« ●「伊豆ヶ岳~武川岳~武甲山」奥武蔵縦走トレラン.後篇 | Main | ●バスに引かれて善光寺 »

2015.08.17

●御精霊「御見送り」

えー、昨宵のミヤコは「五山の送り火」。
尤も私めの地元「嵯峨.嵐山」的に云うなれば、「鳥居の送り火」と「大堰川.広沢池の灯籠流し」の日で御座います。

こうして送り火が終わると、目白押しだった「ミヤコ.夏祭事」も一段落。
あとは地蔵盆と千灯供養が過ぎると、京も初秋を迎える事と成増。

但しミヤコの残暑は厳しいもの、「茹だる暑さ」はもう暫く続くでしょう。

20150816211929daimonji五山送り火、ゆく夏惜しむ 京都
京都のお盆の伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内で営まれた。午後8時から5分おきに各山で点火され、夏の夜空を焦がす壮大な景色を作り出した。
左京区の大文字山では75基の火床(ひどこ)に積み上げられた護摩木が次々と点火され、一画が約80メートル~約160メートルの「大」の字の炎が山肌に浮かび上がった。
「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」と、東から西へ燃え上がると、市民や観光客は故人をしのんで手を合わせたり、カメラに収めたりして、過ぎゆく夏を惜しんだ。
送り火は、お盆に迎えた精霊を送り、無病息災を祈る行事。室町時代以降に定着したといわれる。
府警によると、人出は大雨だった昨年より約2万人多い約6万人だった。
(文.写真共 京都新聞8/16
より)

|

« ●「伊豆ヶ岳~武川岳~武甲山」奥武蔵縦走トレラン.後篇 | Main | ●バスに引かれて善光寺 »