« ●「小江戸川越」速報 | Main | ●「2015 小江戸川越マラソン」中篇 »

2015.11.29

●「2015 小江戸川越マラソン」前篇

えー、本日は早朝より川越へ。
「2015 小江戸川越マラソン」に参加して参りました。

2010年より始まった同大会、今年で6回目となりますが私め今んトコ皆勤賞。
翌々週の「小川和紙」と並んで、晩秋/初冬の恒例レースとなっております。

そんな訳での「小江戸川越」大会リポ、前篇で御座います。

Img_0162
【写真上】7:30、本川越駅到着。
改札を出ると輪行してきたミニベロを組み立て。
小江戸川越には「アフターの足」として、毎年チャリを持参しています。
レース後には「温泉」「鰻屋」、そして「市内ポタリング」と大活躍なのでして。

Img_0164
【写真上】本川越駅。
「駅」だか「デパート」だか「ショッピングモール」だか、よー解らん建物。
西武線の大型駅は基本的にこのパターンが多いです。

川越には嘗て一度だけ観光で訪れた事がありますが、私めにとりましてはもうすっかりと「マラソンの街」のイメージ。
恐らく来年も参加している事でしょう。

Img_0166
【写真上】連雀町の交差点を左折、大会会場へと向かいます。
今年も水浅葱色の秋晴れに恵まれた「小江戸川越」。
この大会は晴天確率が滅茶高い、と云うか確率「100%(6/6)」で快晴なのです。

8時時点で気温は約7℃と絶好のマラソン日和。
「キン」と刺す様な冷え込みでランニングスーツでは寒さを厳しく感じました。

Img_0167
【写真上】序盤の軽勾配ポイント、日吉陸橋。
ココ、第一回大会(2009年)では復路にも使っていました。
第二回大会以降はコース変更で往路のみの使用となっています。

Img_0170
【写真上】川越西郵便局の裏手にて。
レース前恒例の富士山眺望、暖秋の割には例年以上の見事な冠雪具合。
川越市街から富士山が眺められるのは冬の朝早い時間帯のみ。
陽が上ると湿度と靄で隠れしてしまうので、会場へ向かう途次が撮影のチャンスタイムです。

Img_0173
【写真上】水上公園通り。
セブンさんの角を折れ、ハーフのラス300m地点。
道路の両側にはびっしりと立てられた幟、レースのファイナルパートとして申し分無いシチュエーションです。

Img_0175
【写真上】公園正面入口、スタート地点。
此処を走り出すのは、あと55分後。

Img_0177
【写真上】同.ゴール地点。
此処を通り抜けるのは、あと2時間20分後(予定)。

Img_0180_3
【写真上】会場風景、四写。
毎回同じ様な写真を撮っているので、今年はテケトーな撮影にて。
結構なキャパを持つ水上公園ですが、至る所処人.人.人…。
流石参加者1万人を超える「準.マンモス大会」、大勢のランナーで賑わっています。

更衣室やロッカーに関しては利用した事が無いので不存知ですが、受付は窓口が多いので待ち時間も無くスムーズです。
動線自体は単純なのものの「公園内が広いのと」「人が多いのと」「スタート地点への通路が狭い」ので、初参加の方は少し迷ってしまうかも知れません。
あと、公園外周通路はスタートエリアに設定されてタダ混みなので、アップ場所には向いていません。

Img_0185_2
【写真上】トイレ待ち「長蛇の列」の図。
公園内の至る場所に仮設トイレが設置されていましたが、矢張りある程度の待ち時間は避けられません。
まぁこれは運営面云々では無く、大会規模的に仕方無いもの。
これでも第一回大会に較べたら、大幅に増設されているのですが…。

因みに比較的空いているのはテニスコートと駐車場側のトイレです。

Img_0188
【写真上】10㎞の部、スタート前風景。
ハーフの部に先んじて8:30よりレース開始。
10㎞の部だけでも約4000名のエントリー、これだけで中規模マラソン大会の参加者数レベルです。

Img_0190
【写真上】10㎞の部、スタート。
C/Dのスタートレーンは暫くこんな状態、1~2分しないと動き出しません。

と、こんな感じの「小江戸川越ハーフマラソン 2015」プロローグ。
レースリポ&大会雑感等は明日にでも。
つづく。

|

« ●「小江戸川越」速報 | Main | ●「2015 小江戸川越マラソン」中篇 »