« ●2015/16. 六滑目「八方尾根」 | Main | ●2015/16. 八滑目「五竜&47 」 »

2015.12.28

●2015/16. 七滑目「五竜&47 」

えー、本日は白馬遠征二日目。
今日のゲレンデは五竜&47、終日ガッツリと滑り込む、
筈だったのですが…。

そんな思惑を嘲笑うが如く、早朝から強風でゴンドラ運休。
以降「鬼畜混み」と「雪下地雷」に苛まれ、甚だ消化不良の一日となってしまいました。

と云う訳で只今20:20。
温泉湯治とワクシングを終え、ホットウイスキーをチビチビ飲っている所処で御座います。

昨夜同様、モバイルエントリーも面倒臭いので文面のみの簡易アップにて。
滑走記は帰東後にでも改めて更新致しまする。

以下、1/6加筆補正、ゲレンデリポです。↓

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

・12月28日 気温-3~7℃ 
天候:終日晴れ、午前中強風
雪質:前日からの積雪微量、ゲレンデ下部雪量極めて少なし。

Img_0794
【写真上】8:05、エスカルプラザより見るとおみゲレンデ。
早朝より青空広がる冬晴れ、と一見絶好の滑走日和。
7:20にゲレンデ到着、「朝イチグランプリ」狙いでテレキャビンに向かったのですが…。

「強風でゴンドラ動きません…ガーン

こー云う際のエスケープゲレンデ、いいもりは積雪不足で滑走不可。
つーことはゲレンデの選択肢は山麓の緩斜面2コースありません。
うーん、ドツボな一日の予感…。

Img_0801
【写真上】8:40、ミルキーフォーにて一写。
ブッシュだらけでリフト行列のとおみを避け、いいもり手前のソフトクリームコースで時間を潰す事に致しました。
積雪量激少のガタガタ人口雪、しかも鬼緩斜面。
まさか此処を回す羽目になろうとは…。

Img_0802
【写真上】ミルキーフォーより、いいもりゲレンデを望む。
うーん、雪少ない…。
いいもりはスノーファンが無いので、雪降らないと如何にもなんないのです。
索道には搬器も掛けられておらず、オープンは当分先でしょうね。

Img_0803
【写真上】9:30、そしてミルキーフォーも遂に混雑開始。
テレキャビンが動かない以上、ゲレンデ下部に閉じ込められっ放し。
とおみゲレンデかココしか滑る所処無いのですから仕方ありません。

営業開始の見込みが立たな五竜側に見切りを付け、シャトルバスで47に向かう事と致しました。

Img_0807
【写真上】Hakuba47、ゴンドラステーション…。
蛇行に蛇行を重ねたゴンドラ行列は一時間超の乗車待ち。
うーん、まるで浦安の某ネズミ―ランドみたいです…。

ゴンドラからラインC~ラインE(こっちも共に激混み)を経てグランプリに到着したのは2時間後の事でした。

Img_0809
【写真上】こっちも大混雑、アルプス第3ペア。
第2.第3ペア共に30~35分のリフト待ち、1時間に2本の滑走ペースです。

Img_0812_2
【写真上】やっと乗車。
グランプリの各リフトは何れも鈍行ペアなので、輸送力は脆弱。
しかもこの混雑振りにも関わらず、第4ペアは動かしてくれません。

Img_0813_2

Img_0814

Img_0815
【写真上】グランプリコース.三写。
うーん、雪は良いだけに余計に腹立たしい…。

しかも積雪不足で下山ルートは閉鎖中。
下りはテレキャビン使用一択なので撤収時間も前倒しを余儀無くされます。

Img_0822
【写真上】鬼ブッシュのとおみゲレンデ。
スカイフォーリフト側の右半分はこんな有様、殆ど「フツーの原っぱ」です。
が、寧ろタチの悪かったのがセンター~テレキャビン側のスキーヤーズレフト。
なまじ人口雪でトッピングされているのでブッシュ/露石が中途半端に隠れており、至る所処に「地雷」が潜んでいる極悪バーン。
私めもソール2箇所「ガリッ」とやってしまいました…。

しかしこのキチ○イじみた混雑具合、まるでバブル末期頃に戻ったかの様。
「平日とは云え年末時期」と云うのもありますが、その他色々な要因が重なっての事象だと思われます。
「記録的な暖冬で滑走エリアの多い五竜&47や八方にゲストが集中」
「下山ルート閉鎖の為に山頂/山麓のエリアが完全に分離、ゲストが圧縮」
「強風でゴンドラ運行が3時間遅れスタート、混雑時間が更に圧縮」
「基本的に輸送力が弱い上、ゴンドラ/クワッドは低速運転」

と、ヒジョーにストレスフルな遠征二日目。
結局この日、まともに滑ったのは12~13本程度。
ゲレンデイン殆どの時間、「並んでいる」だけでした。

|

« ●2015/16. 六滑目「八方尾根」 | Main | ●2015/16. 八滑目「五竜&47 」 »