« ●「第28回 2015上尾シティマラソン」前篇 | Main | ●秋晴ノ下、鬱ニ為リツツ紫煙ヲ燻ラス »

2015.11.15

●「第28回 2015上尾シティマラソン」後篇

えー、本日参加して参りました「第28回 上尾シティマラソン」の続篇ログ。
レースリポ、及び雑感等々になりまする。

で、いきなり結果からですが…。

・タイム 1:27:26(ネット) 1:27:39(グロス)
・種目別順位 30位/1051(名) 
・総合順位 718位/4435
(名)

Img_0149

「御覧の様に惨敗でした… il||li _| ̄|○ il||li」。


公認大会ベスト(1:23:46)のタイムを出した昨年に較べ、▼3:40のスコア。
ラップで㎞/11秒も遅れていちゃ、おハナシになりません。
今シーズンは前走二戦ともに低調なタイム、正直コースペストは無理としても25分台は必須ノルマだっただけに…。
うーん、ショックです。

昨年に較べ気温は高かったものの、陽射しが無いので然程の暑さも感じず。
寧ろ雨のお陰で呼吸は楽だった位、コンディションは全く言い訳になりません。
しかも去年は病み上がりで三日前迄はDNSも覚悟の「腐れ体調」でした。
で、このスタッツですから重ね重ねショッキングな結果。

一応、スタート前に描いてたレースプランは以下の通り。
スタートから13.3㎞地点の浄水場辺り迄を㎞/4:00で平たくまとめ、ゴルフ場~ドラッグスギの微上りパートを㎞/4:10前後で処理。
以降の復路コースは心肺と体力の余力次第でスパート、と云った青写真でした。

しかし現実は折り返し10㎞地点を40:44(㎞/4:04)とビミョーにロスト。
一旦立て直すものの、微上りパートの2㎞で4:16→4:21と叩いてジエンド。
ラスト6㎞でスパートを掛けるもタイムは伸びきらず4:10前後のラップを推移してゴールインとなりました。

敗因は「兎に角スピードに乗れない」。
体感では3:55位出してるイメージでも、時計を見ると4:00強のラップペース。
ハーフのミドルディスタンスでスピードが上げ切れないのは致命傷です。
昨季はトレランばっかりやっててスピードトレが疎かになり同様の事象が起きたので、今季はビルドアップと坂道トレを重点的にこなして来たのですが…。

原因は齢(46歳)から来るものなのか、トレーニングの質/量を見直さなくてはいけないのか、それとも「超」ヘビースモーカーではこれが頭打ちなのか。
まぁ恐らく三つ目が理由なんでしょうが、今更禁煙する気もサラサラ無し。
とか云ってタイム軽視のマラソンも張り合いが無くて詰まんないし。
扨、これから如何しましょう、てな感じです。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

あと、昨年の加筆補正になりますが「上尾シティ」の傾向と対策。
私めの知り得る限り、首都圏近郊のハーフレースとしては「小江戸川越」と並んでタイムの出易い大会です。

理由その①、兎に角「超」の付くフラットコース。
コース中に明確なアップダウンが殆ど存在しないので、他少ハイペースでも一旦ラップを刻み始めればソコソコは維持し続けられます。
数少ない微上り箇所としては浄水場裏手の13.3㎞地点から、往路に戻ってのドラッグストア右折地点迄。
其処にしても距離が短い(2.4㎞程度)上に平坦路を織り交ぜての上り行程、正直「上り」って云う程のパートでもありません。

理由その②、適度に右左折を含んた、距離目算の付け易いコース設定。
スタートしてから「中山道を左折すると2.5㎞」→「はなみずき通りを離れ、直線路の突き当たりが5.5㎞」→「中分の交差点で8㎞」→「折り返して10㎞」→「中分交差点に戻って12㎞」→「浄水場が見えると13㎞」→「往路に戻って16㎞」→「はなみずき通りに戻って18㎞」→「中山道に戻るとラス2.5㎞」、てな具合。
亦、ハーフ1:20~1:30レベルのランナーなら、8㎞を過ぎた辺りで箱根駅伝組が大挙折り返してくるので、それを見つつ走ってると@云う間に折り返し地点です。

理由その③、シリアスランナーの多いハイペース展開
特にハーフ1:10~1:30前後のランナーにとっては「競ったり」「引っ張ってくれる」相手が山程居るので、スペックの糊代を目一杯に引き出してくれる大会です。
やっぱり自分より「ちょい上」のランナーが大勢いると、ペース進捗が大分楽なレース展開になります。

Img_0132
【写真上】フィニッシュ後、競技場内風景。
ハーフ参加者6369名のうち1290名が学連.陸連登録者。
亦、自宅からチャリで来られている地元ランナーも多く見られました。
と云う訳で「箱根前哨線」と「陸連の記録会」、それに「ロコな市民マラソン大会」が入り混じった不思議な雰囲気です。

因みに今回の上尾シティ優勝者、及び有力選手の結果速報はコチラ(上位20人)。
01.其田健也(駒澤) 62:47
02.西山雄介(駒澤) 62:51
03.湊谷春紀(東海) 62:52
04.町澤大雅(中央) 62:55
05.川内優輝(埼玉県庁) 63:09
06.井戸浩貴(早稲田) 63:10
07.武田凛太郎(早稲田) 63:11
08.宮上翔太(東海) 63:20
09.黒川翔矢(JR東日本) 63:22
10.藤原滋記(早稲田) 63:22

11.中舎優也(城西) 63:26
12.口町亮(東洋) 63:28
13上田竜平(山梨学院) 63:33
14.江頭祐輔(明治) 63:41
15.下典史(駒澤) 63:48
16.中村信一郎(早稲田) 63:48
17.河村知樹(山梨学院) 63:48
18.光延誠(早稲田) 63:52
19.秋山清仁(日体) 63:52
20.酒井雅喜(城西) 63:53

Img_0129

Img_0130
【写真上】10:40、運動公園前ラスト600m.二写。
1時間45分切りの方々、これからが一般ランナーのフィニッシュアワーです。
丁度この時間帯から、西空の厚雲から晴れ間が覗き出して参りました。

Img_0126
【写真上】会場を後にし、上尾駅とは反対の方に向かいます。
さーて、♨タイム。

Img_0140
【写真上】国道17号線を北進。
上尾市運動公園から♨へは2.7㎞、クールダウンがてらの軽ジョグで向かいます。

Img_0141
【写真上】走ってるうちに、北西の空はすっかりと青空に。
高空に棚引くのは「鯖」と「鰯」、両方共に秋の季語ですね。
しかし11時近くになると陽射しが強くなり気温も20℃近くに上昇、「晴れるのが遅くて助かった」てな感じです。

Img_0145
【写真上】11:00、極楽湯に到着。
マラソン大会後の近隣温泉は、2時間もすれば激混み必至。
従い早期到着/早期撤退が基本です。

Img_0146
【写真上】湯上りし後、何時ものルーティーン。
♨近くのお団子屋さんで「のり巻きだんご」を二本購入。
モグモグ食べ歩きながら、2.4㎞先の上尾駅を目指します。

Img_0147
【写真上】12:50、上尾駅到着。
さーて、帰りますか。

と、こんな感じの「上尾シティ」大会リポ.前後篇。
次走は二週間後、埼玉ラウンド三連戦の二走目「小江戸川越」になりまする。

|

« ●「第28回 2015上尾シティマラソン」前篇 | Main | ●秋晴ノ下、鬱ニ為リツツ紫煙ヲ燻ラス »