粒山。
防火帯山路なので辿って来た路筋が良く解ります。
1472m↘↗1380mのV字アップダウン、下った分だけ上り返すイメージ。

Img_7905
【写真上】以降、日向沢ノ峰へは走り良いフラットトレイル。
防火帯山路なので単調な嫌いはありますが、快適なランパート。
蕎麦粒山から日向沢ノ峰にかけては、マルバダケブキの群生が目立ちます。

Img_7906
【写真上】日向沢ノ峰直下、棒ノ嶺/川苔山の分岐。
三叉路を左に進むと棒ノ嶺ですが、此処から日向沢ノ峰へは右に数十m。
一年振りなので踏んどく事に致しました。

Img_7907
【写真上】日向沢ノ峰。(time/1:58:31 dst/10.41㎞)
青地に黄色、自己主張の激しい看板には「飯能市最高峰」の文字。
そー云や山頂は飯能市最西端、奥多摩町と跨ってるんですね。

Img_7908
【写真上】日向沢ノ峰より南西一写。
雲を突き抜け、ひょっこりと頂を覗かせる霊峰富士。
この時期に富士山が望めるとは思ってませんでした、ラッキー。

Img_7909
【写真上】同.富士山の南方の眺望
右から中央に下るのは石尾根東端部の尾根筋、その奥には三頭山、更に富士山。
左手には御前山の山容も望めます。

Img_7913
【写真上】同.富士山の西方の眺望
正面の稜線は六ツ石山~鷹ノ巣山と連なる石尾根の中央部。
右端の二頂は鷹ノ巣山の隣に日蔭名栗山、次いで高丸山。

Img_7911
【写真上】同.真西の眺望
左より続く石尾根、中央の頂が雲取山、鞍部を経て芋ノ木ドッケと白岩山。
その中間、山肌北東面に採掘跡が目立つのが天祖山。

Img_7918
【写真上】同.北西の眺望。
左にはさっき踏んできた蕎麦粒山、直下の防火帯急坂もはっきりと覗えます。
その左奥には三ツドッケ~滝谷ノ峰と続く、長沢背稜の尾根筋。

と、こんな感じの山行記その一。
この後は引き続き県境尾根を東進、棒ノ嶺を経て高水三山へと向かいました。
つづく。

|

« ●あだしの「賽の河原」 | Main | ●「ヨコスズ尾根~棒ノ嶺~高水山~青梅丘陵」縦走トレラン.② »