« ●「JPN26-5SAM」 | Main | ●「ホスト国」消えるか? »

2015.10.04

●パブリックビューイングin「秩父宮」

えー、10月4日深々夜は「ボグス-スコッツ(0:45~)」「イングランド-ワラビ―ス(3:40~)」のゲーム隙間を縫ってのエントリー。

昨夜の「ブレイヴブロッサムズvsマヌー.サモア」戦、秩父宮では無料のパブリックビューイング開催。
私めも9600㎞彼方のジャパンを応援に行って参りました。

1

2_2
【写真上.下】秩父宮、PV風景二写。
試合開始一時間前の到着も、メインスタンドは可也の混在振り。
A指定の中央座席辺り迄ぎっしりと埋まっており、6~7ゲートからの入場案内となっておりました。
嗚呼、トップリーグもこれぐらい入ってくれればなぁ…。

3

4
【写真上.下】買ったばかりの「ジャパンジャージィ」姿も多く見られました。
周りの会話に耳を傾けてみると、初々しい内容でつい微笑んでしまいます。
「サモアって結構強いの?」
「ルールって調べて来た?」
「スクラムって何人でやるの?」
「トライって何点入るんだっけ?」
…、やっぱり大舞台で勝つ=メディアの露出が増えるって、大事なんですね。

余談ですがゲーム中、ジャパンのスクラムトライ(PT)の際。
事態が飲み込めない隣のグループに説明をしてあげると、以降ずーっとルール解説役となってしまいました。
こんな観戦、レギュラーシーズンでは滅多と無く、中々新鮮でして。

5
【写真上】PV座席開放はメインスタンドのみ。
人っ子一人居ないバックスタンドに、照明の消えているピッチ。
何時も見慣れている秩父宮とは異なる光景で、違和感満載です。

6
【写真上】「試合待ち」中の「更待月」。
昨夜はお月様が綺麗でした。

6_2
【写真上】おまけ一写、入口で無料配布されていたリポビタンD。
流石メインサプライヤー大塚製薬様、太っ腹です。
しかもJAPAN使用のスペシャルラベル、因みに「サンプル」のロゴが印刷されておりました。

7
【写真上】おまけその②、この日の出で立ち。
私めのジャパン観戦取って置き、「リポDTシャツ」。
「2013/6.15 ウェールズ戦」「2014/6.21 イタリア戦」の歴史的勝利の際も着ていた、縁起の良いTシャツです。
このゲン担ぎが叶ってたかは扨不知、試合の結果は「ジャパン26-5サモア」。
正直、想像だにしない「完勝」でした。

とか云ってるうちに「イングランド-ワラビ―ズ」放送スタート。
そんな訳でゲームレビューは亦後日にでも。

因みにこの試合の予想は20点前後のスコア、僅差でワラビ―ズの勝利。
イングランドが勝つとすれば、セットピースからの攻撃機会を極力与えない事。
そうなるとラインアウト/スクラム戦の制圧が必須条件となります。
後は敵陣にどれだけ居座る事が出来るか。
ワラビーの極悪ターンオーバーマシン⑦➇は、裏返せばペナと紙一重。
攻め続けられればそれだけ「×3」の機会が増える筈です。

|

« ●「JPN26-5SAM」 | Main | ●「ホスト国」消えるか? »