« ●霜月朔日 | Main | ●「石尾根~雲取山~飛龍山~丹波天平」縦走トレラン.その① »

2015.11.02

●11.1「秩父宮」

えー、一ヶ月半に亘り、熱き戦いの繰り広げられた「RWC2015」イングランド大会。
四年に一度の楕円球の祭典もファイナル、ニュージーランドが史上初となるWC連覇を達成し幕を閉じました。

今大会も予選プールから全試合観戦、少々バーンアウト気味の私め。
しかし「暫くラグビー観るのはお休み」、とならないのがラグビーマッドの悲しい性なのでして…。
そんな訳で本日は久方振りの秩父宮詣。
「明治-慶應」「帝京-早稲田」の関東大学対抗戦二試合を観戦して参りました。

Img_0011
【写真上】11:00、秩父宮到着。
この日はお隣神宮で六大学野球早慶戦。
神宮の森は何時もにも増して平均年齢↑↑↑、OBさん達の同窓会会場的な雰囲気となつておりました。

Img_0013
【写真上】客足は例年にも増して順調な様子。
流石「W」「M」「K」の人気校揃い踏み、関東協会さんも一安心と云った所処。

所処で「ユニオン」「トップリーグ」が観戦メインの私め、大学チームのゲームを観るのは年に1~2回程度。
数年前迄は「まぁこの四チームに目通しときゃイイか」てな感じだったのですが、一昨年頃からは「帝京だけ観ときゃイイか」てな具合に変わってきています。
正直、物差しをユニオンの「U20+α」レベルとして考えると、鑑賞に耐え得るチームはテイキョーさんとトーカイさん位ですから…。

Img_0024
【写真上】第一試合「明治-慶應」、観客数は12078人。
何時も通り在校生よりもOBさんの方が多い客層、平均年齢「50歳」位でしょうか。
しかしホントに良い天気、絶好の「秋晴れ」スポーツ観戦日和です。

Img_0019

Img_0022
【写真上】第一試合「明治-慶應」、ゲーム風景。
ゲームの流れとは関係無く、写りの良いヤツをテケトーに二枚。

尚結果は「明大○42-10●慶應」。
前半からスコアは開きましたが、其処は「伝統の一戦」のフィルターが掛り、点差よりは緊張感を維持したゲームでした。
メイジさんは此処10年位の中で、最もバランス良いチームじゃ無いでしょうか。
⑩⑮のキックでゲームを組み立て、ラン/パスのバランス構成も良し。
フィットネスも改善され、お決まりのラス20分ガス欠もありませんでした。
戦術的にもシェイプよりボッドの方が合ってますね。
但しイージーなハンドリングエラーと50/50のパスが散見、アタック面ではオフロードに頼り過ぎな傾向も見られました。
まぁ「ドメスティックラグビー」の枠内で考えれば実力は最上位。
この日みたいなラグビーが出来れば、お正月のベスト4は固いと思います。

一方のケイオーさん、まぁ現有戦力で額面通りの実力と結果。
キック中心でアタックを組み立てるのは悪く無いのですが、殆ど苦し紛れ。
もーちょい意思統一と精度上げないと如何にもなりません。
セットは及第点も、メイジさんより先に足が止まってる様じゃ勝機はありません。
あとは永遠の課題、ペナルティ減らす事。

Img_0024_2
【写真上】第二試合「帝京-早稲田」、観客数は16674人。
昨年(18885人)より一割減の客数、まぁ勝敗の見えてるゲームなので仕方無し。
予想では80-20と見ていたのですが、想像を上回る虐殺ショーとなってしまいました。

Img_0026

Img_0033
【写真上】同じく、テケトーにゲーム風景.二写。

「帝京○92-15●早大」
試運転モードの帝京さん、この日のテーマはフィジカルで力づくの攻めは控え目に、アンストラクチャーでのバックスリーを生かした速攻。
が、殆んどフェイズを重ねず一発で取り切ってしまい、これじゃ練習にもなりません。
相変わらず軽いプレーは見当たらず、オフロード出来そうな場面でも地味にラック作って確実なゲインを計るトコなんかは個人個人にもチームプランが徹底されています。
まぁスコアがスコアなのでレビューのし様が無いゲームでした。

しかしトップリ王者と戦うには課題が山積み。
昨季高い授業料を払った割にはセットプレーの強化は見られず(今んトコ)。
両CTBもワールドクラスの外人センターと相対するには荷が重く、ディフェンス時に大学生相手でペナが多過ぎるのも気になります。
そしてそれ以上に、このカテゴリーでは接戦の可能性は「ゼロ」。
こんなゲームばっかりしててもあんまり成長出来ないと思うのですが…。

Img_0038
【写真上】一方悪夢のワセダさん、失点./得点差共に公式戦ワースト。
実は私め、これ以前のワセダ黒歴史のゲーム、「69‐18」(1997年大学選手権二回戦/対京産大)も花園で見てたんですよね…。

正直、テイキョーさんとはやってるラグビーの次元が違いました。
更に云うと其処に至る迄のベース、即ちフィジカルのレベルに差があり過ぎます。
しかも此処数年で選手個人の資質も数量共に逆転されているとなると、この点差も致し方無く。
奇しくも去年の同カード観戦後、危惧していた通りの結果となりました。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/11/1102-e599.html

とこんな感じのマッチリポ。
大学ラグビーの観戦は、これがシーズン最後になると思います。
おしまい。

|

« ●霜月朔日 | Main | ●「石尾根~雲取山~飛龍山~丹波天平」縦走トレラン.その① »