« ●「洗濯」「山々」「選択」 | Main | ●「西丹沢~山中湖」丹沢主稜.甲相国境尾根パート縦走トレラン② »

2015.09.06

●「西丹沢~山中湖」丹沢主稜.甲相国境尾根パート縦走トレラン①

えー、昨日は「秋の長雨」の合間を縫っての山走行脚。
向かった先は西丹沢、一年近く振りの丹沢山行で御座います。

年15回以上トレランに出向く私めですが、丹沢山地は「ヒル多く」「木道多く」「人多く」と、どっちかっつーと余り足を運ばないエリア。
今回はヒルの生息が薄く、且つハイカーの少ない不人気コース通好みな「丹沢主稜.西半分コース」をチョイス。

Nishitanzawa

西丹沢自然教室から東海自然歩道/甲相国境尾根/三国山ハイキングコースを経て山中湖に至るルートを走って参りました。
因みに全て初走破コースなので新鮮味もあり、楽しみなプランニングとなりまして。

そんな訳での山行記その①「西丹沢自然教室~畦ヶ丸」篇になりまする。

Img_8022
【写真上】8:30、西丹沢自然教室BS到着。。
久し振りの晴れ予報ウィークエンドですが、始発バスのハイカーは約20名と少な目。
やっぱり皆さん「表尾根」「主脈」方面の人気コースへお出掛けなんでしょうね。

Img_8023

Img_8025
【写真上.下】8:45、アップを済ませ山行スタート。
畦ヶ丸へのトレイルヘッドはBSの真横、探す心配は全くありません。
吊り橋を渡り、西沢沿いへ向かいます。

Img_8030
【写真上】ただっ広い白ザレの中、山懐を進みます。
西沢は花崗閃緑岩が風化、砂状になった真砂河原。
正面に望めるのはショチクボノ頭。

Img_8031

Img_8035
【写真上】清流沿いは岩ゴロのガレた山路。
丸太や石堤の渡渉を繰り返し、何度も木橋を渡ります。

Img_8033
【写真上】ザレ河原を進むと、正面に畦ヶ丸が望めます。
取敢えずこの日の第一目標はアレ。
西丹沢自然教室から山頂へは700m近く高度を上げていきます。

Img_8036

Img_8040
【写真上】西沢の原流風景.二写。
露岩も川底もみーんな花崗岩。
透明度が高いにも関わらず、岩色の所為で川色が白っぽく見えてしまいます。

Img_8037
【写真上】引き続き木橋渡りを繰り返し、

Img_8038_2
【写真上】堰堤越えも二度程繰り返し、

Img_8039
【写真上】西沢沿いの岩ゴロを越えて行きます。
序盤はフィトンチッド溢れる渡渉パートの繰り返し。
花崗岩の「白」.苔の「緑」.西沢の「透」が清々しく、如何にも西丹沢的な風景美です。

Img_8036_2
【写真上】旧権現山/下棚の分岐を通過。
以後、本棚分岐へも同様の清流沿いトレイルが続きます。
因みに下棚.本棚の瀑布見物はスルー、亦の機会にお預け。

Img_8041
【写真上】本棚/畦ヶ丸の分岐。(time/27:34 dst/2.37㎞)
此処迄が畦ヶ丸の序盤パート、緩勾配の沢沿いトレイル区間。
登山口~本棚分岐は極々緩やか上りで殆んど平坦に近いイメージ、心肺/下肢負担は殆どゼロです。
但し露岩/浮石/渡渉が多いので、初心者の方はプロテクションとゴア防水のしっかりしたシューズが良いかも知れません。

Img_8044
【写真上】分岐をひと上りすると、V字地形の涸れ沢トレイル。
傾斜は中坂レベルも花崗岩の岩ゴロ帯、浮石も多く足場の選択には注意。

Img_8045
【写真上】涸れ沢を上り切ると本格的な登坂パートに突入。
谷から左手の山腹に取り付き、九十九折の中.急坂が始まります。

Img_8048

Img_8049
【写真上.下】杉林をジグザクに縫って、高度を上げて行きます。
概ね25度前後の一定した登坂勾配、特に難所と云ったパートは有りません。

Img_8046_2

Img_8054
【写真上.下】花崗閃緑岩、山路風景.二写。
風化.浸食により崩れた路端や、溝状になった山路が多く見られます。
そしてこの花崗岩地質は西丹沢から山中湖東岸迄続いていくのでした。

Img_8055
【写真上】中盤、一旦軽い下りを経て再び上りへ。
この鞍部を流れる沢を最後に、清流とはお別れ。
顔と手を洗い、口を漱いで先を進みます。

Img_8056
【写真上】山腹から尾根沿い山路に進出。
勾配具合は変わらず、木段パートが断続的に続きます。

Img_8058
【写真上】やや痩せ気味の尾根筋を進みます。
地質が花崗岩な上に狭尾根なものですから、必然的に木の根道となります。

Img_8060
【写真上】尾根路を上り切ると善六のダワ。(time/59:15 dst/4.08㎞)
大まかなコースタイムは「登山口~本棚」で1/3、「本棚~善六のダワ」で2/3。
畦ヶ丸へのクライムパートはあと1/3の目安となります。

Img_8062
【写真上】善六のダワ付近から、左手に望む権現山。
行程中に四囲眺望は殆ど得れませんが、時折樹間より南東方面が覗けます。
落葉を終えた初冬頃には、もう少し見晴らしが望めるかと思われます。

Img_8063
【写真上】善六のダワから程無くすると、ブナの樹林帯に入ります。
ブナ帯に入ると勾配も落ち着き、緩~中斜面主体の山路構成に。
柔らかい落葉緑葉と白斑の幹色を眺めつつ、歩き良いトレイル。

Img_8064
【写真上】巨木こそ少ないものの、林相の美しいブナの森。
走れるパートもチラホラ出て参ります。

Img_8066
【写真上】稜線と空の境が見えてくると、間も無く山頂。
直下の急坂や偽ピークも無く、穏やかな登坂のまま畦ヶ丸に至ります。

Img_8069
【写真上】畦ヶ丸通過(time/1:26:19 dst/5.65㎞)
樹林帯に覆われ眺望の利かない頂、まぁ西丹沢っぽい山。
1300m級の低山としては珍しくケルンが立っています。

スタート標高(西丹沢自然教室)の低い分、高度差は大きく約700m。
まぁこれも丹沢っぽい標高差ですが、数字よりは楽な登頂行程でした。
序盤の緩やかな沢上りパートで約200m高度を稼げるので、本格的な登坂区間は実質500m弱。
中盤の山腹九十九折~善六のダワをしっかり処理してしまえば、終盤のブナ林区間は落ち着いた上りとなっているので快適なヒルクライムが楽しめました。

と、こんな感じの「丹沢主稜.甲相国境尾根パート」縦走記その①。
畦ヶ丸からは幾つかの小中ピークを経て菰釣山へと向かいました。
つづく。

|

« ●「洗濯」「山々」「選択」 | Main | ●「西丹沢~山中湖」丹沢主稜.甲相国境尾根パート縦走トレラン② »